ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

パトレイバー

ぱとれいばー

漫画およびアニメ作品である「機動警察パトレイバー」、およびそれに登場する作業用ロボット「レイバー」の警察仕様機の事である。
目次 [非表示]

注)「機動警察パトレイバー」はメディアミックス作品の為、作中での描写、設定資料全集、ムック、雑誌によって設定の相違点が非常に多い事にご注意下さい。


概要

作品としての概要→機動警察パトレイバー

本項では、同作の用語としての「パトレイバー」について説明する。


一応劇中でも警察用レイバーを指す「パトロールレイバー」の略称としてこの用語自体は存在するのだが、特殊車両二課の略称である「特車二課」、機体名である「イングラム」等の言葉は頻繁に使われたのに対し「パトレイバー」という言葉が使われたのはごく稀だった。


メディアミックスの先駆けとなった本作では同じ機体でも細部のデザインや設定が異なる。

こちらで紹介しているのは主に漫画版(ゆうきまさみ作)、TV版、OVA、劇場版などである。


AV-98 イングラム

パトレイバー AV-98 イングラム

警視庁特殊車両二課第二小隊に配備された最新レイバー。パトレイバーの代名詞ともいえる機体。1号機と2号機で頭部デザインが異なるが機体性能は同一。篠原重工八王子工場製造。

繊維強化プラスチックや繊維強化金属、強化スチール程度の軽装甲で構成される。

一般レイバーよりはるかに高いスペックを持ち、軍事用レイバーと比べても機動性や器用さでは引けをとらないものの、武装面で劣る。

武装は内蔵電池式の電磁警棒(スタンスティック)とリボルバーカノン。左手についているバックラーシールドは盾としても機能する。

劇場版2作目では現役引退して篠原重工八王子工場に戻され、データ収集用の実験機となっている。

リアクティブアーマーは劇場版2作目に登場。空挺レイバー用の物を流用し、名前の通りに防護用の爆薬を搭載しているが、さながらレイバーサイズの防弾服といった趣となっている。


1号機(野明機 愛称:アルフォンス)

イングラム

主人公泉野明が搭乗する。「アルフォンス」の愛称は野明が以前飼っていた犬の名前が由来。愛着のあまり格闘戦で機体に傷がつく事を極度に嫌がっていたが、数々の経験を経て成長していく。ワイヤーロープの使用、マニピュレーターの精密動作などが得意な技巧派。


2号機(太田機)

弾だ!弾をよこせぇ!

本来AV-98の頭部は1号機の物が純正品だが、2号機(太田機)の頭部は太田があまりにも純正パーツを壊すので試作品の物で代用された、という事になっている。

OVA一作目ではぴっけるくんの攻撃で真っ先に首がもげた。

肩装甲も形状変更されており、純正である1号機と比べて角ばった形状となっている。

火器管制に長けているはずだが、太田の粗雑な操縦もあって現場ではトラブルの種になる事も。

そのため、繊細な作業を行う際は香貫花が搭乗する事もあった。


3号機(予備機、後に電子戦機能向上試験機)

「各員へ。最大広域帯でジャミングをかける」

TV版・劇場版に登場。

外見は1号機と同様だが、搭乗者がいない為にパーツ取りの予備機や代替機として扱われていたが、後にTV版では電子戦向け装備の搭載等の改修が行なわれ、劇場版ではECM仕様の特殊装備を施されて南雲隊長が搭乗した。(※Electronic Counter Measures 電子対抗機器)

共に頭部形状が変更されており、TV版では肩装甲形状も変更されている。

PSゲーム版では専属搭乗者が設定されており、選択次第では電子戦装備とECM装備のどちらかになる。


イングラム(TNG)

出戻りのイングラム

実写映画『THE NEXT GENERATION パトレイバー』に登場。大部分の形状が異なるがかつて活躍したAV-98である。イングラムは一度現役を引退してデータ収集用の実験機としての役目を担っていたのだが、諸事情あって出戻ってきた。

保障などのメーカーサポートも終了しており、部品の調達もままならず整備班が改修に改修を重ねてなんとか稼働出来る状態という痛ましい状況に置かれている。


MPL97AV-T プロトタイプ・イングラム

旧OVA版にて登場したイングラムのプロトタイプ。

教習用として、中野の警視庁警察学校や富士のレイバー隊員養成施設「レイバーの穴」に配備されている。後述のドーファンと設定はほぼ同じながら、外見に関してはこちらの方がよりイングラムに近い物となっている。


AV-98T(MPL98AV-T)ドーファン

教習用の98式。TV版における上記のプロトタイプ・イングラムに相当する機体。

コックピットは喉元にあり、外から直接座るようになっており、胴体内には入れないようになっている。漫画版においては市販されており、ドラマの撮影用にイングラム風に改造された物も登場している。


AV-X0 零式

零式

劇場版一作目に登場。

高い性能を誇るが、HOSを搭載していた為暴走した。

AV-98でリボルバーカノンを取り出す際に用いられていたマニピュレーターの伸縮機能の速度とパワーを大幅に強化し、攻撃に転用。

『抜き手』と呼ばれる打突攻撃は作業用レイバーの装甲を貫く程の威力を持つ。

※アニメ版と漫画版ではオペレーティングソフト「HOS」の仕様がやや異なるため、設定に相違がある事に注意されたし。


AVR-0

漫画版に登場。

外見はAV-X0とほぼ同一だが、試験機故にカラーリングやシールドの形状が異なる。

AVRの「R」は、リファレンス(標準型)のRで、HOSの拡張機能である「HOS サテライト・アプリケーブル・ドライバ(HOS-SAD)」と呼ばれるシステムを基軸に開発された「次世代HOS搭載機」の実験機であり、開発には数十億円が投じられたといわれる。

「HOS-SAD」は、衛星からの情報を得て自機および任意の相手の位置を常に把握する事が可能になるもので、一度ロックした相手をセンサーの有効範囲内から逃がさないようプログラミングされており、補足中の目標へ自動で攻撃や防御などのアクションを起こす事も可能になっている。

つまるところ、「ある程度勝手に動き、自動的に間合いを取る」機体である。各種演算を随伴する車両を介して行っているため、車両がいないと本領を発揮出来ず、単独運用にはOSを再起動しなければならない点が弱点。


原作の物語終盤で一時的にイングラムを使えなくなった泉野明が搭乗。

特殊な操作性にとまどいながらもグリフォン相手に善戦したが、随伴する車両を停止させられてしまい、グリフォンに敗北した。


96式アスカMPL

96式アスカMPL OVA版カラー

TV版及び旧OVAにおける初代パトレイバー。篠原重工が発売した民間作業用レイバーであるASUKA95SSL“大将”を警察用に仕様変更した機体。

TV版では第二小隊新設時に第一小隊のお下がりとして配備された物で、暫定的な物であったからか配備時点で能力不足となっていた。

まだ隊員が定数を満たしていなかったため配備機数は1機のみ。

旧OVAでは第一小隊に配備されているが、中古機体を改装した物で作業用レイバーにすら劣る代物であった。


95式(95式改)

パトレイバー95式改

漫画版における初代パトレイバー。民間作業用からの改装レイバー。通称「ゴリラ」。両腕固定式の盾を装備し警察パターンのカラーリングが特徴。劇中では先端に円錐状の突起のある警棒を使用していた。

物語開始当初から既に旧式として見られており、民間レイバーと比べても性能が劣っていた。

コミック版1巻前半では民生機の『ヘラクレス21』1機を相手に3機がかりで挑むも中破。更には1巻後半での『クラブマンハイレッグ』との交戦ではそのパワーの前にあえなく一蹴される。

その際の中破が祟ったのか、後述の96式改に置き換えられた。


96式改

パトレイバー96式改

漫画版において第一小隊に二番目に配備された機体。こちらも民間作業用からの改装レイバーである。コミック版2巻から登場したが、初出撃シーンは4巻のグリフォン初登場と逃走の回でひっそりと描かれた。95式に比べ鋭角的で洗練された形状ではあるが、作中においても「96式の性能では手に余る」等の発言がある事からも既に旧式化・陳腐化が進んでいる事が窺える。

95式同様逆関節の脚部を備え、這いつくばったような(スコープドッグの降着姿勢に近い)姿勢でトレーラーにコンパクトに積載出来る。

廃棄物13号を貯木場に封じ込め、満身創痍でなお食い下がる印象深い活躍を残したものの、徐々にフェードアウトし退役。篠原重工の新型機AVS-98にその座を譲った。

コミック版12巻収録の「レイバーの憂鬱<その2>」が最後の出動となった。

武装は両腕内部に格納された放電端子。廃棄物13号相手にも有効な装備だがバッテリー残量の制限がある。


AVS-98 イングラム・エコノミー

98式の廉価版量産型。

価格の低下や乗り心地の向上などが行われている。コックピットはキャノピーが設置されモニターは補助となっている。

国際レイバーショウで1号機のディスケットを用いて起動した際にはまさに安物というありさまで、ソフトウェアを活かせずにグリフォンにやられてしまった。

イングラムと異なりシートは車のようなベルトで体を固定するようになっており、格闘戦の際に搭乗者である遊馬が体を痛めた描写があるため、搭乗者保護の面でも問題があると考察されている。

漫画版での形式名は不明。


AVS-98

パトレイバーAVS-98

漫画版に登場。

第二小隊の運用データを元に改良が施されたイングラムの改良モデル。

第一小隊に配備され、石和、古賀の両フォワードが搭乗する。

エコノミーと異なりイングラムと同等、もしくはそれ以上の性能を持ち、HOSの搭載により駆動が滑らかであるなど操作性が向上している事が特長。

ちなみに第一小隊は96式改では3機体制であったが、AVSの配備に合わせて2機体制に再編された模様。


AVS-98Mk-Ⅱ イングラム・スタンダード

TVアニメに登場。

エコノミーの改良型で、イングラムを上回るパワーを持つなど発展改良機となっている。

搭乗者を補佐する機能を持ち、搭乗者の技量に関係なく安定した性能を発揮する。特車2課員の搭乗者のデータを蓄積する事で改良を重ねていった。

しかし模擬戦によって性能差は期待する程では無かった事が判明。民間の警備用として販売される事で優位性が薄れる事もあって警察用としての採用は見送られている。


MPL-97S パイソン

マナベ97式パイソン

TV版に登場。 第一小隊に配備されている機動隊隊員のような外見が特徴。

物語開始の時点ですでに旧式化しており、トヨハタオートのプロトタイプSRX-70への更新の話が持ち上がる。しかし後述の理由から話が流れ、ピースメーカーへと更新する終盤まで現役であり続けた。


SRX-70

SRX-70

TV版に登場。

シャフトエンタープライズジャパン製造トヨハタオート販売の試作レイバー。

20mmガトリングガンなどの警察用としては過剰ともいえる火器を備えている。

第一小隊に試験配備されたが、その運用データは軍事産業に転用される危険性があった。

その事実を知った南雲隊長は正式採用の際は小隊を再編成し、操縦の乱雑な太田巡査が専任とする条件を提示。

これを嫌った開発班により採用は流れたが、第一小隊はまたしても最新機を手にする機会を失い、このレイバーは後に「SR-70サターン」として警備用に一般販売された。


AV-0 ピースメーカー

0式ピースメーカー

TV版に登場。

特殊車両二課 第一小隊に導入された機体。AV-98の後継機種。

イングラムと零式を足して二で割ったような外見をしている。

イングラムを凌駕するスペックを持つが、「ニューロン・ネットワーク・システム」により単独での行動制限を持つ。それが仇となり、2機がかりでありながらグリフォンに大敗する。


AV-2 ヴァリアント

AV-02 ヴァリアント

劇場版二作目に登場。レイバーのニュースタンダードを目指して開発された機体。国内の各都道府県の警察署の配備される。

出動の際には故障を理由としてキャリアに積まれたまま起動はされず、メンテナンスがてらハンガーに格納されていた所をヘルハウンドに強襲され、瞬く間に蜂の巣になった。

しかし性能的には申し分ないレベルで、まさしく「スタンダード」なレイバーである。

教習用として「レーア」も登場している。


AV-5 マグナム

AV-5 マグナム

PC-9801版ゲームに登場。

第三小隊用に配備された最新鋭機。肩部のパトライトが赤と青の2色になっているのが特徴。

実質的なピースメーカーの後続機であり、全体なフォルムも面影が残る。貫手などの固定武装に加え専用の武装も用意されているが従来の武装も使用可能。搭乗ハッチは前方に戻している。

レイバースタンダードを目指したヴァリアントよりやや実験機寄りの仕様となっている。これは劇場版二作目でヴァリアントが歯が立たないまま壊滅させられた経緯が関係しており、スタンダードな物よりも突出した性能の機体を導入すべきと警視庁が判断したため。そのため新設された第三小隊に実験的に配備している。

デザイナーおよびデザイン時期と相まってレイバーというよりテッカマンブレードの亜種のようなデザインである。


99式装輪レイバー

劇場版2作目に登場。

神奈川県警交通機動隊所属の物が登場しており、通称ロードランナー。

四足走行型のレイバーで、渋滞時には足を伸ばして車両をまたぐように移動する。


ロードモビル

劇場版2作目、3作目に登場。

車両やレイバーの撤去に使用するレイバー。正式名称は不明。

99式同様に四足走行型のレイバーで、渋滞時には足を伸ばして車両をまたぐように移動する。

2作目では神奈川県警交通機動隊所属の物が、3作目では警視庁所属の物が登場している。


運搬用トレーラー

現地への移動、現地からの引き上げに用いられるキャリア(運搬車)。メディアごとに意匠は異なるが概ねトレーラーをトラクターで牽引する方式の車両。いざとなれば相手方レイバーの進路を塞ぐ、あるいはぶつけて制止をはかる事を想定しているようで、グリフォン初登場の回などには戦力としてカウントされている。


イングラムMk-Ⅲ

『機動警察パトレイバー』35周年と『ゾイド』40周年を記念したコラボで登場した機体。

パトレイバーの平行世界で2023年に伊豆諸島でゾイドコアが発見され、更に惑星ズィーから地球にゾイドの設計図を内包したポッドが飛来した…という世界感。

イングラムMk-Ⅲは202X年に警視庁の特車3課に配備されている。

左肩に1のマーキングがされたMk-Ⅲ(1号機)のみ外見が発表されている。

またゾイドコアの主有権を主張した警視庁の手によってハンターウルフ(警視庁仕様)との連携運用がされている。


FL-22 マーシャル

FL-22 マシェール

ソーシャルゲーム機動戦隊アイアンサーガの「機動警察パトレイバー」コラボオリジナル機体として登場。

ミスカトニック大学のモリアーティ教授が主導し、ゼネラルエンジン社が全てをかけて制作した次世代軍用レイバーだったが警察にもパトロールレイバーとして配備する事になった。

U.S.F(※アインアンサーガ世界のアメリカ)のアーカム市警に配備。その後、U.S.F軍の軍警察仕様としても採用された。

アーカム市警による根回しで日の丸国(※アインアンサーガ世界の日本)の警視庁にも一台導入している。

動力にはAV-98イングラムと匹敵する程の超電導バッテリーと超電導モーターを搭載。

電子装備はイングラムよりも優れている。

武装はアイアンサーガの世界観に合わせて過剰なまでの火力を誇る。


FL-22E スーパーマーシャル

ソーシャルゲーム機動戦隊アイアンサーガの「機動警察パトレイバー」コラボオリジナル機体として登場。

U.S.F.の首都ニューフリーシティ警察局(N.F.C.P.D.)に配備。

型式のEはExpansionという意味。

機動犯罪がますます深刻化する中、ニューフリーシティの警察局(N.F.C.P.D.)はゼネラルエンジン社に新たに特別仕様のマーシャルを発注した。

機体の外装もマーシャルから変更されかなり鋭角なデザインとなっている。

スペックや武装はU.S.F軍の軍警察仕様や原型機を超える火力を誇る。


似てるけど違う

C.L.A.T.

パトレイバー30周年その66 イングラムU.S.A.

シバシゲオが海外視察した際に登場したレイバー。

ニューヨーク市警のレイバー隊「C.L.A.T.」に配備されたイングラムそっくりなレイバー。1号機に似た方が「アンダンテ」、2号機に似た方が「フォルテシモ」。飛行ユニットを装備する事でレイバー単独で発進する事が可能。日本とは比較にならない最新技術の数々に夢のような時間を過ごしたシバシゲオだったが・・・。


イングラマン

イングラマン

AV98星雲からやってきた正義の巨大ヒーロー。CLAT隊員であるイズミ・ノア(泉野明)隊員が変身する。グリフォン星獣に立ち向かうが、数々の戦いでダメージの蓄積したイングラマンは敗北してしまう。そこにAV98星雲から仲間であるゼロがやってきて・・・。


宇宙世紀のレイバー?

漫画版11巻の扉絵に描かれた、宇宙世紀の到来を予感させるようなデザインのレイバー。デザイン協力として出渕裕の名前が記されている。各所に姿勢制御スラスターが配置されたイングラム、特徴的な一本角とモノアイのブロッケンとが対峙しているワンカット。

それぞれビームサーベルらしき物とザクマシンガンらしき物を手にしており雰囲気はもう完全にガンダム。


自衛丸・慈絵丸

似ているが作品自体が異なる。

関連記事

親記事

機動警察パトレイバー きどうけいさつぱとれいばー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6558764

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました