ピクシブ百科事典

高橋ユニオンズ

たかはしゆにおんず

1950年代半ばの3年間存在した日本のプロ野球チーム。日本プロ野球史上唯一、オーナーの姓が盛り込まれたチームであった。
目次[非表示]

概要

オーナーは戦前黒鷲軍(旧後楽園イーグルス)のオーナーであった高橋龍太郎であり、チーム名はかつて彼が経営した会社・大日本麦酒(現在のアサヒビールおよびサッポロホールディングス)が発売した「オリオンビール」から取られた。

1954年のシーズン開幕前に株式会社高橋球団を設立。パ・リーグの他の7球団(当時)から若手を集めようと申し合わせがされたものの、実際には酒豪で手を焼く選手や戦力外の選手が多かった。こうしてチームは結成した。

川崎球場を本拠地としていた。選手が寄せ集めのためチームの成績は大変弱く、初年度(1954年シーズン)こそ6位ですんだものの、1955年(この年だけトンボ鉛筆と提携し「トンボユニオンズ」で臨んだ)および1956年は8位(最下位)に終わった。

観客動員数はかなり少なく、3年で阪神タイガース対読売ジャイアンツ戦9試合分だったという。

資金繰りの悪化や8チームでの試合編成が多すぎたことから、1957年2月26日岡山県岡山市岡山県野球場で行われていたキャンプ中に解散となった。ユニオンズは大映スターズに吸収合併、さらに1958年3月10日に毎日オリオンズに吸収合併し、毎日大映オリオンズ(大毎オリオンズ)となった。
高橋ユニオンズOB佐々木信也は合併に関し、「チームが大映ユニオンズ15人、東映フライヤーズ6人、近鉄パールス4人、解雇7人に引き裂かれたという経緯上、球団解散に表現を改めるべき」と主張している。

参考資料

wikipediaの該当項目

外部リンク


関連タグ

東北楽天ゴールデンイーグルス:ユニオンズ解散から50年ほど後の2004年11月、同様の経緯で新規参入した球団

関連記事

親記事

かつて存在したプロ野球チーム かつてそんざいしたぷろやきゅうちーむ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「高橋ユニオンズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1079

コメント