2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

本来の鏑矢

【年賀用イラスト】巫女姿の加賀愛【さよなら絶望先生】


矢尻に鏑(かぶら)という道具をつけた。矢を射ると風を切って音が鳴る事から、戦場における合図などに用いられた。

結城友奈は勇者である 花結いのきらめき』の鏑矢

この時代に「」はない。
あるのは厄を祓う「鏑矢」のみである──。

お誕生日おめでとう。


『赤嶺友奈の章』にて明かされた戦士。
神世紀72年、しばらくバーテックスが出現しなくなった時代は勇者システムが封印されていた事もあり、本当の意味での勇者は存在しなかった
一応、神樹から力を授かった勇者に近しい者は存在していたが、それこそが鏑矢である。

その役目は一言で言えば対人用の勇者。世界の平和を脅かす人間を人知れずに討伐する、スパイや忍者に例えられているものの早い話がそういう事である(作中では「厄を祓う神事」とぼかされているが)。ただし鏑矢に力を振るわれた人間は昏睡状態に陥るだけで直接死ぬ事はないようだが、助かるのか神罰が下るのかは神樹次第との事。
また、その職務柄のため勇者のような装束は存在しない(代わりに着ている制服に『仕事着』としての機能があるらしい)。

彼女達がどのような相手と戦っていたのかは不明だが、きらめきの章10話にて「相手が精霊を使ってきた事があった」と語られているため、神の力を悪用する存在であった可能性がある。

瀬戸大橋付近(現実の瀬戸大橋記念公園に相当)に存在する『英霊ノ碑』には勇者達の名と並んで多数の名が『英霊』として刻まれている事から、少なくとも勇者に準ずる功績は残していた事がわかる。

ただし、肝心の『赤嶺友奈の章』が1話以降全く更新されなかった事もあり、具体的な活躍は未だ描かれておらず、判明している点もまだまだ少ない。
コンシューマー版の追加シナリオで描かれるのだろうか…?

一覧

この2人は象頭町(現実の琴平町がモデルと思われる)の象頭中学校に通っていた。

関連記事

親記事

花結いのきらめき はなゆいのきらめき

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1221

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました