ピクシブ百科事典

10式戦車

ひとまるしきせんしゃ

2016年現在、陸上自衛隊最新鋭の戦車。諸外国の主力戦車と比べ小型軽量である。
目次[非表示]

10式戦車は、陸上自衛隊が保有する主力戦車
pixivでは制式化される前の名称(開発コード)であるTK-Xのタグが付いている絵も多い。

概要

90式戦車に続く、戦後4代目となる主力戦車。試作・生産は三菱重工業。2009年12月に「10式」と命名され、制式化された。

この10式戦車は、退役を迎える74式戦車を置き換える形で本州九州に配備される。初年度の調達価格は約9.5億円。

防衛省では世界初の「第四世代戦車」と呼称しており、装甲材料の進化による大幅な小型軽量化をはじめ多くの新機軸を盛り込んでいる。
実際にアメリカ合衆国の次世代戦車であるM1A3なども同様に大胆な小型軽量化を計画しているとされ、次世代戦車のトレンドを先取りしている。

富士総合火力演習2010において一般公開された。

10式戦車は最新のデータリンクシステムに対応し、90式戦車と同等の火力と装甲を維持しつつ小型軽量化に成功している。
各国の戦車の重量が50t~60tオーバーなのに対して10式戦車は全備重量44tと公表されており非常に軽量。

伝統の姿勢制御は前後左右に可能。砲身の動作を後押しするだけでなく、射撃の際の反動制御にも応用されているという説もある。

防御

軽量さのため防御力を不安視する意見も少なからずあるものの、現代戦車の装甲は重量と防御力が単純に比例するわけではない(ある程度相関はするが)。
日本の素材技術(ローテクノロジー)は格段に進歩しており、使用されている高張力鋼は比強度が最低1Gpa以上と著しく高くアルミ合金よりも軽量することが可能。これらの技術向上により、対戦車戦闘に十分な防御力を保ちつつ軽量化を可能にしている。

車体正面、砲塔周囲はモジュール式装甲となっており、装甲は簡易な作業で取り外しが可能となっており、制限重量40tの73式特大型セミトレーラで運搬を行っているのが確認されている。
装甲の着脱は物入れを兼ねたカバーの内側で行われるため、装甲を取り外しても外観からは判断できない。
仕様書によれば、爆発反応装甲など更に装甲を追加することも可能なようだが、それでも最大で48.1tと、世界水準からすると軽量である。

射撃

独自開発の120mm滑腔砲を搭載。120mm滑腔砲はライセンスパーツを使いながらも国産品であり、日本刀にも通ずる優れた鍛造技術により高い耐久性を得ている。
90式戦車に搭載されたラインメタル社製のRh120とほぼ同等の性能であるとされ、これで威力不足となった場合、より長砲身の120mm滑腔砲に換装することが考慮されている。

火薬の改良で砲弾威力を向上させた専用の徹甲弾が開発されたが、旧砲弾との互換性も維持されており、90式と同じ砲弾を使用できる(その逆は無理)。
120mm砲は50t以上の重量がなければ反動を押さえられないと言われていたが、10式戦車は姿勢制御で反動を吸収することでこの問題を解決している。

姿勢制御を積極活用し、あらゆる局面で砲口を徹底的に安定させている。砲身にワイングラスを載せてこぼさないように砲塔を回すなんて芸当も可能。
この安定性により、蛇行走行しながら射撃しても百発百中という驚異的な射撃精度を実現している。

小隊の戦車と敵の情報を共有し合い、他車に目標を指示するばかりでなく、隊長車が他の車両のFCSを操作することも可能。
FCSは自動的に敵の種類を識別、脅威度を判定するだけでなく、自動的に弱点を照準し、また砲撃の効果判定まで行う。

エンジン

伝統の2ストロークを廃し4ストロークV8エンジンを採用。

2ストロークは部品点数が少ない為小型・軽量・高整備性だが燃費に難があり、更に高回転大出力化の壁にぶち当たり4ストロークエンジンに対する利点を次々と失っていき、自動車用小型高速ディーゼルエンジンとしては民生用では既に廃れていた。

燃費が問題だったというよりは、日本国内において自動車用ユニフロー2ストロークディーゼルエンジンの技術開発自体が1979年の日産ディーゼル撤退後、防衛産業以外ではほぼ途絶しており、調達費の下落が見込めないことや将来性がないことが理由としてあげられる。

  • 一応ダイハツディーゼルが続けてはいたが車両としての完成品はなく傍流だった。後にダイハツの親会社であるトヨタとともに小型乗用車・軽自動車用高効率ガソリンエンジンに技術を転じた“D-2”を発表するも製品としては結実せず、この時点で日本における小型高速2ストロークエンジンの命脈が途絶えることが確定した。

もともと主力戦車用エンジンはポジションが微妙で、通常の自動車用よりは遥かに大型の反面、回転数については(装甲戦闘車両以外の)自動車同様に高回転かつ回転数変動が大きい。ガスタービンに移行した国があったのも民生自動車用ディーゼルエンジンの技術流用がほとんど望めないからという背景がある。

戦車用と最も近似した民生用技術は鉄道用ディーゼル機関車用エンジンなのだが、90式開発時は国鉄が赤字体質や労使問題からほとんど技術開発に投資できず、国鉄と防衛以外ではほとんど用途がなく技術開発が停滞していたため、三菱重工が維持している74式戦車の技術の進化系として採用された。
しかし国鉄分割民営化後、ドイツやアメリカに遅れていたこの“大型・小型高速ディーゼルエンジン”の分野を埋めるため、ドイツのカミンズ社から技術導入を図ると同時に、自動車用ディーゼルエンジンと小型船舶用ディーゼルエンジンの技術を結集して鉄道用ディーゼルエンジン技術の再構築が図られた。機関車用としてはDF200形や、DD51形のB更新工事用のコマツSA12V系エンジンの登場で一応の成果を見た。
元々国鉄は戦前からの4ストローク派であり当然後身であるJR各社にもこれが受け継がれている。また陸自でもコマツ製4ストロークディーゼルエンジンはすでに採用実績がありガラパゴス化した2ストロークディーゼルを維持する必要性はなかった。

整備性についても、自動車用ディーゼルエンジンでは1970年代中盤以降排ガス対策に伴うシリンダーヘッド改設計が繰り返され、さらに1990年代には更なる公害対策のため動弁系やクランクケース周りの設計も一新された結果、4ストロークディーゼルエンジンのほうがむしろ有利となっていた。
ちなみに2ストロークエンジンとして最も身近なデイ式(クランクケース圧縮式)も、この間に1987年に2輪を除いて途絶(最後はSJ30ジムニー)、1999年に2輪からもスズキが撤退して、国内向け自動車用としては途絶することになった。

この為1995年以降の防衛省調達では、技術上の利点を失った自動車用2ストロークディーゼルエンジンの採用は打ち切られ、将来性があり技術転用によってコスト削減が容易とされる4ストロークディーゼルエンジンに交代したのである。

その他

赤外線ステルス機能を意識した設計がなされ、運用時には赤外線遮へい用のゴム製スカートが取り付けられる。

装甲戦闘車両としては珍しく、無段変速トランスミッション(CVT)を搭載。大馬力に対応する無段変速機は近年実用化が進み、アメリカ合衆国のM2歩兵戦闘車にも採用されているが、戦車への搭載は10式戦車が世界初となる。

よくよく間違われるがアクティブサスペンションは搭載していないので注意。
能動的に姿勢制御はするものの、技術的定義の話をした場合、10式はパッシブサスペンションになる。

まさかの展開

何と、陸上自衛隊全面協力の元、毎号付属するパーツを組み立てて1/16スケール、全長58.9cmの10式戦車を製作していくパートワーク雑誌「週刊陸上自衛隊10式戦車をつくる」がアシェット・コレクションズ・ジャパンよりリリースされる事になった。まさかの展開には衝撃を受ける者も多いだろう。

詳細は、下記の関連リンクをご覧いただきたい。

関連イラスト

アジアの主力戦車
TK-X



関連タグ

軍事 ミリタリー 兵器
戦車 主力戦車 MBT
TK-X
ガールズ&パンツァー(自衛官の蝶野亜美が使用。C-2改からLAPESによる投下がされた)
リトルアーミーⅡベルウォール学園柏葉姉妹戦車道に参加する為に購入したが、規定違反になる為使用されなかった)
シン・ゴジラ(東京防衛戦「タバ作戦」にて多数使用された。結果は怪獣映画のお約束の通りであったが、公開後にプラモデルの売上が跳ね上がったそうな)
轟雷フレームアームズフレームアームズ・ガールの元ネタと思われる、後者は10式戦車とコラボしている。)
ウルトラマンオーブTHE_ORIGIN_SAGA(劇中に登場する地球防衛軍の主力戦車として登場。複数のベゼルブを撃退する活躍を見せた)

関連リンク

アシェット内週刊陸上自衛隊10式戦車をつくる 紹介ページ

pixivに投稿された作品 pixivで「10式戦車」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 326515

コメント