ピクシブ百科事典

目次[非表示]

曖昧さ回避

※この項目では、スズキ軽自動車について記述しています。
その他の用法につきましてはキャリー/エブリイへどうぞ。

概要

キャリイ(Suzuki Carry)はスズキの軽トラック、または軽ワンボックスカー
兄弟車のエブリイ(Suzuki Every)についても本項目で述べる。

1961年10月から製造・販売が行われている。現行モデルは2013年8月から製造が行われている(販売は同年9月から)11代目。

以下のメーカーにOEM供給が行われている。
マツダ:スクラム(Mazda Scrum→Autozam Scrum→Mazda Scrum)
日産自動車:NT100/NV100クリッパー
三菱自動車:ミニキャブ
※クリッパーは6代目ミニキャブのOEMから、ミニキャブと共に11代目キャリイ/5代目エブリイのOEMとなる。

有名な動画としてはYouTubeニコニコ動画などにUPされている軽トラドリフト動画があり、ハチロクを追い回している軽トラはこの車の10代目後期型(DC51T型と思われる)である。

そのため、スバルサンバーが「農道のポルシェ」と呼ばれ
キャリイは「田ンボルギーニ」と呼ばれている。

エブリイとの関係

同車から独立して生まれた1BOXのエブリイに関しては

  1. キャリイから独立して生まれたこと
  2. Dx51x系(3代目エブリイ/10代目キャリイ)まで同一形式のワンボックスでありながらエブリイを名乗るモデルとキャリイを名乗るモデルが混在していたこと
  3. その上キャリイ1BOXに乗用仕様があったり、逆にエブリイにバンがあったりと用途での明確な線引きも困難である。
など、その歴史からかキャリイと混同、または同一のものとしてみなしているようなタグのつけ方(キャリイとエブリイの併記など)をされることがある。

トリビア

  1. 初代を立ち上げるに際し、当時の社長が技術陣に対し「1年で開発を終わらせろ」と命令した上、「それと平行して専用の工場を作る」と言い出してしまった。技術陣と専用工場建設の責任者となった社長の婿養子(後の会長)は、それぞれに押しつけられた無茶振りを何とかクリアすることに成功した。そしてその苦労の結晶であった初代は頑丈な構造と(当時としては)パワフルなエンジン、そして(割と)低廉な価格もあって成功を収めている。
  2. 9代目キャリイは丸ライトと角型ライトが一時並行販売されていた。
  3. 2代目以来にして安全対策から他メーカーのミニキャブアクティに習って前輪軸をキャビン前方へ移動しセミキャブ・スタイルをとった10代目であったが、赤帽等の要請から安全性を考慮しつつも積載量と小回りを最重視したハイゼットサンバーのキャブオーバー連合軍に追い詰められてしまう(「振り向けばハイゼット&サンバー」状態)。メインの農家や意外な畳店等のオーナー達のクレーム(=「耕運機や畳が積めない!」・「田畑のあぜ道で小回りが利かない!」)殺到で買い替え控えや顧客流れによってミニキャブ&アクティを蹴散らしたキャブオーバー連合軍に煽られたトップのスズキはついに「敗北」を認めざるを得ず、その後は「このままではシェアを食い荒らされる!仕方ない!我社も急いでキャブオーバー・トラックを出せ!!」とばかりに急開発されたキャビン直下に前軸が有るキャブオーバー・モデルと併売せざるを得ず現行11代目ではキャブオーバーに完全統一された…。
  4. 2014年、ドリフトシティのアニバーサリー企画においてDA52T型が「OMD Convey」の名称で限定実装されている。


誤植

メーカー公式の表記では「キャリイ」「エブリイ」(最後の"イ"が大文字)である。
だがCarry/Everyの一般的なカタカナ表記がキャリー/エブリーであるせいか、兄弟車の1BOX「エブリイ」共々「キャリィ/エブリィ(最後の"ィ"が小文字。正式には大文字の"イ"。)」、「キャリー/エブリー」など表記揺れが発生しやすい車種である。

外部リンク

関連記事

親記事

SUZUKI すずき

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「キャリイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25625

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました