ピクシブ百科事典

藤森水都

ふじもりみと

藤森 水都(ふじもり みと)とは、『勇者であるシリーズ』第3弾のイラストノベル『乃木若葉は勇者である』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

「私はたまたま巫女に選ばれただけだから…」

神の声を聞く、巫女の力に目覚めた少女。神託を受け勇者である歌野を支える。明るい歌野とは正反対に近い性格で、ややネガティブ。
(『結城友奈は勇者である 花結いのきらめき』キャラクター紹介)

プロフィール

出演作品白鳥歌野は勇者である
肩書き巫女
性別女性
年齢学年14歳中学2年生
誕生日西暦2004年7月7日
身長152㎝
血液型A型
出身地長野県
趣味特になし
好きな食べ物そば
大切なもの歌野
声優長縄まりあ


人物像

長野県諏訪湖周辺地域を担当する巫女。『乃木若葉は勇者である』には登場せず、上巻収録の書き下ろし短編『白鳥歌野は勇者である』に登場する。

白鳥歌野の親友で、互いに「うたのん」、「みーちゃん」と呼び合っている。

明るい歌野とは正反対にややネガティブで、自分に自信が持てない引っ込み思案な性格(だからこそ自信家な歌野に憧れている)。感受性が非常に高いという特性を持っていながらそれを自覚しておらず、「自分はたまたま巫女に選ばれただけ」だと思っている。
それでも歌野を心配して戦いの様子を見に行く様が、歌野に勇気を与える事に繋がっている。
また、勇者通信での歌野の様子を見て嫉妬しているようなそぶりを見せる事もある。

白鳥歌野は勇者である



花結いのきらめき

花結いのきらめき』でも登場。神樹が呼んでいることを歌野に伝えていたらしい。また、2人目の巫女としてもひなたに歓迎された(人数が増えてきたことで負担が増えていたらしい)。
ちなみに、彼女もまたうどんを蕎麦に変えてしまうことがある。
今作では歌野との仲の良さが掘り下げられる事が多く、歌野の誕生日イベントでは、「みーちゃんがいるだけで農業王ハイパーにパワーアップできる」と歌野が語ったり、巫女の修行合宿に行くために勇者達と離れる事になった際は、歌野と別れを惜しんで互いに泣き合っていた。
巫女としての力も、危機察知能力に優れていると評され、「大赦の支援を得られなかった諏訪が3年も持ち応えられたのは水都の力があってこそ」とひなたの口から語られている。

歌野と同じくファッションセンスはあまりよろしくない様子。なお、作中で着ている若葉達と同じ制服は召喚された際神樹が用意したものである(諏訪では状況が状況で学校がなくなってしまったので制服を着る機会がなかった)。

余談

藤森姓は諏訪神党出身で、諏訪の地に多い苗字の一つである。

関連タグ

乃木若葉は勇者である

pixivに投稿された作品 pixivで「藤森水都」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16118

コメント