ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

『宇宙戦艦ヤマト2202』に登場する、ガトランティス軍の特攻兵器。原作には登場しない新規兵器で、アケーリアス紋様を模した剣のような形状が特徴である。


正式名称はガイゼンガン兵器群・自滅型攻撃艦イーターⅠ」

全長は135mで、初登場となる5章『煉獄篇』では、空母であるアポカリクス級航宙母艦に積載されて、艦載機さながらに発艦する(公式HPでは大型の戦闘機と紹介されている)。敵艦に突き刺さった後、砲塔を乱射して自爆する。


スペック編集

全長:135m

武装

  • 波動防壁中和システム
  • 単分子切断衝角
  • 回転砲塔×2

性能編集

本艦独自の武装として、波動防壁中和システムが搭載されている。地球防衛軍艦艇の標準装備である波動防壁を、容易く貫通できるものであり、作中では、実際に波動防壁搭載艦が次々に撃沈されている。

また艦首に単分子切断衝角を備え、前述の中和システムと機動力も相まって、高い攻撃能力を有する。


コスモウェーブにより遠隔操作されているが、都市帝国内でヤマトやガミラス艦隊と交戦した際には、桂木透子の影響でコスモウェーブによる遠隔操作が使用不可になってしまったため、ガトランティス兵が直接乗り込んで特攻を敢行した。

第7章で敵艦に突き刺さっても自爆しなかったのは、これが原因である。


関連タグ編集

宇宙戦艦ヤマト2202 ガトランティス ガイゼンガン兵器群

関連記事

親記事

ガイゼンガン兵器群 がいぜんがんへいきぐん

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6102

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました