2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ジムニー

じむにー

スズキの軽オフロードSUV。普通自動車規格の派生車種ジムニーシエラについても取り扱う。
目次[非表示]

概要

スズキが1970年より販売している軽自動車で、本格的なオフロード走行設計となっている。
日本国内の普通自動車仕様はジムニーシエラとして販売。

日本での歴代モデルはショートボディのみ。
インドでは全長4,010mmのロングボディのモデル(SJ413型マルチ・ジプシー)が存在する。
海外ではトレッド幅(左右のタイヤ間の幅)及びフェンダーの拡大と、1.5Lエンジン搭載などのアレンジがされている。

アルトキャリイ/エブリイ等とともに2014年3月までマツダOEM供給され、「AZオフロード」の名称で販売されていた。

初代(1970年〜1981年 LJ10〜SJ10型)

センシティブな作品



2代目(1981年〜1998年 SJ30〜JA22型)

ジャングルを探検するチトとユーリとヌコ。



3代目(1998年〜2018年 JB23型)

駐車場にて



4代目(2018年〜 JB64型)

新型ジムニー



1〜3期はいずれも10年以上のロングライフモデルである。

前身はオート三輪で一世を風靡したホープ自動車が開発したホープスター・ON型4WDである。
この車両は形式登録はされたが、ホープ自動車が四輪車事業から撤退し結局18両の製造で終わった。

その後スズキが商標権を買収。
ジムニーの当初の開発コンセプトは「どのような悪路も走行できる軽4輪貨物車」であり、長年4ナンバーの貨物自動車扱いでMT仕様のみであった。
ところが三菱自動車パジェロミニがライバルとして出現した影響などもあり、乗用車化への再設計が施された。

ジムニーは第2期後半よりATもラインアップがされてはいるものの、現在もMTをメインとして開発されている。
ラダーフレーム構造も引き続き採用。

2022年現在は東南アジアを中心とした海外販売にも重点を置いている。
自動車インフラ整備が全体的にまだ行き届いていない同地域では、壊れにくく整備しやすい構造が求められるためエブリィやキャリイなどに組み込まれた技術も使用。

4代目JB64型が日本国内でデビューした際は購入希望者が殺到し、現在も最長で1年強の納車待ちが発生しているようである。

国外での車名

1986年に北米市場で「サムライ」として発売されるが、横転事故をきっかけとする集団訴訟や米国との関税問題などの影響もあってか1995年に販売終了となる。

またインドにある子会社のマルチ・スズキ社が現地生産する「マルチ・ジプシー」がある。
こちらは日本でJB23シリーズに移行した後もSJ30〜JA22系列の設計のまま2017年まで生産された。
先述のロングボディ4ドア仕様も存在する。

類似車種

かつては三菱のパジェロミニをはじめ、ダイハツテリオス/テリオスキッドホンダZやそれらのOEM車などのライバルも存在した。
しかし生産コストの問題等もあり、2022年現在の日本においてはジムニー以外の本格オフロード軽SUVの生産は行われていない。

余談

昭和ライダー(『仮面ライダー』)シリーズにおいては立花藤兵衛がLJ20、谷源次郎がSJ10を所有(車体カラーはどちらもスタードイエロー)。

宇宙刑事ギャバン』では初代ギャバン(一条寺烈)が所有しており、変身前の移動に使用していた。
また宇宙刑事から見ても魅力的で便利なクルマだったのか、後任のシャリバンシャイダーも所有している。
ただし軽モデル(SJ30)を所有していたのはギャバンのみで、シャリバン、シャイダーのそれは白ナンバーモデル(SJ40)である。
一方で二代目ギャバン(十文字撃)はJB23を所有していた。

関連イラスト

ジムニー

スズキジムニー(4代目JB64型)
ジムニー×わんこ



ジムニーシエラ

SUZUKI JIMNY SIERRA
Task Force 404 Not Found × Jimny



関連項目

SUZUKI 乗用車 SUV
4WD オフロード 軽自動車
ホープ自動車
ハスラー パジェロミニ ジープ

外部リンク


関連記事

親記事

SUZUKI すずき

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 636346

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました