ピクシブ百科事典

毎日大映オリオンズ

まいにちだいえいおりおんず

「千葉ロッテマリーンズ」の源流のプロ野球球団。略称「大毎オリオンズ」。
目次[非表示]

概要

現在の「千葉ロッテマリーンズ」の源流のプロ野球球団。
パ・リーグに1958年より1963年まで存在した。正式名称は「毎日大映オリオンズ」だが、略称では「大映」と「毎日新聞」が入れ替わっている。
本拠地は後楽園球場、のちに東京球場に変更。

球団史

1958年に大映ユニオンズ毎日オリオンズが合併。形式上は対等合併だが、実際のところは大映ユニオンズが毎日オリオンズを救済合併した形であるとされている。それまでの歴史は各記事を参照。
オーナー毎日新聞社(1960年まで)および映画会社「大映」社長の永田雅一(ワンマン社長、永田ラッパの愛称があるくらいの大ぼら吹き)であった。

1959年には2位となり、初の生え抜き監督であった西本幸雄が監督になった1960年にはリーグ優勝する。しかし、日本一を逃してしまいその件でオーナーが激怒、監督は更迭されてしまい、さらには、宣伝広報担当として期待されていた毎日新聞社も経営から手を引き、結果チームは低迷期に入る。

1962年にオーナーが私財で東京都荒川区南千住に東京球場(東京スタジアム)を建設し、本拠地をそこに移したものの、チーム低迷と読売ジャイアンツ黄金期によるセ・リーグ偏重により観客は減少したといわれる。
1964年、チーム名を東京オリオンズに変更したため、このチームはなくなった。

関連タグ

毎日オリオンズ:1949-1957
大毎オリオンズ:1958-1964
東京オリオンズ:1964-1969
ロッテオリオンズ:1969-1991
千葉ロッテマリーンズ:1992-

かつて存在したプロ野球チーム
高橋ユニオンズ トンボユニオンズ 大映スターズ 大映ユニオンズ
金星スターズ ゴールドスター

関連記事

親記事

かつて存在したプロ野球チーム かつてそんざいしたぷろやきゅうちーむ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「毎日大映オリオンズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 214

コメント