ピクシブ百科事典

桐生静

きりゅうしずか

桐生 静(きりゅう しずか)とは、スマートフォン&PC用アプリゲーム『結城友奈は勇者である 花結いのきらめき』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

「巫女やってますけどね。名前が静なのにやかましいけど、よろしゅう」
「巫女できりきり舞いの、桐生やで。名前は静や。こんなにうるさい静はそーおらんで。」

蓮華や赤嶺を支える年上の巫女。かなりのおしゃべり好きでにぎやかな性格だ。
(『結城友奈は勇者である 花結いのきらめき』キャラクター紹介)

プロフィール

出演作品花結いのきらめき
肩書き巫女
性別女性
年齢学年15~16歳?/中学3年生
誕生日3月10日
身長160㎝
血液型AB型
出身地香川県
好きな食べ物うどん
声優松井恵理子


初出は『結城友奈は勇者である 勇者の章』に登場した英霊之碑にて確認できる名前のひとつ。
その後、2019年8月27日の電撃ゲーム生放送ゆゆゆいパートにて、『きらめきの章』から新キャラクターの一人として登場する事が判明した。
その前に配信された『赤嶺友奈の章』で先行登場し、『きらめきの章』第4話から正式登場。2020年2月からはイベントシナリオにも登場している。

赤嶺友奈がいた時代(つまり神世紀72年ごろ)の巫女。勇者であるシリーズにおいて中学3年生の巫女は安芸真鈴に次ぐ2人目で、メインキャラクターとしては初である。そしてシリーズ初めてにして唯一の猫口も特徴的。

人物像

お笑い好きで、幼いころ友達がいなかった時にお笑いに助けられ、終末戦争の爪痕が残る世界で前向きに生きるためには笑顔が大事だと思い至ったという。その影響もあって似非関西弁で喋る(本人曰く「大阪弁というやつに憧れた怪しいナニか」「中二病のお笑いバージョン」)。そしてツッコミもボケも冴える。
そのため何かと「オモロイこと」をしようとし、闇鍋大会を発案したり、寝起き直後の出撃になった時の頭の体操として大喜利大会を行った事もある。

HAPPY BIRTHDAY SHIZUKA!!


そのこだわりは、着ている私服についている絵からもうかがえる(「Girly」の字が入った寿司の絵など)。
一方で、自分が仕掛けた「オモロイこと」が思わぬ騒動に転がって後悔してしまう事も…

スタイルは他の2人より明らかに劣っているが、本人は「そこそこボディには自信ある」と自負している(実際水着SSRのイラストを見るとそこまで「ない」ようには見えない)。
「シズ先輩」「シズさん」と呼ばれている一方で、自身もあだ名で人を呼ぶ癖があり、赤嶺を「アカナ」蓮華を「ロック」と呼ぶ。
赤嶺ら鏑矢に祝詞で力を与える役目を担っており、一同のまとめ役も務める。敬語を使わない蓮華に「勝ったら負けた人に何でも言う事聞いてもらう」ゲームを利用して敬語を使うように言いつけるという機転も見せる。
おちゃらけているように見せつつ他人を冷静に観察している側面もあるなど、意外と心が読みにくい所も(蓮華が御役目に失敗する未来に、少なからず衝撃を受けた事も影響している)。

ちなみに、作るうどんは「小田巻蒸し」。うどんが入った茶碗蒸しである。

余談

声を担当する松井恵理子は、勇者であるシリーズに多い傾向にあったアイマスガールズである他、赤嶺友奈の声を担当する照井春佳とは『未確認で進行形』にて姉妹役として共演しており、情報解禁時は「夜ノ森姉妹が揃った」と話題になった。
また、乃木園子役の花澤香菜郡千景役の鈴木愛奈とも、『城下町のダンデライオン』にて姉妹役として共演している。
なお、2019年11月28日の電撃ゲーム生放送中の企画にて使われた「念を送ろな」というフレーズが一時話題になったが、翌年のエイプリルフールイベントにて実際に台詞として取り入れられた。ちなみにこのフレーズは蓮華役の伊藤美来が使った事がきっかけとなったものだが、蓮華が「念を送る」という言葉を使ったのはそれから大分後に公開されたきらめきの章8話の事である。

関連記事

親記事

花結いのきらめき はなゆいのきらめき

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「桐生静」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 57627

コメント