ピクシブ百科事典

三ノ輪銀

みのわぎん

三ノ輪 銀(みのわ ぎん)とは、『勇者であるシリーズ』第1弾のイラストノベル『鷲尾須美は勇者である』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

「一番槍は任せておきなさいって!」
元気いっぱいの熱血爆弾娘。好奇心旺盛で、やりたいことや言いたい事があれば、そのまま実行にうつす少女。トラブルメーカーでもあり、須美は彼女から目が離せない。出来たばかりの弟がいて、可愛がって育てている、家族思いの面もある。お役目でも、果敢に先頭に立ち、他の2人を守るように戦っていく。
(『鷲尾須美は勇者である』キャラクター紹介)

元気いっぱいの火の玉ガール。運が悪く、しょっちゅうトラブルに出くわしているが、めげない。産まれたての弟の世話が楽しいという家族思い。武器は攻撃力の高い二丁の斧で、前衛を務める。
(『結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-』キャラクター紹介)

プロフィール

出演作品鷲尾須美は勇者である
肩書き勇者
性別女性
年齢学年11歳小学6年生
誕生日神世紀286年11月10日※1
身長145㎝
血液型A型
出身地香川県
趣味漫画を読む
好きな食べ物うどん醤油豆味のジェラート
大切なもの
声優花守ゆみり※2

※1:テレビアニメ『結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-』の先行上映版第3章「やくそく」の来場者限定特典ノベル「追憶の園子」にて判明。後にゲーム『花結いのきらめき』でも言及されている。
※2:テレビアニメ『結城友奈は勇者である -結城友奈の章-』ではモブキャラ(女子生徒)を演じている。

人物像

三ノ輪銀 紹介イラスト


須美園子とともに戦う、おてんばな少女で、行動的なトラブルメーカーでもある。
とても陽気かつ活発な性格。好奇心旺盛でやりたい事や言いたい事をそのまま実行する行動派。また、自身も認めるトラブル体質で、学校や訓練にもしばしば遅刻しそうになっている。他にも、須美の豊満な胸に手を出すなど須美を振り回して困らせることもしばしば。
とてもフランクでくだけた言葉遣いをしており、丁寧すぎるほどの言葉遣いをする須美とは正反対である。
ただ、その実とても世話焼きで困っている人を放っておけない性格であり、遅刻するのも鉢合わせた困り事を親切に解決していた結果である事が多い。
家族は両親と弟2人。特に下の弟は生まれたばかりであり、将来は「姉の忠実な舎弟にしてこき使おう」と冗談半分で言っているが、とても可愛がっており、意外と家族思いな一面を見せる。

運動が得意で、休み時間はいつも校庭で走り回っているが、勉強は少し苦手である。
かと思えば将来の夢の選択肢に「お嫁さん」が入るなど、年頃の女の子ならではの感性もちゃんと持ち合わせている。活発な性格ともあいまって、彼女に想いを寄せる男子も存在する。

ショッピングモール「イネス」が大好きで、自ら「イネスマニア」を自称するほど、イネスに詳しく、勉強の合間や遠足の後など、たびたびイネスに行きたがる様子を見せていた。
また、須美と園子を初めてイネスに連れ出し、ジェラートを体験させたのも彼女である。

「さ、イネス行こう。イネス行かないとアタシ、落ち着かないんだよ」

鷲尾家や乃木家とは違い、三ノ輪家では使用人を雇っておらず、弟の世話や家の手伝いなどを積極的に行っていた。住居も一般家庭のそれより多少大きい程度のごく普通の日本家屋であり、使用人の件も合わせてそれほど裕福ではないようだが(『わしおすみは勇者ラジオ。』では、銀本人から両親が共働きで使用人を雇う余裕がないことが語られている)、ゆゆゆいでは「三ノ輪家も大赦に名家として扱われている」と言及されており、当時の勇者の選定が家柄も考慮されたものである以上、大赦の中でもそれなりに力の強い家柄であるのは間違いない(実際、劇中で描かれたとある葬儀の際には親族だけでもかなりの人数が訪れており、家としての規模はかなりのものであることがわかる)。

破天荒に行動するトラブルメーカーである彼女であるが、その真っ直さと友達や家族、弟を守りたい想いが須美を成長させ、後に続編である「結城友奈は勇者である」にも影響を与える事になる。

勇者として

双斧


武器は2丁の大きな斧。
接近戦を得意とし、戦闘では果敢に先頭を立ち、他の二人を守るように戦い、バーテックスに対して恐れることなく向かって突撃していき、2丁の斧による打撃や斬撃を相手に与える。
また、ダメージを負っても簡単には倒れず、血を流しながらも敵に打撃や斬撃を加え続けるタフさを持ち合わせている。
やや先走りがちなところがあり、若干危なっかしい面が多いが、園子が隊長になってから、園子の的確な指示を聞くようになりむやみに突っ込んでいくようなことはなくなった。













ネタバレ

『鷲尾須美は勇者である』の核心に触れる内容が含まれておりますので、読む際は注意してください。





















2体のバーテックスが同時に襲来、的確なチームプレイで序盤の戦局は優勢であったが、更に3体目のバーテックスが出現、3体の知性ある連携攻撃で、大苦戦を強いられ、須美と園子を無理矢理戦闘から離脱させて自身は単独で戦いを挑み、友達や家族、なにより弟を守りたい一心で、彼女は3体のバーテックスを相手に大きすぎるダメージを受け、血まみれになろうとも意識が遠くなろうとも、限界を超えた猛攻を食らわせ続けた。

三ノ輪銀


「これこそが! 人間様の! 気合ってやつよ!!」

死闘の末に3体のバーテックスを撤退させることに成功するが、自身も深手を負い、須美と園子の呼びかけに彼女は応えることなく、敵が去っていった方を睨みつけたまま壮絶な最期を遂げる。

銀雨


彼女の命賭けの覚悟によりバーテックスから人類を救ったのである。
しかし、その代償は大きく、須美と園子も彼女の死を嘆いた。
わずか11年余りの生涯であった。

彼女が使っていた端末は大赦により回収され、3人の活躍によってバーテックス襲来が一旦おさまった後、近い性質を持つ者ならばそのまま使用できるように改良が施され、勇者候補である三好夏凜に引き継がれた。
夏凜はバーテックスが再び襲来した時に備え、鍛錬を行い、二年後のバーテックス再襲来時に讃州中学勇者部への援軍・お目付け役として、かつて銀が使用していた端末と共に戦線投入されることになる。

大赦は銀の死を受けて、勇者システムに改良を試みた成果として「満開」「精霊」を実装しており、彼女の死は、決して無駄ではなかった。
銀が度々口にしていた「勇者は気合と根性」という言葉も、須美と園子に大きな影響を与える事になる。

なお、銀が死亡した際に襲来した3体のバーテックス(スコーピオン、サジタリウス、キャンサー)は、奇遇にも「2年後の須美が最初に戦った相手」(ちなみにこの時、サジタリウスに対して「援護する」と言いつつ偶然か否か親の仇でも前にしているかのように猛烈な狙撃の嵐をお見舞いしている)であり「勇者システムを引き継いだ夏凜が満開を駆使した際に倒した相手」でもある。

『花結いのきらめき』では

スマートフォンゲーム「結城友奈は勇者である 花結いのきらめき」(ゆゆゆい)でもむろん登場。ガチャもしくはストーリークリア報酬で入手可能だが性能は非常に優秀。
接近型で火力と攻撃速度を兼ね備えたハイスペックタイプ。夏凜と組むと鬼のような勢いで敵が消えていく。
難点は必殺技の性能が死んでいることと吹っ飛びには夏凜以上に弱く前線を支えるには味方の補助が必要なこと。他は平均以上。
パートナーには夏凜、若葉等接近同士での組合せがいい。
また、作中で使用する事がなかった精霊として「鈴鹿御前」が設定されている。
強化時にうどん当番として銀が登場した場合、大成功だとエビ天の載った天ぷらうどんが出る。2年後の須美こと美森は感慨深げに「また銀の作ったうどんが食べられるとは思わなかった」と語る(中学生園子は2017年12月にプレイアブル化されるまで銀のうどんはお預けだった)。

ストーリーでは勇者部に最初に召喚された援軍として参加。須美と園子に若干遅れる形で登場し、仲間に加わる。当然ながら美森と中学生の園子は大きな衝撃を受け、二人とも涙を堪えてすぐには話しかけられなかった。
イネスマニアぶりも健在で、現代での暮らしで真っ先に心配したのが「イネスが近くにない事」であった。
一部を除き年上の勇者達には一定の敬意と礼儀をもって積極的にコミュニケーションを取っており、敬語で話す場面が多い。原作では先生との関係が砕けたものであったこともあり見る機会の少なかった光景だが、そこは勇者に選ばれるほどの家柄。礼儀作法はしっかりと身に着けていたことがよくわかる。失礼がないようにと身構えてしまう須美や純粋に交友経験の乏しい小学生園子を抑えて『わすゆ』組三人娘の中でもトップクラスのコミュ力を遺憾なく発揮している。
また、須美や園子の心を射抜いてしまうその言動は夏凜をして「天然のタラシ」と言わしめた。
とはいえ勇者達の巨乳に片っ端から「ビバーク」と称してアタックをかけるという相変わらずな所も。

なお、他の2人と異なり「未来の自分」がいない事に違和感を抱いたものの「出世して大赦務め」と一人合点。美森と中学生園子は真実を話すかどうかは「全てが終わってから考える」と今の所保留にしている。2年前に住んでいた大橋へたどり着いた際も「大赦関連の施設は造反神から解放されない傾向にある」などの理由で帰宅は叶わなかった。ただしこれは自分の死を察した上で、あえて触れないよう振る舞っている可能性も示唆されている。

ただ、彼女の死によって果たせなかった「やくそく」は本ストーリー中で果たされる事になる。
また、各キャラクター中唯一前後編に分かれた誕生日イベントでは「銀の夢を叶えてあげたい」という美森と中学生園子の提案で花嫁衣裳を着て結婚式風の写真撮影を行う事になった

三ノ輪銀 生誕祭2017



ハロウィンイベントではハロウィンのお祭りの発起人として、犬吠埼樹をリーダーに据え年長者からお菓子をせしめる「ハッピー・ハロウィン作戦」を敢行している。その際オバケのコスプレの提案として、「白い布をかぶり、毛を3本付け、タラコ唇」というものを提案。樹から「それは色々とまずい」と止められた。その後、歌野の協力でカボチャも確保に成功するのだが…
ちなみにこの作戦、銀の行動があまりにもガバガバだったため、年長者組には筒抜けでイタズラどころかお菓子をたくさん用意して待っていた、というオチがある(2年前のハロウィンでは銀が既に死亡していたため、銀を楽しませてやりたいという美森と中学生園子の意向もあった)。

本来の時間軸において銀と須美、園子はわずか数ヶ月の付き合いしかなかったため、このようなイベントを共に過ごす三人の姿は中学生になった美森と園子、そして画面の前の我々プレイヤーにとって一入の感慨があり、銀の笑顔が涙腺を容赦なく責め立てる。
美森と園子は実際に感極まって泣き出してしまうこともしばしばであり、このあり得ないはずの時間がいつまで続くか分からないけれども、続く限りは大切にしようと語っている。

美森の愛銃シロガネとも対面しており、美森から「最高に格好いいと思ってるものから名前を貰った」と面と向かって言われているのだが、当の本人はシロガネを美森が好きな軍艦か何かの名前と思っていて聞き流してしまった(美森も敢えて誤解を解かなかった)。

中学生の美森・園子を筆頭に勇者部メンバーからは概ね愛されている一方、相変わらず貧乏くじを引くことも多く、夏祭りイベントではたまたま夏凜が友奈に神樹について講義をしているところに来てしまったばっかりに講義に巻き込まれ買ってきたアイスを食べ損ねる、ハロウィンイベントではイタズラができなくて消化不良だったため、樹にイタズラしようとしたばかりに樹の作った紫色のパンプキンケーキを食べることになる、2年目の球子&杏誕生日イベントではどこぞのリアクション芸人の如く鼻をザリガニに挟まれるといった災難に遭っている。どこぞの連中が手ぐすね引いて待っていそうである。

ちなみに、銀の戦死が描かれた『鷲尾須美の章』第4話の放送直後、弔い合戦と言わんばかりのタイミングでスコーピオン・バーテックスの襲来イベントが開催。しかも前座としてサジタリウスとキャンサーもしっかり登場した。
さらに次月には奇しくも銀の誕生日イベントと、残り2体の片割れであるサジタリウスを主役に据えた襲来イベントがあった。

その他

葬式の際、親戚が『神樹様のお役目で逝かれるとは、大変名誉なことじゃないか』、『銀ちゃん、よく頑張ったわねぇ』『銀ちゃんはね、英霊になられたの。羨ましいわ』、『今後三ノ輪家の者は、法外な援助が受けられるんだむしも銀も孝行が出来て誇らしいことだろうよ』、と言っている。
これは、本人なりの慰め、悼んでいる様に聞こえなくもないが、Gマガジンのスタッフインタビューによると『格式の低い分家の三ノ輪家から勇者が出やがって』という嫌味から出たものである。
(前述を見ればわかるが、三ノ輪家は鷲尾家と乃木家と比べて家柄が低い)

各作品の勇者が一堂に会するスピンオフ漫画『勇者GP』では園子と共に司会兼審判として西暦チームVS神世紀チームのゲーム対決を取り仕切る。
…が、その立場をいいことにユニフォームとしてブルマ着用をスタッフに提案するわ勝負内容を決めるくじ引きにセクハラ丸出しのゲームを片っ端から混ぜ込むわ(しかもクジ箱に細工して確実にそれらのゲームを引き当てられるようイカサマまでしていた)と、セクハラ大王っぷりをここでも発揮し、その度に須美改め美森に阻止及び折檻されることとなった。もうちょっとがんばれ
ついでにトラブル体質も健在で、「の対決にスタイルの差がモロに表れる水着対決を引き当てて樹の心をへし折る」「雑学皆無な娘頭使うのが苦手な娘の対決の種目に古今東西ゲームを引き当てる」という悪引きっぷりを発揮して参加者の何人かをゲームに参加することなく撃沈している(さすがに悪いと思ったのか、夏凜と球子にはゲーム終了後ダブルギブアップに終わったところで謝罪している)。
なお終了後の打ち上げでは「宴会場を覗いた途端に甘酒で酔っぱらったリーダー格三名(銀曰く「面倒三姉妹」)に絡まれる」、「寝顔ドッキリを敢行しようとしたら枕投げ大会の真っ最中で顔面被弾」と、やはり例の同盟が勧誘に来そうな貧乏くじっぷりを見せている。

関連人物

鷲尾須美の章

上述したようにちょっかいを出したり振り回したりする人。
「結婚した人は幸せ者だけど愛が重くて苦労しそう」と評した事がある。それは2年後に見事的中した。

自分はリーダーって柄じゃないという理由で、彼女がリーダーになる事はすぐに承諾した。
お堅い須美と違って早くから打ち解けていたようだ。ただ、『花結いのきらめき』で会った未来の園子には「本当にハクがついていて逆らえない」と評する一方で「たった2年であんなになっちゃうんだな」とはっちゃけぶりに呆れた事も。
クラスが違う同級生。ある時に少しだけだが実際に話した事がある。
『花結いのきらめき』で中学生になった彼女と再会する事になるが、彼女の事はしっかり覚えていた。曰く、「勉強は苦手でもそういう事は得意」との事。

花結いのきらめき

2年後の須美。
基本的に(かつての後悔から)甘やかされているので「大きい方の須美は優しい」と評している。

自身の勇者システムを継いだ相手。
『先輩』と呼ばれた事に当然ながら困惑し、性質が似ていると聞いて「マイシスター?」と疑った事も。
上述した「面倒三姉妹」の一角。
自分が理想とする姉の姿を重ね合わせて尊敬している。
舎弟として可愛がられている。戦闘でもよくコンビを組み、そしてよく一緒にはっちゃける。
胸囲的な意味でも馬が合い、一緒になって勇者達の胸を山に例えている。
一緒にゲームで遊ぶ仲。ゲームを借りたりもしているようだ。
銀はコンビ名として「銀影隊」を提案している。
上述した「面倒三姉妹」の一角。
生真面目ながらも世間ズレしている彼女に「ボケているのは血筋なのか」と呆れていた。
上述した「面倒三姉妹」の一角。
ハロウィンイベントにて協力を仰ぎ、そのお礼として農作業の手伝いにも行っている。
ただ、胸の事を評した際は制裁を受けている(同じ評価をされたもう一人からも)。

関連項目

鷲尾須美は勇者である
鷲尾須美 乃木園子
結城友奈は勇者である
三好夏凜

関連イラスト

上述した末路から、「もし銀が讃州中学に入学できていたら」というイラストも多い。

三ノ輪銀 中学生
園子の夢


三ノ輪銀 中学生ver
一日だけの嘘


こんな想像が公式にも届いたのか、ゆゆゆいでは讃州中学の制服姿の銀が1周年記念ガチャSSRとして実装された(ただし大輪祭限定)。









更なるネタバレ注意

『勇者の章』の最終話にて英霊として登場。
赤いシルエットのようなものだが、姿形は彼女そのもの。

神樹が生み出した結界に阻まれた東郷美森に他の英霊たちとともに助力した。

歴代勇者の英霊の中で最初に現れたのは銀であり、続いて本人が健在ながら登場した園子の英霊と並び、『鷲尾須美の章』の勇者達が形を変えて再集結を実現させた形になった。また、最初に助けに来たのが銀というところに、英霊となってなお彼女の性格がうかがい知れる(奇しくも、テーマ曲である「たましい」の歌詞とシンクロする展開になった)。

東郷美森(鷲尾須美)と三ノ輪銀 再会



そして迎えた戦いの最終局面。
神樹からその全ての力を授かった結城友奈は、勇者部六人の紋章を盾のように展開して天の神に突撃、天の神が放つ炎と押し合いを演じるも、わずかに力及ばず押し返されてしまう。
しかしその時、「勇者は根性!」という友奈の叫びに応えて七つ目の紋章が現れる。
現れた紋章は三ノ輪銀の赤い巴紋だった。
巴紋は推力を発するかのように激しく燃え上がって回転、それが最後の一押しとなって友奈は天の炎を押しのけ、勇者パンチの一撃で決着をつけることになる。
友奈と銀に直接の面識はないはずだが、神樹と一体化した友奈を通じて英霊となった銀がなんらかの関与をしていたのだろうか。
勇者システム改良の契機を生み、夏凜に勇者システムを託し、友奈達の最終決戦を助けた銀。
省みるに銀は、名実共に死してなお生き続け、戦い抜いたと言えるかも知れない。

すべてが終わった後、銀の墓前に墓参りに訪れた東郷と園子の姿と、その陰で涙を流す安芸先生の姿があった。

そして、『結城友奈は勇者であるA』では…

pixivに投稿された作品 pixivで「三ノ輪銀」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 962173

コメント