2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

池井戸潤による小説

大手自動車メーカーによるリコール隠しと、その濡れ衣を着せられた運送会社社長との戦いを描いた社会派作品である。
2002年に発生した三菱ふそう製大型トラックの脱輪による死傷事故、および同時期の三菱自動車によるリコール隠し事件が物語の下敷きとなっている。

『月刊J-novel』に2005年4月号、2005年6月号から2006年9月号に連載され、2006年9月16日に単行本が、2008年8月1日にはジョイ・ノベルスコレクション版が実業之日本社より刊行された。
第28回吉川英治文学新人賞、第136回直木三十五賞候補作。

2009年には、WOWOWの連続ドラマW枠でテレビドラマ化(衛星放送で有料放送のWOWOWでは、地上波のようにスポンサーの影響を受けることなく番組制作を行える事から実現)。
そして2018年には長瀬智也主演で映画化された。
メイン画像は映画版に出演し、重要な役割を演じた高橋一生

あらすじ

ある日、赤松運送の大型トラックのフロントタイヤが走行中に脱落し、これが歩行者に直撃し死亡させる事故が発生。
整備不良が原因として、赤松運送はたちまち世間や警察からのバッシングを受け、取引先にも見放されて経営難に陥ってしまう。

しかし社長の赤松徳郎は、事故の状況を振り返る中で、真因は整備不良ではなく車両の設計不良だったのではないかと疑問に思い始める。
会社・従業員・そして家族の名誉を守るため、赤松は独自に調査を開始。
あらゆる人物を巻き込んだ末、車両メーカーであるホープ自動車の暗部に切り込んでいくことになる。

余談

  • ベースが過去の事件であるためか、映画版では三菱ふそうではなく日野自動車のトラックが使用された。当然ながらエンブレムはホープ自動車(架空)のものに貼り換えていた。
  • 本作は最終的に赤松運送の無実が証明されるハッピーエンドで終わるが、現実で発生した脱輪事故では当該の運送会社は廃業に追い込まれている。


外部リンク

映画「空飛ぶタイヤ」公式サイト

関連記事

親記事

池井戸潤 いけいどじゅん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「空飛ぶタイヤ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「空飛ぶタイヤ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 474

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました