ピクシブ百科事典

アメリカ合衆国テキサス州アーリントンを本拠地とする球団。
アメリカンリーグ西地区所属。

1961年にワシントン・セネタース(2代目)として発足し、1972年にテキサスに移転した。
チームマスコットのレンジャーズ・キャプテンの背番号が72なのは、このチーム移転の年に由来するものである。
後に千葉ロッテマリーンズを率いてアジアシリーズを制するボビー・バレンタインが1985年から1992年まで監督を務め、また1989年から1998年までは、後にアメリカ合衆国大統領となるジョージ・W・ブッシュ(息子のほう)がオーナーだった。
長らく弱小球団として過ごしていたが、1994年に遂に地区首位に躍り出た。しかしストライキの影響で地区優勝とはならなかった。なお、この年のアメリカンリーグ西地区はMLB史上初の所属全球団が負け越したディヴィジョンとして記憶されている。残念なことに、それ以前もこれ以降も、リーグやディヴィジョンを問わず負け越しで地区優勝を決めた、或いはワイルドカードをゲットしたチームは出ていない(つまり、負け越しながらポストシーズン進出を果たしたチームは現在まで1つも無い)。
1996年、チーム創設から36年目にして初の地区優勝。そんなに地区優勝が嬉しかったからなのか、この時に監督を務めていたジョニー・オーツの背番号26は、キャリアを通じてディヴィジョンシリーズを勝ち上がれなかったにも関わらず、球団の永久欠番となった。

往年の奪三振王にして暴投王のノーラン・ライアンがチームの経営に参加していた2010年に初のリーグ優勝。2011年もリーグを連覇して2年連続でワールドシリーズに出場したが、いずれも敗退しているため世界一はまだない。特に2011年はワールドシリーズ制覇まであとアウト1つ(ストライク1つ)の場面が2度も訪れたのに、そこから逆転負けしている。
ライアンがチームを去ると成績は下降線を描く。皮肉なことに、その直後にライアンを迎え入れたヒューストン・アストロズは躍進を遂げ、2017年にはワールドシリーズまでも制覇している。

日本人選手はこれまでに伊良部秀輝大塚晶文建山義紀上原浩治福盛和男藤川球児ダルビッシュ有が所属していた。またコルビー・ルイストニー・バーネットクリス・マーティンといったNPBで経験を積んだ投手との契約も多い。

関連記事

親記事

アメリカンリーグ あめりかんりーぐ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「テキサス・レンジャーズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 551

コメント