ピクシブ百科事典

岩息舞治

がんそくまいはる

漫画「ゴールデンカムイ」の登場人物。(メイン画像手前の男性)
目次[非表示]

CV:三宅健太
「4人同時に殴ってきてほしいッ」

概要

アイヌの金塊の在り処を示した刺青を持つ網走監獄の脱獄囚の1人。坊主頭に大きな瞳が特徴的な筋骨隆々の巨漢。
暴力を自己表現やコミュニケーションの手段と捉えており、人生の大半を監獄の中で過ごしてきたという危険な男。この思想から監獄でも幾度となく看守相手に騒ぎを起こしている。尚且つ杉元佐一牛山辰馬と並び肉弾戦では作中最強クラスの実力を誇る武闘派。しかもドMの気があり殴られる程にヒートアップする。

性格

上述の性格からもわかるように、作中に多数登場する変態の一人。しかしその一点を除けば、弱者に暴力を振るう様な卑劣な真似や人を進んで殺害したりするなどの過激な行動は好まない紳士的な人物。どちらかと言うと、強い人間と戦いたいと言う戦闘狂武道家としての側面の方が強い。
また、殴り合いを通してアシリパを攫われたことで精神的に追い詰められていた杉元の心中を察し、彼に自分を許す様に諭すなど、カウンセラーとしての素質も持ち合わせており、最終的に杉元から「アンタは殺したくない」と言われるほど。

活躍

樺太で賭けスチェンカ(集団で殴りあう競技)に勤しんでいたが酒場のロシア人の企みでスチェンカに参加させられていた杉元、谷垣鯉登少尉月島軍曹らと出会い一行と闘う。

スチェンカが始まると杉元の強さに歓喜しながらも彼を打ちのめし、味方が全滅し屈強な日本兵4人にタコ殴りにされてもまるで堪えないばかりか逆にダブルラリアットで4人まとめてぶっ飛ばす圧倒的なパワーとタフネスを見せつける。

「俺………俺は…」

「俺俺俺俺俺俺俺俺俺俺!!
俺俺俺俺俺俺俺が不死身の杉元だぁぁッ!!」

…が、頭部に蓄積したダメージが原因で杉元が乱心。
いきなり岩息を蹴り倒し(キックは反則)、困惑する味方も殴り、怒って乱入した観客にも無差別攻撃を始め、挙げ句の果てには壁に掛けられていた凶器まで振り回し始めスチェンカが滅茶苦茶に。

同時に杉元一行が自身の刺青を狙っている事が発覚し涙ながらに逃亡したがクズリに襲われたり逃げ込んだバーニャで我慢比べ、暴走状態の杉元との一騎討ちなど混沌とした逃走劇の末に和解した。
元々金塊には興味が無かったようで、杉元達に刺青を写させた後は月島の勧めで金塊を狙う者達から逃れるために大陸を目指し西へと旅立つ。


余談

実は、作者の前作『スピナマラダ!』に登場する二瓶利光が杉元同様にラッシュを披露している。掛け声は「指導指導指導 指導指導指導 指導指導指導 指導指導指導」ついでに言うと最初のラッシュに入る前のくだりもゴールデンカムイと似ているのでパロディと思われる。(なお杉元のラッシュは拳だが、二瓶のラッシュは平手のビンタ)


関連人物

スチェンカで拳を交えた男。我を失いながらも自責の念に苛まれる彼と拳で心を通わせる。

杉元の同行者達。スチェンカの後バーニャでもシバき合いになったが途中自ら叩かれにいっていた。
刺青の囚人。アシリパと一緒に杉元について話している所を目撃した。
刺青の囚人で岩息が暴れるたびに抑止力として駆り出されていた。
岩息本人も網走監獄で唯一素手で自身を止められる牛山を好敵手として気に入っており、曰く「柔道は掴まれたら勝てないが殴りあいなら私が勝ったこともある」
網走監獄の看守。回想シーンで囚人と一緒に倒れており頻繁に岩息と牛山の闘いに巻き込まれていた模様。
樺太の監獄に収監されていた義賊。鎖一本で虎を撃退し岩息と正面から殴りあえる女傑。

関連タグ

ゴールデンカムイ
ザンギエフダブルラリアットが必殺技のロシア人でアニメ化において中の人ネタが成立した。
モハメド・アヴドゥル…こちらも中の人が同じで前述の通り杉元が登場作品のパロディをやらかした。

関連記事

親記事

ゴールデンカムイ ごーるでんかむい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「岩息舞治」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6432

コメント