ピクシブ百科事典

イングラム(レイバー)

いんぐらむ

『機動警察パトレイバー』に登場するロボット(レイバー)。型式番号はAV-98
目次[非表示]

後藤喜一「欲しい?」
南雲しのぶ「欲しいわ」
後藤喜一「あげない」
―イングラム初陣後の会話シーンより

概要

篠原重工八王子工場製造。
警視庁警備部特科車両二課(特車2課)第2中隊所属の純警察用パトロール・レイバー(パトレイバー)である。
型式番号はAV-98。AVは「いかがわしいビデオ」の略称ではなく改良型(アドヴァンスト・ビークル/Advanced Vehicle)の頭文字である。
篠原重工が技術を惜しみなく投じて製作した次世代レイバーであり、人間とほぼ同じような動きを可能にした高機動で汎用性の高い機体である。
実験機という性質上非常に高価なため、エコノミーやスタンダードといった改良型廉価版も登場している。しかしながら警備用レイバーとして不要な部分に力を注いで開発されたため足回りがぐらぐらの劣化版となってしまったり、性能に特筆すべき点がなかったりしてパトレイバーとしての採用には届かなかった。
「REBOOT~EZY」の世界線では内部・制御系の改良型が再製造されていると思われ、初代1~3号機とはまったくの別機体が複数存在する可能性がある。

全高8.02m
重量62.2t
動力電力供給型内蔵バッテリー
装甲材質繊維強化金属、強化プラスチック
搭乗員1名
注)「機動警察パトレイバー」はメディアミックス作品の為、作中での描写、設定資料全集、ムック、雑誌によって設定の相違点が非常に多い事にご注意下さい。
旧OVA版、漫画版、劇場版1、TV版、新OVA版、劇場版2、ゲーム版、WXIII、実写版と微妙にデザインが異なる。
共通する特徴として「肩にパトライト!」「背中に「警視庁」の表記!」「胸に桜の代紋!」という、出渕裕さん勇気があるなぁ、なデザインをしている。

前歴

ハイパーテクノロジーの急速な発達と共に、あらゆる分野に進出した多足歩行式大型マニピュレーター、「レイバー」。
しかしそれは、レイバー犯罪と呼ばれる新たな社会的脅威をも巻き起こした。続発するレイバー犯罪に対抗すべく、警視庁は本庁警備内に特殊機械化部隊を創設した。通称「パトロール・レイバー中隊」、「パトレイバー」である。
(本編抜きだし)

東京湾埋め立て工事「バビロンプロジェクト」(以下BP)は、大量のレイバー特需をもたらし、レイバーは日進月歩の速さで発達し、数も増えていった。レイバーの暴走、事故などに加え、BPに反対する環境保護テロリスト「地球防衛軍」の破壊的抗議活動により、都内各地でレイバー犯罪が多発した。
当初の特車2課第1中隊に配備された95式ゴリラ(作品によっては96式改アスカ96大将など設定が異なる)では、新型レイバーに対抗できなくなったために次世代機として98式イングラムは、開発された。
事実、イングラムと第2小隊の初陣となった事件では、先発の第1小隊は1機の暴走レイバーを相手に潰滅している。

人型

レイバー開発の第一人者、柳沢教授は多足歩行メカの基礎理論を開発した。教授の理想は「生き物のように動く機械」だったが実際のレイバーは、理想には程遠く、狭い場所でも動き回れる重機として普及していった。
このため従来のレイバーは作業用であり、人型かそれに近い形態に拘る必要はなかった。しかしイングラムに限っては、篠原重工が他社との技術競争を鑑み、極めて人に近いシルエットを撃ち出した。これを見る者に与える心理的、視覚的要素、犯罪者に与える威圧感を追求した結果と主張している。
しかしスリムな外見に仕上げるため、コクピットは狭く、パイロットの泉、太田両名からは「居住性は最悪」と評され、身体の大きな山崎に至っては搭乗することもできなかった。
劇場版第3作「ミニパト」では、無理くり人型にした理由を「重心を高所にするため」としている。

特筆すべき性能は、従来の機体と大きく異なる外見ではなく器用さにある。
汎用もまたイングラムの売り文句の一つとされ、マニピュレーター(腕)の正確さ、絶妙な力加減も他の機体と一線を画している。特に篠原重工は、レイバーの姿勢制御システム、オートバランスに定評があり、イングラムも不安定な足場で自由に活動できる。
作中では懸垂が出来る、クイックドロー(拳銃を指に引っ掛けて回す)を試そうとして失敗する等もあったが、宿敵グリフォンとの最終対決でワイヤー1本で性能の勝るグリフォンを制圧する場面は、イングラムの器用さが勝負の決め手になったといえる。

黒い疑惑

篠原重工社長、篠原一馬は、強引な手腕で経営統合を繰り返し、他社の技術を取り込み、会社を成長させたことがほのめかされており、「イングラムは相当、篠原重工らしくないレイバー。(業界でも逸品として知られる)オートバランスシステムで辛うじて篠原製と分かる」と本編で指摘されるほど、それまでの製品とかけ離れた設計、機構、部品が組み込まれている。
逆にいえば篠原重工にとって、それほど社運を賭けた製品で、AV(発展型)と銘打つだけあり、これまでの機種と一線を画す次世代機と言えた。後にイングラムを雛形、データ収集機としてドーファン、スタンダード、零式などの後発機体も開発されている。
しかしその力の入れよう、後発機開発まで計画に組み込まれていることから「最初からイングラムは警察に採用される密約があった」、「イングラムの後発機を含めて警察が受注する計画だった」など警察と篠原重工の間に癒着があったのではないかという事件に発展している。事実、政府関係者と篠原重工の間でやり取りがあったことが指摘されている。
結局、この疑惑に終止符が打たれることはなく篠原一馬は息子の遊馬に「お前には関係ない」、後藤喜一は部下たちに対し「イングラムの性能に偽りはない」という所が着地点になった。

この事件では技術力をアピールするために「天にも昇る気持ちで地獄行き」と後藤喜一に評された殺人的な乗り心地の悪さ、コクピットの狭さも非人道的ではないか、と指摘されている。

運用

配備先の特科車両二課第二小隊には3機が配備されており、1号機には泉野明巡査、2号機には太田功巡査がそれぞれ搭乗する。

パイロットの動きを学習し、より動きが洗練される「成長するレイバー」であり、熟練者の動きは最新鋭機のそれに勝る。これは本機がのちにつらなるAVシリーズ開発用の実験機であったためであり、イングラムから得られたデータを元に様々な後発機が開発されることとなった。
記録は起動用光ディスクによって保存され、それが起動に必要なキーにもなっている。このため理論上は、2号機であっても1号機のディスクを使って野明が搭乗すれば、1号機と同じ動きができる。
反面、該当する搭乗者のデータを使わなければ、その癖まで再現し、タイミングが合わなかったり、思う以上に動作の動きに差が出るため、能力を十分に発揮する事ができないという欠点がある。
香貫花クランシーは、泉、太田両名以上にイングラムを操縦してみせたが、アメリカから研修で来ている彼女の癖を覚えさせる訳にはいかないという理由で搭乗を見送られた。また篠原重工の実山常務は「こんな荒っぽい使い方をさせるために作った機体じゃない」、「こんな動作は次世代機に使えない」などと溢したが、これに遊馬は警察活動は土木作業のように何時間も同じ動きを繰り返す訳ではなく、短時間に、しかも毎回、異なる動作を行うもの、実用的な経験値を蓄えるには不向きと切り返している。

1号機は指先を使ったり、ワイヤー投げ等の器用な動きに特化(パラレルワールドものでR田中一郎とあった際、「第二関節を若干折りたたんだ状態でのVサイン」をした)しており、2号機は火器管制に特化している。操縦者の性格がよく表れるレイバーなのだ。

ウワサの3号機

3号機はデータ収集用の予備機で専属パイロットが存在せず、出撃記録も少ない。もっぱら1、2号機が故障した場合の部品に使われている。
基本的には1号機と同じ仕様となっているが、機体番号や車体番号は1号機と同じで、大きく書かれた3の字のみが異なっている。(おそらく1号機の設定画をコピーして書き換えた際のミスと思われる)。

メディア媒体によっては3号機には独自の改修が施されることがあり、TVシリーズでは電子戦に対応した装備が追加された事で頭部が変更され、劇場版2作目では「メデューサ」と呼ばれる展開式ECMポッドが追加された頭部となっている。

PSで発売されたゲーム版では主役機を張り、作中の大半で3号機を操作することになる。
前半は「ノーマル」タイプの頭部だが中盤あたりで「メデューサ」タイプに変更されるエピソードがある。これは『the Movie』と『2 the Movie』を繋ぐストーリーという設定を匂わすかたちになっていおり、この作品の細かな設定などはテレビシリーズと劇場版シリーズの折衷的な採択がされている。なのでどちらの世界観でも連ねられるように自由に解釈出来るようになっている。

引退

1998~2001年までの三年間にわたって現場で使用された後はヴァリアントにその座を譲って引退し、八王子工場に戻った後は稼働データ蓄積用の実験機として使用されている。
(今後想定されているであろうTV~新OVA~REBOOTの世界線ではヴァリアントの存在そのものが怪しくなっているが)
この実験用として引退したイングラムを再び実戦に呼び戻すのが、劇場版第2作『2 the Movie』となる。

武装

ハンドリボルバーカノン

脚部に収納している6発装填の単発銃。が、磁気ネット弾や対生物用ウィルス弾も使える。「口径が20ミリにも37ミリにも見えん」という人はミニパトで言われた「弾丸の大きさも75mmのペットボトルサイズで、通常は貫通性の低いホローポイント弾を使用する」という説明でも信じていれば幸せになれるだろうが、街中でWWⅡ期の戦車砲相当の火器を日常的につかうなど正気とは思えない。(大口径砲弾には粘着榴弾など、もっと有効な既存弾種が既に存在する)
いっぽう、37mmでもただの重機相手で有れば必要以上に強力である。
「外見はリボルバーだが、ただのスケールアップでなく内面はもっと違う物である」蓋然性のほうが高いのではないか。

スタンスティック

左腕シールドに内蔵している伸縮式の対レイバー用電磁警棒。レイバーの関節や部品の隙間に突き刺すことで回路をショートさせ、無力化できる。

ウインチ

腰部に装備されている特殊鋼でできたワイヤー。イングラムを支えることができる他、相手のレイバーを逃がさないようにするための拘束具としても機能させたり、トラップを仕掛けたりすることができる。

ライアットガン

旧OVA~劇場版の世界線ではシバシゲオが4ヶ月と16日かけて作り上げた口径90ミリのレイバー用ショットガン。弾を装填したままチャンバラをやると暴発する。それ故に榊清太郎が使用を禁止するほどの威力。 
TV~新OVAの世界線では、最初から配備されていたが、強力すぎるため封印されていたとの扱いで、グリフォン戦に使用される。
普段は、10番倉庫にて厳重に保管されている。

リアクティブアーマー

劇場版2にて登場。
レイバー用アーマージャケットの表面にチューブ状の爆薬を並べて作られた爆発反応装甲
篠原重工八王子工場にて自衛隊空挺レイバー用に試作されていたものを、第二小隊がテロリストの本拠地に突入する作戦のために接収してイングラムに装備させた。
ロボットに服を着せる、という意匠的な意味合いの方が強いと思われるが。
なお、現実の爆発反応装甲はRPG-7をはじめとした成型炸裂弾のモンロー効果を軽減するためのもので、機関砲などの徹甲弾には意味がない装備。
TV~新OVAの世界線には存在が確認できない。

派生型・後継機

イングラムは、次世代レイバーの実験機であり、それらを総括してAV計画となっていた。

プロトタイプ

イングラムのプロトタイプ。
教習用として中野の警視庁警察学校や富士のレイバー隊員養成施設「レイバーの穴」に配備されている。

エコノミー

AVS-98。採用されなかったため型式はない。
遊馬曰く「イングラム1体で10機は買える」、内海には「篠原も詰まらんものを作った」と叩かれている。イングラムで問題視されていた居住性、乗り心地は改良されたものの、「足腰がぐにゃぐにゃだぜ!」と肝心な場面では踏ん張りが効かない。

イングラム・スタンダード(TVアニメ版)

エコノミーの問題点を改良し、コスト面と性能面の両立を目指した。しかしながら結局、イングラムに勝てず、採用は見送られている。

イングラム・スタンダード(漫画版)

TV版より後発で、扱いは全く異なる。
こちらは全ての問題点を解決し、念願かなって第1小隊に配備された。

関連タグ

機動警察パトレイバー AV-98 レイバー

pixivに投稿された作品 pixivで「イングラム(レイバー)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 95075

コメント