ピクシブ百科事典

ホープ自動車

ほーぷじどうしゃ

「ホープ自動車」とはかつて存在した日本の自動車メーカーである(トップ画像の向かって左奥の車両)。のちに自動車製造から撤退し「ホープ」に改称した。
目次[非表示]

沿革

創立

1951年、それまで自動車修理業を行っていた小野定良が小型三輪トラックの製作を目的としてホープ商会を設立する。当時オート三輪は大型化が進んでおり、空隙となっていた小型三輪トラックの需要を1949年に制定されたばかりの軽自動車規格で実現しようともくろんだのである。

ホープスター登場

1952年、ホープ商会は軽オート三輪「ホープスター」を開発した。これは足回りはダットサン、ピストンリングは東洋工業など既存他社部品を寄せ集めて作ったものであったが、上級オート三輪同様の酷使に耐えられる頑丈な設計をとったことが当たり、ホープは一躍オート三輪の雄となった。1954年にはホープ自動車と改称した。

競合と撤退

1957年、ダイハツが専用設計のオート三輪「ミゼット」が発売を開始。これと前後して多くの自動車メーカーが軽オート三輪に参入すると、修理工場上がりの零細メーカーであるホープは対抗できなかった。これに伴い四輪軽トラへの参入に活路を見出そうと1960年ピックアップトラック「ユニカーNT」を開発した。

星に願いを


ところがこの時富士自動車から供給されたエンジンに欠陥が発覚。この結果信用を失い、1965年までに段階的に自動車製造業から撤退に追い込まれた。

自動車製造からの撤退に当たり、小野定良は自ら工場従業員の再就職対策に奔走。提携ディーラーについても、三菱自動車・愛知機械工業との新規代理店提携を斡旋し、経営者としての責任を果たした。規模を縮小したホープ自動車は、当初は中古車販売で糊口をしのいでいたが、やがて遊園地遊具開発に参入し経営を再建した。

ホープスター・ON360

1967年、ホープ自動車は自動車業再参入をもくろみ軽4WD「ホープスター・ON360」を開発した。

軽四駆の始祖


この車は軽自動車としては初の本格クロカン車で、道路状況の悪い山間部などのドクターカーを目指して発売されたが、元々の販売力の弱いうえ、保安上の欠陥もあってあまり売れなかった。そのためON360にエンジンを供給していた三菱自動車に製造権を売却しようとしたが、ジープという競合車種を作っていたことから断られた。そこで親交のあった鈴木修スズキ常務(当時)にスズキへの買取を相談した。

そして1970年、スズキの手により全面的改設計を加えられ、発売されたのが初代「ジムニー」であった。

その後

1974年にはホープと社名を変更し、遊園地遊具メーカーとして堅調な業績をあげていた。しかし2001年に創業者の小野定良が死去すると、アミューズメント業界の変動に伴い経営が悪化、2017年に倒産した。現在、ホープ製遊具のサポートはセガ・ロジスティクスサービスに引き継がれている。

余談

小説「空飛ぶタイヤ」にも同名の会社が出てくるが、こちらは「三菱自動車」がモデルである。

関連項目

ジムニー

関連記事

親記事

自動車メーカーリスト じどうしゃめーかーりすと

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ホープ自動車」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 250

コメント