ピクシブ百科事典

目次[非表示]

ナショナル・リーグ東地区に所属する球団。
元々はカナダのケベック州モントリオール本拠地を置くモントリオール・エクスポズだったが、2005年にアメリカ合衆国ワシントンD.C.に移転したことによって誕生した。

移転初年度は、81勝81敗で勝率5割ながらナショナルリーグ東地区の最下位に沈んだが、観客動員数が269万2123人を記録。これはエクスポズ・ナショナルズを通じて、年間観客動員数の球団史上最多記録となっている(2017年シーズン終了時点)。
2008年2009年と2シーズン続けて年間100敗以上を記録してしまうが、これで得たドラフト会議の全体1位指名権を活かしてスティーヴン・ストラスバーグブライス・ハーパーを指名して契約。彼らがメジャーに定着するとチーム成績も向上し、2012年シーズンにはワシントンD.C.移転後初、エクスポズ時代から通算すると実に31年ぶりなる地区優勝を果たす。ここから2017年シーズンまでの6年間で4度の地区優勝を飾るも、ことごとくディヴィジョンシリーズで敗退。ワイルドカードでポストシーズンへ進出した2019年に5度目の挑戦で初めてディヴィジョンシリーズを勝ち抜け、その勢いで初出場となったワールドシリーズを制覇した。この年のワールドシリーズの4勝は全て敵地で挙げたものであり、本拠地ではワールドシリーズ未勝利である(この形の星取りはワールドシリーズ史上初)。

エクスポズとして創設された1969年からワールドシリーズ初出場までに51年かかっており、最も年数を要した球団である(未だ進出したことがないマリナーズを除く)。

チーム名

ナショナルズというチーム名は、ワシントンD.C.に縁あるものだが、過去に複数存在したナショナルズは、いずれも成績不振や経営難から短命に終わっている。また、現在のミネソタ・ツインズの前身となる球団もワシントンD.C.を本拠地としていた時代に、このチーム名を自称していた時期があったが、メディアがそれを無視してセネタースの名を使い続けて定着させたと言われている。

日本人選手

エクスポズ時代に在籍した選手

大家はナショナルズとなった直後まで在籍していた。

傘下のマイナーに在籍した選手

  • 鷲谷就也 (2010年)

MLBドラフトで指名を受けた日本人史上2人目の選手(2009年の14巡目)。出身高校は駒大苫小牧で田中将大と同期だった。

関連記事

親記事

ナショナルリーグ なしょなるりーぐ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ワシントン・ナショナルズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1656

コメント