ピクシブ百科事典

勇者(勇者であるシリーズ)

ゆうしゃ

ここでは『勇者であるシリーズ』に登場する勇者について解説する。
目次[非表示]

概要

バーテックスを倒せる唯一の戦士。地の神に選ばれた、心優しく無垢な少女達が変身する。
彼女達がバーテックスと戦う事は、総じて「お役目」と呼ばれている。

勇者システムというアプリを使用して変身し、神の力を宿した専用の武器を携えて戦う。
ただ、勇者システムがなければ勇者ではないという訳ではない。そもそも勇者システム自体後付けという形で作られたものであり、初期の勇者達は覚醒して間もない頃神の力を宿した武器のみで戦っていた。その際の力をさらに高める目的で「変身」を追加したのが勇者システムである。
実際、勇者システムを使わずに終わった勇者も何人か存在する。

登場して間もない頃は一般にも存在が知られており「勇者様」と呼ばれマスコミへの出演や一般に披露する演武も行っていたが、ほんの数年で四国以外の勇者は全滅、四国では神樹が展開する樹海で戦う事になった事や、やがて世界の真実が隠された事も重なり、時代が進むにつれて「人知れず戦う戦士」となっていった。
ただ『鷲尾須美は勇者である』では、「神樹様の大切なお役目がある勇者」である事だけが周囲に知られている。『楠芽吹は勇者である』では「人知を超えた天災や事件が起きた時に、神樹様から力を授かって立ち向かう存在」とぼかした表現で説明されていた。

時代ごとに「友奈」の名を持つ勇者が複数登場している。

各時代の勇者

乃木若葉の章

西暦2015年のバーテックス出現(終末戦争)に合わせて覚醒した勇者達。
四国以外でも、長野北海道沖縄に存在していた事が判明している。前述したように四国以外の勇者は全滅、この間に力を蓄えた四国の勇者達は改造された丸亀城を拠点として四国の防衛に当たった。


???

年号が神世紀に変わり、しばらくバーテックスが出現しなくなった時代は勇者システムが封印されていた事もあり、本当の意味での勇者は存在しなかった
一応、神樹から力を授かった勇者に近しい者は存在していたが、時代背景的に他の時代の勇者達とは異なる存在らしい事が示唆されている。
彼女達がどのような存在だったのかは不明だが、瀬戸大橋付近(現実の瀬戸大橋記念公園に相当)に存在する『英霊ノ碑』には勇者達の名と並んで多数の名が『英霊』として刻まれている事から、少なくとも勇者に準ずる功績は残していた事がわかる。


鷲尾須美の章

およそ300年の時を経て再び出現したバーテックスと戦った、神世紀298年の勇者達。
全員が神樹館小学校に通う小学6年生であり、お目付け役も同校の教師が担当した。また、当時の勇者の選考には家柄も大きく関わっており、いずれも力のある名家の出身であった。
人数は少ないが絆は強く、勇者同士の内輪揉めが一切起きなかった唯一のチームでもある。


結城友奈の章』『勇者の章

神世紀300年の勇者達。
詳細は讃州中学勇者部を参照。

関連項目

巫女(勇者であるシリーズ)
防人(勇者であるシリーズ)

関連記事

親記事

勇者であるシリーズ ゆうしゃであるしりーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「勇者(勇者であるシリーズ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5529

コメント