ピクシブ百科事典

AV-X0

れいしき

映画作品「機動警察パトレイバーtheMovie」に登場するレイバー(架空の作業用ロボ)である。
目次[非表示]

概要

急速に発達したレイバー技術に追いつけなくなったイングラムの後継機種として、篠原重工が製造した純警察用試作レイバーである。次世代オペレーティングシステムであるHOS搭載を前提とした設計によって各部動作の効率化が図られている。

実戦データを欲していた製造元によってイングラム以上の開発費がつぎ込まれた結果、警察用レイバーとしては極めて過剰な性能を有している。最大の特徴はマニピュレータ自体を武器にしている点で、イングラムが脚部のリボルバーカノンを取り出すために用いるアーム伸縮機能を転用し、更に強度の向上や指先の先鋭化といった改良を施すことで、空手の技である貫手を応用した本格的な格闘武器に仕上がっている。それに加えてレイバーを楽々持ち上げ、更には膝割りで粉砕できるほどのパワーと頑強さを併せ持ち、頭部は軍用を改造したレーザースキャナー搭載の開閉式で、各種センサーも強化されている。

泉野明は、本機の外見を「悪役みたい」と冗談めかして発言していた。


劇中の活躍

特車2課第1小隊への納入に先駆け、洋上プラットフォーム「方舟」で南雲しのぶによる最終調整が進められていた。事件の真相に行き着いた第2小隊によるプラットフォーム解体の折、大量の暴走レイバーに苦戦する太田功のイングラム2号機を援護するため、香貫花・クランシー篠原遊馬の反対を押し切って搭乗する。だが危惧していた通り、HOS搭載を前提としていた零式も案の定暴走して2号機を撃破。直後に起きた倒壊に巻き込まれて左腕を損傷し、起動用ディスクを抜かれてもウィルスが修復したプログラムによって稼働し続ける。最終決戦では銃が使えないイングラム1号機を格闘能力で追い詰めるが、野明の機転でワイヤーに絡め取られ、身動きが取れなくなった隙に背中のコンソールをショットガンで直接破壊される。頭脳を失った零式は朝焼けに照らされる中で、静かに停止するのだった。
その後、暴走事件を受けてニューヨークに先行配備されていた3機は日本で全面改修され、「クラッシュバスター」として正式にロールアウトされた。

関連タグ

機動警察パトレイバーtheMovie ピースメーカー(レイバー) 香貫花 南雲しのぶ

pixivに投稿された作品 pixivで「AV-X0」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4501

コメント