ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

一般的な流鏑馬

日本の伝統的な騎射の技術で、現在でも神社などで儀式として行われている。

に乗って走りながら和弓)を使い、鏑矢(かぶらや:矢尻が特殊な形をしていて、放つと音を立てる)で的を射る。

平安時代武士の実戦的訓練として行われたが、中世には儀式化。

戦国江戸近代と衰退や復活を繰り返し、神事だけでなく観光の目玉としても人気である。


騎射の儀式にはほかに、的にしたを射る笠懸(かさがけ)もある。

それとは別に、先が丸い矢でを射る犬追物(いぬおうもの)もあるが、こちらは動物愛護的問題を抜きにしても、チーム戦に必要な人数と馬と犬を揃えるのが非常に困難なため、明治時代を最後に行われなくなっている。


関連イラスト

流鏑馬あけおめ絵


関連タグ

 和弓 弓矢 弓術

 乗馬 馬術

日本文化


外部リンク


体位としての流鏑馬

注意

この先R-18要素を含みます。


48手(四十八手)」のひとつ。仰向けになった男性の首に紐をかけ、女性がその紐を持って跨る体位

乗馬を思わせる姿勢から生まれた呼び名と思われる。


番外編

10式戦車が富士総合火力演習で見せた、スラローム走行しながらの射撃が

一部で「エクストリーム流鏑馬」と呼ばれている

関連記事

親記事

馬術 ばじゅつ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1409085

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました