ピクシブ百科事典

鶴岡一人

つるおかかずとまたはかずんど

鶴岡一人(1916年-2000年)は日本のプロ野球選手(内野手)・監督、野球解説者。

広島県呉市出身。
1年先輩である浜崎忠治(浜崎真二の弟)と仲間になり野球を始める。同学年の藤村富美男は呉市の隣の小学校で当時からのライバル。

鶴岡は広島商業学校(現:広島県立広島商業高等学校)に進学し、1931年に遊撃手として第8回選抜中等野球大会で全国制覇、1933年の第10回選抜大会はエース兼4番打者としてベスト4。

法政大学では1年からレギュラー出場、法政初の連覇に貢献するなど花形スター・主将として活躍。

1939年、大学卒業と共にプロ野球入団の「第1号」選手として南海軍に入団。この時代、プロスポーツは卑しいと見なされており、法大野球部OBからは「大学を出ておきながら野球芸人になるとは何事か」と反発があったが、「徴兵されたら生きて帰れるかわからない。だからそれまでは好きな野球を目一杯やりたい」と押し切った。

入団1年目にして主将に抜擢され、3番・三塁手として本塁打王(10本)も獲得、一躍スター選手になるも1940年に召集されて陸軍高射砲連隊へ入隊し、5年間従軍。

戦後の1946年に復員。29歳で監督就任を要請され、同年から1952年まで選手兼任監督。
戦後の混乱状態の中、野球のみならず選手の生活の面倒までを細やかに世話するなど「鶴岡親分」
と慕われた。また、「グラウンドにはゼニが落ちている。人が2倍練習してたら3倍やれ。3倍してたら4倍やれ。ゼニが欲しけりゃ練習せえ」のセリフも有名に。
(漫画『グラゼニ』の題名はここから取っている)

1949年には現在の育成枠の先駆けともいえる南海ファームを創設したり、1951年創設した南海土建野球部も近年増えるプロ二軍チームと社会人チームの交流試合の先駆けとなっている。
1952年限りで現役引退、以後監督業に専念。
1968年まで通算23年間にわたって指揮を執り、優勝通算11回、日本シリーズ制覇2回、同一球団の監督として指揮をとった期間は日本プロ野球史上最長、通算最多勝の1773勝(1140敗81分け)、最高勝率.609を記録。

選手の獲得、発掘に熱心でテスト生から野村克也広瀬叔功らを発掘、無名選手を育て、大学のスター選手や優秀な外国人選手を入団させ、彼らを率い強い結束力で常勝南海の時代を築いた。また1960年頃から、各地区に常駐のスカウトを置き、各地の有力選手を積極的に獲得しようと考えたり、1954年に元新聞記者をプロ野球初の専属スコアラーとして採用データ野球を行う。これが球界の近代化に大きく寄与することになる。

1965年には正式に球団勇退を表明。以後は他球団からの監督要請を辞退し、1969年から死去するまでNHKの野球解説者、スポーツニッポンの野球評論家を務める一方、鶴岡は少年野球の国際交流にも尽力し、1967年にリトルホークス(現・ジュニアホークス)を創設。1970年本拠地を大阪球場とするボーイズリーグ創設にも尽力した

1944年に最初の妻と結婚、山本に改姓した(婿入りではなかったが、舅から「姓だけでも同じにしてほしい」と懇願されたため、改姓している)。
1957年に妻が死去し、翌年再婚したことから、1959年のシーズンより鶴岡姓に戻っている。
長男(最初の妻の子)の鶴岡泰(山本泰)はPL学園や法政大学の監督、近鉄スカウトなどを務め、現在はマリナーズスカウトを務める。
次男の鶴岡秀樹はミズノ常務取締役。
この他最初の妻との間にもうけた長女を、1949年に事故により1歳7か月で亡くしている。

pixivに投稿された作品 pixivで「鶴岡一人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 173

コメント