ピクシブ百科事典

三塁打

さんるいだ

野球、ソフトボールなどで、1度のヒットで打者が3塁まで到達する事

概要

スリーベースヒットとも言われ、本塁打より希少な存在である。

ノーバウンドで柵を越えさえすれば無条件で本塁打となるのと違い、
外野手の頭上を越えるくらいの当たりで、打者の足が速く、かつ守備が良くなかったり、弱肩だったりしないと達成が難しいとされる(かつ三塁まで到達してもエラーが絡むと、三塁打にならない場合もある)。どのくらい希少かと言えば、日本プロ野球最多通算本塁打は868本なのに、最多通算三塁打は福本豊の記録した115本と単純に見ても1/8であり、シーズン記録も本塁打55本に対し、18本である。
日本プロ野球初期は本塁打より多い時期もあったが、年々長打力が増していき、守備力向上や人工芝導入で打球がバウンドで方向が突然変わるような事が減少した事などもあり、昭和20年代の1試合あたりの三塁打率0.8本に比べると、半分以下になっているほか、シーズンに14本を超える三塁打を打った選手が1953年から2018年まで実に66シーズンにわたり出ていなかった(三塁打13本の選手は時折出ていた)。
ゆえに、三塁打は年間で数試合しか野球観戦しないような人間だと、お目にかかった事がないのではないかというくらい少ない記録となる。

サイクル安打のうち、達成するのが困難なのがこれであり、本塁打、二塁打安打を打ったけど、三塁打だけ打てずに達成出来なかったという例も数多い。ちなみに本塁打を2本打って、そのうち1本でホームベース踏み忘れをすると、三塁打扱いとなるが、その例は今の所存在しない。また、打球に対して、守備側がグロ-ブを投げつける行為をすると、三塁打となる。

また意外に難しいのが、三塁打によるサヨナラゲームで、これには理由があって、通常なら三塁まで到達出来る当たりであっても、条件によっては三塁に行くまでに試合終了となるからである(同点の場面で三塁に走者がいた場合など)。ただしあくまでサヨナラのランナーが本塁に到達するまでのインプレーとなるため、本塁到達より三塁に到達する方が早ければ、三塁打扱いになるので先の条件(同点で三塁にいた場合)だと、三塁ランナーが本塁に到達するまえに三塁に到達すれば(通常あり得ないが)、ルール上ではサヨナラ三塁打は可能である。

関連記事

親記事

野球の記録一覧 やきゅうのきろくいちらん

兄弟記事

コメント