ピクシブ百科事典

完全試合

ぱーふぇくとげーむ

完全試合とは、野球で一人のランナーも許さずに勝利すること。
目次[非表示]

概要

条件としては「最低でも9回まで試合を行い、打者に対し誰一人として、安打はもちろん四球、死球、振り逃げ、エラー等含めて1塁に進ませない」と言うもの。
延長になった場合は勝敗を決するまで続ける事を条件としており、引き分けになった場合は達成扱いされない。逆にコールドゲーム(=9回まで続かない)となった場合も同様。
NPB(日本プロ野球)では継投による達成は認めていないが、MLB(メジャーリーグ)では継投での達成は認めている(ただし2015年現在実際の達成例は無く、日本では後述の通り2007年の日本シリーズにおいて中日ドラゴンズが継投で達成している)。

その条件の難しさから、日本プロ野球界においては後述の槙原寛己以降、達成した者は居ない。
但し、あと一人と言うところまで行くには行ったが、最後の一人でフォアボールを出して消滅という事が2012年にあった(当事者は読売ジャイアンツ杉内俊哉。詳しくは「ノーヒットノーラン」にて)。

20世紀中の達成者はNPB所属者の方が多かったくらいだが、21世紀以降は(未遂は多いものの)全く達成されてないのに対し、MLBでは2012年の3人(フィリップ・ハンバー、マット・ケイン、フェリックス・ヘルナンデス)を含め、数度達成されている。
但し、日米を通じて同じ人物が複数回達成した例は存在しない

なお、オセロにおいては盤上を一色に染め上げて勝利することも完全試合と呼ぶことも。

主な記録達成者

※球団名は達成時。

投手名達成日所属対戦相手備考
藤本英雄1950年6月28日巨人西日本日本プロ野球で初達成、かつ最年長記録(32歳1か月)。青森の試合でカメラマンがおらず、試合の写真が残っていない事でも知られる
今井雄太郎1978年8月31日阪急ロッテメイン画像の人物。昭和最後の、且つ2015年現在パ・リーグ最後の達成者
槙原寛己1994年5月18日巨人広島2015年現在、日本プロ野球最後の達成者。ドーム球場での達成は日米を通じて初にして唯一
ジョン・リー・リッチモンド1880年6月12日ルビーレッグスブルース(消滅)プロ野球史上世界初の達成者
ドン・ラーセン1956年10月8日ヤンキースドジャース史上唯一、ポストシーズンでの達成

主な幻の達成者

投手名達成未遂日所属対戦相手備考
西口文也2005年8月27日西武楽天9回終了まで完全試合だったものの、味方が点を取れないまま延長で安打を許し、達成ならず。それ以前にも2度9回2死までノーノー状態にありながら阻止されるなど不運の代名詞と称される
山井大介岩瀬仁紀2007年11月1日中日日本ハム日本シリーズにおいて継投で達成。日本プロ野球のポストシーズンでは唯一の記録(継投の為参考記録扱い)。その後の山井については「ノーヒットノーラン」も参照


関連タグ

野球 プロ野球 MLB
ノーヒットノーラン:いわば完全試合の下位互換。こちらはフォアボールなどによる出塁を許しても、ヒットさえ打たれなければ達成可能なモノ。それでも中々お目にかかれない

pixivに投稿された作品 pixivで「完全試合」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9385

コメント