ピクシブ百科事典

侠客立ち

おとこだち

「グラップラー刃牙」に登場する花山一族に伝わる用語。
目次[非表示]

侠客の詩

たった一夜の宿を貸し
一夜で亡くなるはずの名が

旅の博徒に助けられ
たった一夜の恩返し

五臓六腑を刻まれて
一歩も引かぬ〝侠客立ち〟

とうに命は枯れ果てて
されど倒れぬ〝侠客立ち〟

とうに命は枯れ果てて
男一代〝侠客立ち〟

由来

侠客立ち


 花山家は古来より豪農として知られていたが、江戸時代初期に存続の危機に立たされる。野武士に落ちぶれていた豊臣家残党のゴロツキ達がその財産を狙い一族を皆殺しにしようとたくらんだのである。大人たちは次々に殺され、花山一族の跡取り息子である弥吉を残すのみとなってしまった。
 ところが、その時偶然にも花山家に宿を借りていた旅の博徒は、弥吉を守るために彼を背負い、更に上からをかぶせてこれをしっかりと握りしめた。豊臣兵たちは博徒を殺さんと無抵抗の博徒にを浴びせるが、博徒は微動だにせず鐘を背負い続けた。
 そしてが来て、豊臣兵たちはとうとう博徒が立ったまま絶命していることに気付く。
「こんな男がいれば、我々も盗賊に身を落とさなかっただろうに…」
 敵ながらその壮絶な最期に感銘を受けた豊臣兵は弥吉を見捨て、そのまま逃走した。
たった一夜の関係に過ぎぬこの博徒は、氏素性の一切知れぬ身であり花山家との関係も「一晩宿を借りた」だけの間柄に過ぎなかったが、この博徒が居なければ花山家は御家断絶は間違いなく
 この時博徒に救われた弥吉は大人になった後、その活躍をに遺し刺青の図柄として子々孫々に伝えたのである。


概要

 『グラップラー刃牙』に登場するヤクザ花山薫の背に入れられた入れ墨
 前述の通り先祖の弥吉を守り抜いた旅の博徒がを背負う姿が描かれている。
 花山組を文字通り背負うために組長就任に際し彫らせた代物だが、「斬られてねぇ侠客立ちなんざ侠客立ちじゃねェ」とのことで、花山が15歳の時にヤクザ事務所を襲撃し、自ら兵隊に斬られることで巨大な傷跡を残している(ちなみに花山の顔の傷もこの時の負傷が元)。
 

侠客立ち


 後に最大トーナメント2回戦で愚地克巳に敗れた際にもそのマッハ突きを背で受け、仁王立ち気絶するという「勝ちに匹敵するほどの負け」を得て、自らも侠客立ちを行うこととなる。

関連項目

バキ 疵面 創面 男の背中 男の中の男
立ち往生:激しい運動をしていた患者の死における急激な死後硬直は実際にありえるらしい。

pixivに投稿された作品 pixivで「侠客立ち」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30977

コメント