ピクシブ百科事典

秋原雪花

あきはらせっか

秋原 雪花(あきはら せっか)とは、『勇者であるシリーズ』のゲーム『結城友奈は勇者である 花結いのきらめき』に登場するキャラクターである。闇メガネではない。
目次[非表示]

概要

「私は生きるよ。どんな手をつかっても。それが悪いことだとは思わない」

西暦の時代に、北海道、旭川市のカムイコタン周辺で戦っていた勇者。明るく社交性の高い性格で、友人の多い中学2年生。笑顔は絶やさないが、その裏では、かなりクレバーで計算して立ち回る事が多い。
(『結城友奈は勇者である 花結いのきらめき』キャラクター紹介)

プロフィール

出演作品花結いのきらめき
肩書き勇者
性別女性
年齢学年14歳中学2年生
誕生日西暦2005年1月18日
身長157㎝
血液型A型
出身地北海道
好きな食べ物ラーメン
声優千本木彩花


人物像

古波蔵棗と同様、スマートフォンゲーム『結城友奈は勇者である 花結いのきらめき』のオリジナルキャラクターであり、その他の作品には登場しない。ただし、『乃木若葉は勇者である』の劇中には「北方の大地と南西の諸島に生存者の反応がある」との台詞があり、存在自体は仄めかされていた。

乃木若葉白鳥歌野らが生きた西暦の時代に、北海道旭川市カムイコタン周辺で戦っていた勇者。
『花結いの章』第5話「勝利への決意」にて、古波蔵棗と共に初登場。前述の通り、本来は結城友奈達とは加護を受けている土地神の系統が異なるのだが、今回は神樹と北海道・沖縄の神々が同盟を結ぶことになったため、その流れで参戦することになったらしい。
平時は同じく『ゆゆゆい』がデビュー作となる棗と行動を共にしている場面が多い。

アンダーフレームの眼鏡と白いカチューシャが特徴。明るく社交性の高い性格。時折「~にゃあ」という語尾をつける話し方をする。
笑顔は絶やさないが、普段の言動は飄々としていて掴みどころがない。座右の銘は「ギブアンドテイク」で、裏ではかなりクレバーで計算して立ち回る事が多い。本人も「勇者って性格じゃない」ということは自覚している。
とはいえ決して腹黒い訳ではなく、勇者としての責任感は節々に見られ(被撃墜時には「…そんな…! 私は、勇者なのに…!」と脱落を悔やむ姿が見られる)、SR「槍投げ特訓 秋原雪花」の固有台詞でも励ましの言葉に続いて「(励ましだけじゃ)無責任かな」とこぼしており、一度関わった以上はきっちり踏み込んで関わり抜くタイプ。また愛媛編では攻勢に出たがる球子に対し堅実に守勢に回るべきだと自分の意見を述べながらも「(故郷を案ずる気持ちは)理屈じゃない」と理解を示すなど思いやりもある。
一方で自分が中心になるのが苦手という一面もあり、参入直後は仲間達の輪の中に積極的に入ってこようとしていなかった。曰く、「心を許せる友達はいなかった」「利用されてるって感じ」だったらしく、自分の事を友達と言ってくれた友奈の態度に「優しさがしみる」とつぶやいていた。このような言動から、地元では支えてくれる仲間に恵まれず、ずっと孤独で戦い続けてきた事が伺え、自分が中心になるのが苦手なのも、勇者として打算含みで持ち上げられる日々によって最近になって培われた可能性がある。
やがて異世界での勇者部の仲間達との日常に愛着を抱くようになるが、反面、それが却って元の西暦世界に対する想いを薄れさせている節も見られる。香川での戦いが最終局面に差し掛かる頃には「もう北海道に帰りたくないな。あそこは寒いよ、色々と……」とまで零すようになり、以降、戦いの大きな節目を迎える度に複雑な表情を見せている。
以上の経緯から、「その内裏切るのでは?」と懸念するプレイヤーもいるが…?

旭川市出身というだけあって醤油ラーメンが好物で、ひそかな野望として「うどん県の香川にラーメンを布教すること」を挙げている(本人いわく「そういうの(布教)は得意」)。実際に彼女がうどん調理担当として登場すると、大成功で出るものは旭川ラーメンである。一方で樹の「スペシャルうどん」を前にすると、彼女は「用事を思い出した」と言ってその場を去ろうとしてしまう。結局食べることになったようだが。

いわゆる歴女であり、各地の城を巡りながら当時に思いを馳せるのが大好き。作中では同じく歴史好きの鷲尾須美東郷美森に北海道の城(五稜郭)の話をする場面がある。本人いわく「(過去の人間達が)どう生きてどう死んだのかが自分の生き方の参考になるし面白い」とのこと。

裁縫の腕前はかなりのもので、文化祭イベントでは、一同の衣装を仕上げる活躍を見せている。「ファッション好きで、こういうこともやっていた」とは、本人の談。
また、他人のコーディネートをするのも好きであり、曰く「素材はいいくせにおしゃれに無頓着な子を見るといろいろやりたくなる」との事。ファッション関係の仕事に憧れた事もあったらしい。

クリスマスイベントにおいてからは貧乳認定を受けていることが明らかになっているが、あのメンバーの中で「大きい」人達がブッ飛んでいるだけであり、勇者服の立ち絵を見れば、同年代としてはむしろ「ある」方であることがわかる(これは同時に貧乳認定が判明したもう一人にも言える)。
ただし、普段はゆったりした服装を好んでいるため、日常でそのスタイルの良さが取り上げられる場面は少なめ。

ちなみに彼女の出身地を見れば当然だが、寒さには強く他のメンバーが寒さで動けなくなる中涼しい顔をしていた(これは彼女に限らず、歌野や杏も平気だった。東郷はどこぞの雪中行軍のような言葉を口走り別世界にトリップしていた)。
一方で、台所の黒いアイツはダメ(北海道にヤツは生息していないので猶更耐性がないのであろう)。また、水泳もあまり得意ではないようだ。北海道の夏は短い上に彼女は内陸部出身のため、水泳が苦手なのは仕方ないかもしれない。さらにラーメンは作れるようだが料理に関してもそれほど得意ではないらしく、林間学校イベントでは水都以外に料理のできそうなメンバーがいないとコメントしていた。

勇者としては

秋原雪花


「秋原雪花、そこそこにやりまっせ!!」

モチーフとなる花は「ペチュニア」。変身後はアイヌの民族衣装を彷彿とさせる衣服となる。武器は投げ槍で、遠距離と近距離の両方に対応できる。
精霊は「桂蔵坊」。後に追加されたSSRカード「トラディショナルスタイル 秋原雪花」では「コシンプ」が登場した。

雪花が加護を受けている北海道の土地神(カムイ)は、神樹を構成する神々とは系統が異なるため、精霊とテレパシーで会話できるなど独自の能力を持つ。

ゲーム中での性能

ストーリーをある程度進めるかガチャで入手が可能。
遠距離型だが彼女の最大の個性は遠距離型最大のCT率と圧倒的な手数
前述の個性のおかげで他の遠距離型キャラを寄せ付けないほどの火力を得ている。
このゲーム、CTで敵を倒すたびに敵の出現総数が減少していくためCTを鬼のように連発できる彼女がいれば大抵のステージのスピードクリアが可能なほど。特に同じく手数に特化したと組ませようものなら「近接組の出番がほぼ皆無」「相性次第ではステージボスすら単騎で秒殺」という圧倒的手数が実現する。
それを理由にサービス開始後に付いたあだ名が
通称:「闇眼鏡」(カードの大半が闇を連想させる紫属性だったことと、仄暗い背景設定から)
※なお、本ゲームの属性は色で決まっているため、闇属性は存在しない
難点は低い防御力と吹っ飛び耐性。また必殺が使いづらく倍率も低いため通常での殴りに特化しているともいえる。

関連人物

参戦して間もない頃、人懐っこい人が多い勇者部に戸惑った雪花を気遣い、部屋を貸してくれた。
その件と、「普段のツッコミが冴えている」という理由からバレンタインイベントでチョコを渡した。

城好き仲間。
周囲からはいつの間にか距離が縮まったように見えたようで、土居球子に指摘された事もある。
同じ誕生月かつ同じように自分を出せない性分から、誕生日イベントにて気が合う一面を見せた。
親戚が農家という事で彼女の農作業を手伝う羽目になる事が多い。ただ雪花自身は何だかんだ言いつつ付き合ってくれる。
常に農業が頭の中心にある彼女のファッションセンスには呆れており、1周年イベントにて「農業をするアイドルユニットを作る」などの例えでファッションに興味を引かせようとしたが…
前述したように、行動を共にしている事が多い残念ニヒル。
彼女には男装が似合うと評している。

関連項目

結城友奈は勇者である

pixivに投稿された作品 pixivで「秋原雪花」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 46020

コメント