ピクシブ百科事典

グラビモス

ぐらびもす

モンスターハンターシリーズのモンスターの一種。通称「鎧の覇者」
目次[非表示]

概要

飛竜種に分類され、硬い外殻から鎧竜と呼ばれる。バサルモスの成体。
溶岩地帯に主に生息しており、一般的に知られる飛竜種としては最大の種である。体高で言えばリオレウスの倍以上、ディアブロスさえ凌ぐ超巨体の持ち主。
外殻は非常に頑強で、並大抵の攻撃では傷一つ付かず、むしろ攻撃を仕掛けた方が負傷、破壊される事さえあるという。
短時間程度なら溶岩に潜る事も可能で、体内には超高熱のエネルギーを持ち、口から放つ熱線は岩を軽く貫通する。
天敵はおらず、基本的には無敵の生物で、熟練ハンターでも簡単にはいかない相手である。
高熱の熱線やガスで攻撃してくる。また、動きは鈍いものの巨体ゆえに肉弾戦も強力。

主に爆発性の鉱石を食べるが、極稀に肉食を行うという報告も存在する。
これは幼体のバサルモス時は鉱石を消化、吸収する能力が不完全で、肉食で補いつつ体内のバクテリアを培養する生態を持つため。
同食性をもつウラガンキンにも似た傾向があり、ウラガンキンの幼体は主に草食性である。

バサルモスからグラビモスへと成長し、擬態や身を守る必要も薄くなるにつれ、背中の外角は身体比重で言えば小さくなり動き回りやすい今の構造に落ち着いていく。

その甲殻はよほど切れ味がいい武器でもないと易々と弾かれてしまう。
そのため、大剣太刀ランスとの相性が恐ろしく悪い。
ランスはまだ腹部に潜り込んで弱点をピンポイントで突ける上に、高いガード能力により貼り付けるので太刀よりはマシなのだが。
一応、攻撃を弾かれなくする「心眼」というスキルが存在するので、それを発動させれば多少は立ち回りが楽になるだろう。
反面、打撃属性のハンマーや狩猟笛(狩猟笛の場合は弾かれを無視できる旋律もある)には非常に弱く、また、固定ダメージである爆弾及びボウガンの火薬弾頭系、ガンランスの砲撃には弱い。
あとは巨体故に貫通弾も効果が高い。
なお、腹部は部位破壊すると肉質が大幅に軟化し、属性攻撃にも非常に弱くなってしまう。

彼らを特徴づけるのは、何より口からの熱線だろう。
通称「グラビーム」(半ば公式通称)と呼ばれるこれは、プレイヤーによっては荷電粒子砲だとかメガ粒子砲だとか呼ばれるが、非常に威力が高いうえにあらゆる障害物を貫通する。
更に上位以降は、首を左右に振って薙ぎ払うように攻撃してくる。

MHP2Gの後から長らく登場しなかったが、MH4にて亜種共々復活することとなった。
頭、背中、翼、脚の部位破壊ができるようになった。脚は相変わらず硬いがそれ以外は全体的に軟化している印象。
背中と腹は何度も乗り状態に持ち込むことで破壊でき、ビーム後の排熱ガスも背中破壊で腹側に出せなくなるので以前より大分戦いやすくなっている。
また、自慢の熱線を崖下にいるハンター目掛けて斜め下に発射したり、
崖の上にいるハンター目掛けて垂直方向になぎ払うなど高低差に対応したアクションを見せる。

ちなみにMH4のフィールド「地底火山」の戦闘BGM「荒れ狂う岩漿」もまたグラビモスのテーマである。…ということでMHXで“テーマ元不在”という訳の分からないことに。
その後、拡張版であるMHXXにて無事復活を遂げた。

亜種

グラビモス亜種


MHGより登場したグラビモスの亜種。詳細はリンク先を参照。

余談

天敵は居ない無敵の生物とされるがそれはあくまで「基本的には」の話
アカムトルムのような規格外の肉食モンスターにはそうもいかない。

アカムトルムの生態ムービーにて、相対するものの熱戦が通用せず首を噛まれて、そのまま投げられ絶命。
この映像、グラビモスとアカムトルムの縄張り争いだと思い込んでいる人が多いが、「ハンター大全」によると、アカムトルムの捕食行動なのだという。

ちなみに、ビームが得意な後輩噛ませ犬にされてしまっているという…。

生態動画



関連イラスト

負けるなグラビモス!
鎧竜【CC33福岡 H11a】


関連タグ

モンスターハンター   飛竜
バサルモス幼体
旅団の看板娘

関連記事

親記事

飛竜種 ひりゅうしゅ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「グラビモス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 474217

コメント