ピクシブ百科事典

パッソ

ぱっそ

トヨタ自動車のコンパクトカー。ここでは「元ネタ」であるダイハツ・ブーンに関しても述べる。
目次[非表示]

概要

2004年から販売されているが、製造はダイハツ工業(ダイハツ)が行っている。ダイハツではブーンの名称で売られている。

初代と二代目はダイハツとトヨタの共同開発、ということになっているが、実際にはトヨタのムチャぶり(コンセプトおよびマーケティング)にダイハツが渋々応えていた(設計など)というのが実情であった。
故に初代と二代目はトヨタのタマと被らない様にコラムシフトを採用せざるを得ず(ただし初代のヨーロッパ向け仕様であるダイハツ・シリオンの二代目とプロドゥア・マイヴィの初代はフロアシフトを採用していた。なお、トヨタのアレはフロアシフトを採用)、さらに初代はよく言えば実用的、馬鹿正直に言えば人間がデザインしたものとは思えない無機質で冷たいものとなっていた。二代目に関しては女性スタッフを積極的に起用した事もあってかもうちったあ可愛げのあるまともなデザインになった一方で、リーマン・ショックの頃に開発されたせいか、内装がものすごくセコなっており、特にダッシュボードの収納スペース(グローブボックス)に蓋がないことに関しては「どこに車検証入れるんだよ?」と突っ込まれたことがあった(助手席側の収納スペースに車検証を入れる様になってはいたが)。
なお、トヨタとダイハツがこの車に関して共同開発を行うことになったきっかけは、トヨタがダイハツからコンパクトカー・ストーリアを供給してもらってデュエットという名前で売ることにしたのは良かったが、当時のダイハツの安全基準がトヨタのそれに比べてユルかったことにトヨタがブチ切れ駄目出しをしまくることを余儀なくされた結果、「もうあいつ単独で普通自動車任せられない!!」とトヨタがダイハツに不信感を持ってしまったためだった。

この2代にわたる、「共同開発」の不具合があったのか、現行モデルの3代目では完全にダイハツが開発したものとなっており、アレと被るリスクがあるインパネシフトを採用したり、二代目までには設定があった1300ccエンジンを斬り捨てたりと、かなりダイハツのオリジナリティーが表れている。そのせいか、これまでは完全におざなりだったCMに力が入れられてはいるが・・・・・・・だいたい1年ごとに宣伝マン(あるいは宣伝ウーマン)のクビすげ替えてどうするのダイハツ?(安田顕土屋太鳳篠原涼子)しかも土屋太鳳にツイストダンス踊らせてたし。ちなみにパッソのイメージキャラクターはマツコ・デラックスが務めた事あったが・・・・・・なんか違うんでない?いくら軽四乗用車アクアの狭間で存在感が薄くなってるからって・・・・・・・・・。

派生車種

初代

ダイハツ・ブーンルミナス(トヨタ・パッソセッテ)
トヨタ・bB(ダイハツ・クー、スバル・デックス)

二代目

プロドゥア・マイヴィ(二代目)

三代目

ダイハツ・トール(トヨタ・ルーミーおよびタンク、スバル・ジャスティ

外部リンク


関連記事

親記事

TOYOTA とよた

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「パッソ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3098

コメント