ピクシブ百科事典

装填手

そうてんしゅ

複数名で運用する火砲において、弾薬の装填を専門に行なう者。

装填手は、榴弾砲加農砲戦車の主砲、無反動砲などの複数名で運用される大型の火砲において、主に火砲に弾薬を装填する役割を与えられた者。
現在は、アニメーション作品「ガールズアンドパンツァー」のキャラクターを描いた作品が多くを占める。

戦車の装填手

戦車に乗り組む装填手は、戦闘行動中に最も重労働を強いられる乗員であった。
主砲の弾薬は、例えば74式戦車の105mm砲で概ね15kg、口径120mmクラスとなれば20kgを超えるとも云われているが、戦闘行動中にこれを砲身に放り込むのは大変な重労働である。
いかに鍛え上げられた軍人といえど、重量物を無理な姿勢で扱えば不意に「魔女の一撃」を喰らうリスクもある。

また、これを機械力で行えば砲塔をコンパクトに出来る。
早い話が、戦車が装填手に求めているのは腕の部分だけなので、設計次第では装填手がいる場合より容積を有効に使えるのだ。

かくして戦車には自動装填装置が載せられて、装填手がお役御免となる… かにみえた。

例えば74式戦車には車長、砲手、操縦手、装填手の4名、90式戦車は装填手を減らした3名が乗っている。
そして、戦車のメンテナンスは部品などが大きくて重いので大変なお仕事である。
装填手を減らした結果、残った乗員から怨嗟の声が上がった。4人で分担してできた仕事を3人で熟さなければならなくなったからだ。

ソビエト連邦T-64を革切りに自動装填装置を実用化させても、頑なに装填手を残した設計を維持する国も多い。

コメント