ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

爆発反応装甲

ばくはつはんのうそうこう

爆破効果によってダメージを減じる反応装甲の一種。メイン画像のように戦車の車体に張られた四角い物体がそれ
目次 [非表示]

原理

爆発反応装甲(Explosive Reactive Armour:ERA)は追加装甲の一種で、砲弾などが着弾した際、その衝撃で爆轟を発生させたり、メタルジェットや着弾の圧力により中に詰まっている爆薬を爆破し、外板を飛ばすことで本体を防御するのである。


外板が横向きに当たることでHEATのメタルジェット形成を阻害、ないしはAPFSDFS弾のバランスを崩すことで貫通力を大きく減じることができる。その性質上垂直で作動させてもほとんど意味がなく、30度ほど傾けた状態が一番効果を発揮する。

このため爆発反応装甲は想定される弾道に対し斜めに寝かせて装着される。

一見箱型の装甲を垂直に貼ってるように見える場合でも、箱の中では爆発反応装甲プレートが傾けて保持されている。

変わり種ではウクライナが「ニージュ」と呼ばれる物を装備している。板を飛ばすのではなく、並べた線形爆薬からメタルジェットの刃を飛ばし、侵徹体をぶつ切りにする散弾である。


どの形式においても爆発により生じた圧力により、周辺への爆風などの影響が出るため、二次被害を及ぼすことが懸念されるわけだが、HEAT弾は構造上着弾箇所以外にも周辺にも被害を及ぼし、HEAT-MP弾であれば更に大きな被害を及ぼすため、ERAがあってもなくても二次被害は変わらないという意見もある。


爆発反応装甲に対抗して砲弾の側でも子弾でERAを早発させる「タンデム弾頭」が登場しているが、ERAの側でも「二枚重ねにする」「外板を厚くして子弾で作動しないようにする」などの対抗策を取っており、兵器開発にはつきもののイタチごっこが続いている。


利点

  • 外側に貼るだけなので旧来の車両も重量が許せば簡単に装甲を強化できる。
  • スラットアーマー等に比べて追加しても車両のサイズがほぼ変わらない。
  • 複合装甲に比べると要求技術が低い。
  • 複合装甲よりは軽い。
  • 現場でも着脱可能。

欠点

  • 歩兵などが随伴した場合、爆発で死傷者が発生する。
  • 命中していない箇所のERAが熱や衝撃で誘爆してしまう可能性。
  • 主装甲板にも爆発により負荷がかかるので最低限の強度は必要。
  • 反応できるのは一度のみ。
  • 火薬が入っているので危険物扱いとなり平時の保管が面倒。

採用例

主に装甲戦闘車両に搭載されており、旧東側が今でも採用している。

ソ連T-55T-64T-72T-80T-90ウクライナオプロート、アメリカのM60パットン(A3型、湾岸戦争時)、M1エイブラムス、フランスのAMX-30、イスラエルのマガフ、韓国のK2、中国の99式戦車などが採用している。


有名所

  • コンタークト5

ソ連で開発された製品。APFSDSに対応した初のERAであり、この製品が知れ渡るまでERAは徹甲弾には効かないというのが常識だった。

ソ連崩壊にあたって情報が広まった兵器であるため最新兵器みたいな認識をされてることも多いが、実用化したのは1985年、既に旧世代の技術であり、現在は後継の製品が採用されている(まぁ景気の問題で総入れ替えとは行かないようだが)。


  • TUSKII

M1エイブラムスの強化パッケージ。「Tank Urban Survival Kit(戦車市街戦生存キット)」の略。機関銃用の防盾や遠隔操作化などなども含む豪華仕様だが、外観上特に目立つERAの存在が特に注目されることが多い。

TUSKIIではのように湾曲した独特のERA追加し、外観が大きく変わるためプラモ等の人気も高くなっている。


別表記

ERA…Explosive Reactive Armorの略

リアクティブアーマー…「反応装甲」の英語。「非爆発性反応装甲」というものもあるので、厳密には「リアクティブアーマー=爆発反応装甲」ではないのだが、あまり区別されない傾向にある。


関連タグ

装甲 弁当箱

HEAT 徹甲弾


チョバムアーマー:英国製の複合装甲であり、まったく関係がない…はずだったのだが


ガンダムバルバトス:第5形態にて胸部保護の為に増設されたが、実際の描写は接合部が爆発して分解排除される追加装甲という扱いであった。

イングラム(レイバー):劇場版2作目で装備。防弾チョッキ状のジャケットにチューブ状の爆薬を内蔵しているため、ERA搭載車両と異なり箱が並んだ外見はしていない。

戦術機:接触したを吹っ飛ばす目的で機体や盾に貼り付けている。

関連記事

親記事

装甲 そうこう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 171025

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました