ピクシブ百科事典

国鉄スワローズ

こくてつすわろーず

東京ヤクルトスワローズの前身球団。1950年に創設されて、1965年に産経新聞に身売りするまで存在したプロ野球チ-ム。
目次[非表示]

現在の「東京ヤクルトスワローズ」の源流のプロ野球球団。
ここでは、国鉄時代の球団史も掲載。

球団史

国鉄の球界参入と「400勝投手」金田正一の入団

1949年シーズンオフ、プロ野球の2リーグ分立に合わせて国鉄こと日本国有鉄道が球団を設立。日本国有鉄道法の関係で国鉄自体が親会社になることができなかったため、外郭団体が主体となって1950年セ・リーグに加盟する。球団は孫会社扱い。

参入・新球団設立が他球団より遅かった(後にできた球団は1954年高橋ユニオンズ2004年オフに東北楽天ゴールデンイーグルスの2つだけ)ため選手の確保がままならず、鉄道局野球部の選手やアマチュア在籍者をかき集めるよりほかがなく、戦力は著しく低かった。そのためチームは恒常的に貧打に悩まされながらも、1950年途中に入団した金田正一の活躍に支えられ最下位になることは少なかった。

1961年に初のAクラス入り、勝率5割を記録。しかし国鉄時代は1961年以外はAクラス入りできず、1963年にフジサンケイグループとの経営譲渡問題が浮上すると金田は10年選手制度(現在でいうFAのようなもの)を行使して読売ジャイアンツに移籍。結果経営意欲を喪失した国鉄は1965年途中に産経新聞へ球団譲渡。チーム名をサンケイスワローズとしている。

国鉄時代の主な主力選手は中村栄森谷良平宇佐美一夫土屋五郎佐藤孝夫宇野光雄町田行彦宮地惟友飯田徳治豊田泰光ら。

国鉄野球の歴史

日本において最初の本格的な日本人の野球チームは「新橋アスレチック倶楽部」である。このチームはカーブを投げた初の日本人平岡ひろしが国鉄新橋駅の職員を集めて1878年に結成した。しかし、1888年に平岡が国鉄を辞めて以降組織は衰退し自然消滅した。
しかし、これが呼び水となり各鉄道管理局に野球部が誕生した。戦後、選手の引き抜き阻止と国鉄団結の象徴として国鉄野球部オールスターズとして国鉄スワローズが誕生した。その後、管理局の野球部は国鉄解体による統廃合を経て、JR東日本に7チーム、他のJR5社(北海道、東海、西日本、四国、九州)に1チームずつとなっている。またJR北海道は北海道日本ハムファイターズに若干出資しているほか、JR通信を継承したソフトバンクが現在福岡ソフトバンクホークスを運営している。

スワローズの由来

都市伝説に「当初『コンドルズ』というチーム名案があったが、国鉄が“混んどる”のでは語呂が良くないため、“座ろう”ズというチーム名になった」というものがあるが、これは漫才師がネタ中に披露したジョークが一人歩きして広まったものとされている。
この都市伝説はのちにテレビ番組『トリビアの泉』でも取り上げられており、球団に確認したところ全くのデマであることが判明している。実際の球団名の由来は、当時の国鉄東海道線を走った特急つばめ号(現在の九州新幹線の名称)であり、その車両の由来であるツバメをさす英単語・Swallowである。
このつばめ号が、球団設立時点で国内で最も速い鉄道とされており、つばめ号やツバメの飛ぶ速さのようにスピードに勢いのある球団に、人家や軒下に巣を作ることが多いツバメのように人々にとって身近な存在でいられる球団になってほしい、という2つの願いを込めて採用された(1992年にベースボールマガジン社から出版された球団史を参照)。
ちなみに、球団史によると、国鉄職員からの球団名公募において、その他に有力な名称案としては当時の国鉄の紋章から「キリバース」という案が出されていたという。
なお、南海ホークスの名称案の一つとして実際に似たような発想(「混んどる」ほど多くの乗客に乗ってほしい)で「コンドルス」が有力視されたという逸話があるが、こちらは球団史にも載っている歴とした実話である。

関連項目

ジェフユナイテッド千葉:後継会社の一つであるJR東日本が持つJリーグのチーム。
つばめ(列車名)

関連記事

親記事

かつて存在したプロ野球チーム かつてそんざいしたぷろやきゅうちーむ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「国鉄スワローズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3863

コメント