ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

LIVE_THE@TER_FORWARD

らいぶしあたーふぉわーど

『アイドルマスターミリオンライブ!』のCDシリーズ第5弾。本記事では派生シリーズの「Instrumental」についても記載する。
目次 [非表示]

概要

 正式名称は「THE IDOLM@STER LIVE THE@TER FORWARD」。略称は「LTF」。

 『アイドルマスターミリオンライブ!』CDシリーズ第5弾にして、所謂『グリマス』としては最後のCDシリーズ。そのためか、これ以降「LIVE THE@TER」と名前につくCDシリーズは、リメイクである「LIVE THE@TER PERFORMANCE Remix」等を除き、新規に登場していない(2023年1月現在)。


 ミリオン4thライブ「TH@NK YOU For SMILE!!、及びグリマスのゲームシーズン「Brand New Stage編」と連動したCD。全3弾で、01~03の登場アイドルは実際のライブに於ける1日目~3日目の出演メンバーとなっている。また、CDタイトルに「Sunshine Rhythm」などのユニット名が初めて入るようになった。

 3~4人のユニットの名は十二星座に由来する。


01 Sunshine Rhythm

2016年12月7日発売。


02 BlueMoon Harmony

2017年1月11日発売。


03 Starlight Melody

 2017年2月15日発売。4thライブ同様病気療養中の田中琴葉種田梨沙は出演見送り(琴葉はCDジャケットイラストのみの登場、そしてドラマ内でも一言だけ話した)。

※琴葉は「スコーピオ」「Starlight Melody」所属であるが、本CD収録の音源は上記3人ないし12人のみのものとなっている。


 尚、765PRO ALLSTARSの13人は本来参加していないが、ゲーム中ではユニットとして参加している。

 Sunshine Rhythmに対応するユニットは「ソル」。メンバーは星井美希秋月律子高槻やよい双海亜美双海真美

 BlueMoon Harmonyに対応するユニットは「ルナ」。メンバーは如月千早我那覇響菊地真三浦あずさ

 Starlight Melodyに対応するユニットは「ステラ」。メンバーは天海春香四条貴音萩原雪歩水瀬伊織


Brand New Ver.

 以下の楽曲は、シアターデイズ開始以降に一部メンバーの歌唱分を加えた音源が「(Brand New Ver.)」と題して各配信サイトから配信されている。


※歌織と紬は本シリーズ開始時にそもそもいなかったため「追加メンバー」であるが、琴葉については演者の事情で音源がなかっただけであり各ユニットに所属自体は元々していたので注意。


Instrumental

 正式名称は「THE IDOLM@STER LIVE THE@TER FORWARD Instrumental」。

 LTFの各CDに収録の計15曲のオフボーカルが収録されている。「01」などのナンバリングはなくCD1枚に全音源が収録。

 2023年1月18日発売(受注締切は2022年12月4日)。



シアターデイズでの扱い

 イベント「プラチナスターシアター」において、「天体公演」と称されるシリーズの公演として実装される。

 2018年8月~10月に、各CDの全体曲である「サンリズム・オーケストラ♪」「brave HARMONY」「Starry Melody」が順に実装。その後、2019年1月から各ユニット曲が2~4ヶ月に1回のペースでコンスタントに順次実装されていたが、2020年2月の「メメント~」以降は10ヶ月間空く形となった。

 2021年3月の「P.S I Love You」でLTF02、2022年10月の「ゲキテキ!ムテキ!恋したい!」でLTF01が、そして2023年3月の「Sweet Sweet Soul」でLTF03がコンプリートとなり、全15曲が実装済みである。


 13人曲の通常のボーカルは12~13人のうち5人の選抜による音源。13人ライブでは「brave HARMONY」では白石紬、「サンリズム・オーケストラ♪」では桜守歌織、「Starry Melody」では琴葉を加えた、上述の歌唱版となる。また、「リフレインキス」も琴葉の音源を加えた「Brand New Ver.」における4人での歌唱版となっている。


 また、13人曲センターの3人は、木下ひなた、天空橋花、箱崎梨花、とそれぞれの公演のテーマを象徴するワードが名前に入るアイドルが抜擢されている。


 なお、本シリーズ由来の楽曲ではないが、2023年にGREE版には登場していなかった白石紬桜守歌織の「天体公演」用のユニット曲電波感傷が制作され登場した。


 更に、新イベントシリーズ「MOVEMENT OF "STARS"」の片割れ「ALLSTARS ASTROGIA」にて765PRO ALLSTARSの天体公演も開催

 イベントの全貌は未だ明らかでないが、第1弾の楽曲「SunRiser」を歌うのは上記の5人ユニット「ソル」である。


実装曲

 星座ユニットの楽曲は、アナザーアピールに名前の元ネタになった星座をモチーフにした振りやポーズが入る。「Raise the FLAG」では最後に弓を引くポーズを取り、「Bonnes! Bonnes!! Vacances!!!」では最初に腕を上下させるといった具合。


CD曲名実装日 (通常)メンバー
01サンリズム・オーケストラ♪2018年8月12日エレナ、可奈、翼、ひなた、美奈子
02brave HARMONY2018年9月11日歩、紗代子、朋花、麗花、静香
03Starry Melody2018年10月12日亜利沙、未来、星梨花、琴葉、風花
02Raise the FLAG2019年1月12日恵美、瑞希、歩
01Bonnes! Bonnes!! Vacances!!!2019年3月11日翼、美奈子、のり子
02プリムラ2019年5月11日昴、百合子、静香
01ランニング・ハイッ2019年8月13日エミリー、奈緒、ひなた
02待ちぼうけのLacrima2019年11月9日麗花、紗代子、ジュリア
03メメント?モメント♪ルルルルル☆2020年2月10日美也、まつり、未来
01NO CURRY NO LIFE2020年12月10日杏奈、可奈、莉緒
02P.S I Love You2021年3月11日可憐、朋花、千鶴
03リフレインキス2021年6月9日志保、海美、琴葉、亜利沙
03永遠の花2022年3月3日桃子、風花、このみ
01ゲキテキ!ムテキ!恋したい!2022年10月10日エレナ、育、ロコ
03Sweet Sweet Soul2023年3月10日茜、環、星梨花

 上記の後、『LTF』以外の天体公演の楽曲は以下の通り。

CD曲名実装日 (通常)メンバー
グッドサイン電波感傷2023/5/26紬、歌織
?SunRiser美希、律子、やよい、亜美、真美

コラボ

相模原市

 ※厳密にはCDシリーズではなく「Brand New Stage編」とのコラボであるが、便宜上本記事に記載。

 宇宙探査機「はやぶさ」「はやぶさ2」の故郷であり、「宇宙を身近に感じられるまち さがみはら」を標榜する神奈川県相模原市が、太陽・月・星にちなんだ名前・コンセプトを持つ「Brand New Stage編」の3チーム12ユニットとコラボ。

 2022年12月22日より第1弾として、相模原市内のスポットと各ユニットとのコラボ案を一般から募るTwitterキャンペーンを実施。それを基にコラボスポットを選定し、2023年2月23日~3月12日に第2弾として当該スポットにて「キャンサー」「ウィルゴ」「スコーピオ」の各ユニットとのコラボカードの配布、コラボグッズの販売などを行った。

 

 ミリマス初となる実在の自治体との公式コラボであることもさることながら、配信終了から4年以上が経過したGREE版『ミリオンライブ!』の用語である「Brand New Stage編」が再び公式で登場したことに驚きの声が多く上がった。

 コラボ担当者の熱量もあり企画は想定以上の盛り上がりを見せ、開始数時間でのアクリルスタンドの完売、更にコラボと一切関係ないうどんが売り切れるなどの珍事を引き起こした。


関連タグ

アイドルマスターミリオンライブ! シアターデイズ

アイドルマスターミリオンライブ!のCDシリーズ

THEiDOLM@STERのオリジナル曲一覧


TH@NK_YOU_For_SMILE!!


LIVE THE@TER DREAMERS / THE@TER ACTIVITIES

LIVE THE@TER FORWARD

MILLION THE@TER GENERATION

関連記事

親記事

アイドルマスターミリオンライブ!のCDシリーズ あいどるますたーみりおんらいぶのしーでぃーしりーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4352

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました