ピクシブ百科事典

ダーツ

だーつ

1.円形の的に手投げの矢を当てる競技、またはその矢。 2.洋裁の縫製技術のひとつ。
目次[非表示]

概要

日本で最も有名なテーマパークで使われていたダーツ。

数メートル離れた、回転する的に向かって投げる競技。
真ん中に命中させるとたわしが、運が良いとパジェロパッソなどがもらえた。

正式な競技としての「ダーツ」

ダーツボードと呼ばれる13.2から15.5インチの円形の的に、小型の矢(ダーツ)を約2.4メートルほど離れたところから手で投げ、得られた点により優劣を競う射的競技である。
ボードが大きくプラスチック製である「ソフトダーツ」と、ボードが小さく麻製で、ダーツの先端が金属の針になっている「ハードダーツ」の2種が存在する。

501

競技ダーツの有名なルールのひとつ。

最初のプレイヤーの点数は501点。
プレイヤーが交互に3投ずつダーツを投げていき、ダーツが当たった場所によりその点数を減らしていき、最後に0にしたプレイヤーの勝ちとなる。

イラストの中心部分から外側に向けて、

・ダブルブル(中心の赤い部分・50点)
・ブル(中心の緑の部分・25点)
・シングル(その外の白黒部分・外周に書かれた点数)
・トリプル(さらにその外で中間の赤と緑の部分・外周に書かれた点数×3)
・シングル(さらにその外の白黒部分・外周に書かれた点数)
・ダブル(いちばん外側のの赤と緑の部分・外周に書かれた点数×2)

1ターンで減らせる最大の点数は180点(20×3(トリプル)×3(投))

……と点数を減らしていき、最後はダブル(ダブルブルもしくは外側のダブルの部分)にダーツを当て、ちょうど0点にしなければならない。

1ターンでフィニッシュできる最大の点数は、170点(20のトリプル×2・ダブルブル)

最短決着は3ターン・9ダーツ(ナインダーツ)



501から
180(20のトリプル×3)
180(20のトリプル×3)
141(19のトリプル・17のダブル・ダブルブル)

で、ちょうど0点になる。

洋裁用語としての「ダーツ」

人体の線に合わせ、(服の内側)をつまむ形で立体的に縫う技法。ドレス水着におけるプリンセスライン縫製にも使われる。つまんだ部分がダーツの矢のように見えることから呼称。

関連タグ

 弓矢 射的 東京フレンドパーク 遊戯機械
聖剣伝説 ダーツ(烈火の剣)(ファイアーエムブレム烈火の剣)
ファッション 衣服

pixivに投稿された作品 pixivで「ダーツ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 801531

コメント