ピクシブ百科事典

吉井理人

よしいまさと

元プロ野球選手、メジャーリーガー。

概要

和歌山県出身。箕島高から1983年ドラフト2位で近鉄バファローズに入団。この年の近鉄の同期には小野和義村上隆行光山英和らがいる。

2年目の1985年に一軍デビュー。4年目の1987年にプロ初勝利を挙げる。
1988年は抑えとして24セーブを挙げ、最優秀救援投手のタイトルを獲得。10.19にも登板していた。
1993年に先発に転向、1995年西村龍次との交換トレードでヤクルトスワローズに移籍する。この年は初めて規定投球回に到達し、チームの優勝にも貢献した。1997年までの3年間で2ケタ勝利を記録し、この年のオフにFA権を行使してMLBニューヨーク・メッツと契約。
メジャーではメッツ、コロラド・ロッキーズモントリオール・エクスポズでプレーし、5年間で32勝47敗、防御率4.62の成績を残す。

2003年オリックス・ブルーウェーブに入団。この年は初の開幕投手を務めるが2勝どまり。翌2004年は3試合登板にとどまりオフに戦力外通告が出されたが、球団再編でブルーウェーブがオリックス・バファローズになり、かつて近鉄でプレーした際に指揮を執っていた仰木彬が監督に就任するに伴って春季キャンプ中にテストを受ける。結果合格し、この年は6勝。翌2006年は7勝を挙げる活躍を見せた。
2007年は不振で中継ぎに降格、6月28日平下晃司とのトレードで千葉ロッテマリーンズに移籍。そこで3試合登板にとどまり、オフに戦力外通告を受けて引退した。

2008年からは北海道日本ハムファイターズの投手コーチを務める(2010年のみ二軍、それ以外は一軍)。2012年オフにファイターズを退団する。



人物

ブログをやっており、そこでは趣味である競馬についてよく語られている。口調は独特で、一人称は「わし」。
が苦手で、ヤクルト・オリックスと一通り落雷を経験してその後派手に炎上している。

ブログでは厚澤和幸コーチをよくオチに使う。また、選手に変わったあだ名をつけることがある。
例:モジャパーアントニオ建山ぶーやん

ではうま味紳士と呼ばれている模様。理由は館山昌平と同じく顔が似ているだけで何の関係もないので注意。
また、多田野数人とセットでアッー!なコメントがつくことも。どうしてこうなった

pixivに投稿された作品 pixivで「吉井理人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 169

コメント