ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

チョイノリは、日本自動車バイクメーカーであるスズキが2003年に発売した原付スクーター

長距離移動をせず、毎日の通勤・通学に文字通り「ちょい乗り」できればそれでいいという客層を狙って、徹底的な低価格・軽量化・簡素化を突き詰めたスクーター。
外装は無塗装、リアサスペンション無し、燃料計無し、オドメーター無し(後に追加)、スクーターなのに手動チョーク・キック始動など、良くも悪くも当時の原付スクーターの常識を覆す設計で生まれた。
肝心のエンジンは汎用機を原付用に手直ししたものを搭載し、設計コストの低減を図った。

その結果、100%国産部品かつ国内製造で¥59,800-(税抜)という、ムチャクチャな低価格の実現に成功した。この価格は同時期の中国製スクーターより安く、発売時は各方面で大きな話題となった。

長距離移動を全く想定していないコンセプトが逆にバイク野郎の心をくすぐったのであろう、発売当時には相棒のチョイノリとともに全国一周の旅に出た猛者も現れた。道中で浜松市のスズキ本社に聖地巡礼に立ち寄った際、企画を聞き知っていた会社側から無料整備を受ける一コマもあった。

しかし、たった2馬力の非力なエンジン故に加速・最高速が低い、リアサスペンションが無いため乗り心地が悪い、収納スペースが無い、オドメーターが無い初期型は走行距離が把握できないなど欠点も多く、割り切りすぎたパッケージングが次第に日本のユーザーには受けなくなり、2007年で日本での生産は終了した。
台湾ではその後も生産されたが、現在はラインナップされておらず生産終了した模様。

また、コストダウンの弊害として信頼性が低いことも有名である。
例えば、エンジンの重要な機能部品であるカムシャフトはなんと樹脂製で、初期型はこの摩耗によりバルブの開度が減りパワーダウンする症状が多発。
後に対策品に代替されたものの、やはり樹脂製なのは変わっていない。

他にも、オイル交換の指定頻度が500kmと異様に短い、チェーン駆動なため注油や伸び調整を要する(通常のスクーターはベルト駆動なので不要)などがある。
趣味性の高いバイクと違い、原付スクーターのユーザーはメカ知識に乏しくメンテナンスをまともにやらない人が殆どなので、コンディション維持をユーザーに任せすぎた設計も不評を買った。

このように、蓋を開けてみれば「安かろう悪かろう」だった実態が露呈し、ユーザー・販売店双方から敬遠されたため、早々に廃車が進み稼働状態の現存台数は少ない。
スズキも今や小排気量車種を新興国で生産するようになり、国内生産への拘りは薄れている。
ただ、各メーカーがコストダウンのため新興国での生産に乗り出していく中で、「純国産でどこまで安く作れるか」という正反対のテーマに挑戦した産物であるチョイノリは、二輪車史上に語り継がれるべき名車(迷車)と呼べるだろう。

まあなんだ、これは見事な鈴菌車両。チョイノリホスィ…

関連イラスト

まこぴーちょいのるぴー
通学少女


イカに痛単車(早苗仕様)
ぬこと学生


外部リンク

関連記事

親記事

SUZUKI すずき

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「チョイノリ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 46549

コメント