ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

テキサス・レンジャーズ

てきさすれんじゃーず

Texas Rangers(略表記:TEX)は、MLBに所属する野球チーム。1972年にテキサス州に移転した際に現在のチーム名に改称した。
目次 [非表示]

概要

MLBアメリカンリーグ西地区に所属する球団。

アメリカ合衆国テキサス州アーリントンのグローブライフ・フィールドを本拠地とする。

チーム名はテキサス州の法執行機関である『テキサス・レンジャー』に由来する(同じくレンジャーズを名乗るNHLチームとほぼ同じ由来である)。


歴史

1961年にワシントンD.C.を本拠地とする第2次ワシントン・セネタースとして発足し、テキサス州へは1972年に移転した。

チームマスコットのレンジャーズ・キャプテンの背番号が72なのは、このチーム移転の年に由来するものである。

後に千葉ロッテマリーンズを率いてアジアシリーズを制するボビー・バレンタインが1985年から1992年まで監督を務め、また1989年から1998年までは、後にアメリカ合衆国大統領となるジョージ・W・ブッシュ(息子のほう)がオーナーだった。

打高投低のチーム状態が長く続き、1960年代から1980年代は弱小球団として優勝争いとは無縁なシーズンを送っていた。

1994年には地区首位に立ち、初の地区優勝(プレーオフ進出)が見えたもののストライキの影響で地区優勝とはならなかった。なお、この年のアメリカンリーグ西地区はMLB史上初の所属全球団が負け越したディヴィジョンとして記憶されている(その後、現在に至るまでMLBでは負け越した状態で地区優勝したチームは無いが、2020年にブルワーズアストロズがレギュラーシーズンを負け越したくせにポストシーズン進出を決めている)。


1996年、チーム創設から36年目にして初の地区優勝。そんなに地区優勝が嬉しかったからなのか、この時に監督を務めていたジョニー・オーツの背番号26は、キャリアを通じてディヴィジョンシリーズを勝ち上がれなかったにもかかわらず、球団の永久欠番となった。


往年の奪三振王にして暴投王のノーラン・ライアンがチームの経営に参加していた2010年に初のリーグ優勝。2011年もリーグを連覇して2年連続でワールドシリーズに出場したが、いずれも敗退した。特に2011年はワールドシリーズ制覇まであとアウト1つ(ストライク1つ)の場面が2度も訪れたのに、そこから逆転負けしている。

ライアンがチームを去ると成績は下降線を描く。皮肉なことに、その直後にライアンを迎え入れたヒューストン・アストロズは躍進を遂げ、レンジャーズよりも先にワールドシリーズを2度(2017年と2022年に)制覇している。


2023年はレギュラーシーズン終了直前まで地区首位に立ちながら最終戦でアストロズに逆転され地区優勝を逃した(※)ものの、ワイルドカードから勝ち進み、リーグチャンピオンシップシリーズではそのアストロズに4勝3敗で打ち倒しチーム12年ぶりのワールドシリーズ進出。さらにDバックスも下してチーム創設から63年目で初めてワールドシリーズ制覇を果たした。この年のポストシーズンで記録したビジターで11連勝(ALWC2勝、ALDS2勝、ALCS4勝、WS3勝)はMLB最長記録(および単年でのポストシーズン最多勝利)となっている。


※) レンジャーズ、アストロズ共に90勝72敗だったが直接対決の戦績が4勝9敗だった為にレンジャーズが下位になった。


主な球団関係者

永久欠番


日本人選手

伊良部秀輝

大塚晶文

建山義紀

上原浩治

福盛和男

藤川球児

ダルビッシュ有

有原航平


NPBに在籍経験がある主な人物

ボビー・バレンタイン(元千葉ロッテ監督)

コルビー・ルイス(元広島

トニー・バーネット(元ヤクルト

クリス・マーティン(元日本ハム

アドリス・ガルシア(元巨人


関連項目

ダラス=フォートワース複合都市圏を本拠地にするチーム


「レンジャーズ」の名前を持つチーム


野球 MLB アメリカンリーグ

関連記事

親記事

アメリカンリーグ あめりかんりーぐ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2965

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました