ピクシブ百科事典

鍵山雛

かぎやまひな

鍵山雛とは、『東方Project』に登場するキャラクターである。初出は『東方風神録』のStage 2ボス。
目次[非表示]

概要

登場作品は
第10弾『東方風神録 ~ Mountain of Faith.』 Stage 2 ボス 及び中ボス。
第12.5弾『ダブルスポイラー ~ 東方文花帖』 LEVEL 2 ターゲット(2-2、2-4、2-6)。
書籍『東方求聞口授 〜 Symposium of Post-mysticism.』 p.145-147。

種族厄神様
二つ名秘神流し雛) えんがちょマスター
能力厄をため込む程度の能力
危険度極高
人間友好度
主な活動場所玄武の沢無縁塚、中有の道等
テーマ曲運命のダークサイド
※ただし危険度、人間友好度等については東方Project登場人物の稗田阿求の評価である。

普通の神ではなく妖怪の一部。信仰を求めない(『東方求聞口授』)。「悲劇の流し雛軍団の長。厄払いで払われた厄を集めては、周りにため込んでいく。その為、彼女の周りには素人目にみても判るぐらいの厄が取り憑いている。彼女の近くでは、如何なる人間妖怪でも不幸に会う。
しかし、彼女自体は決して不幸にはならない。厄が再び人間の元に戻らないように見張っている(『東方風神録』キャラ設定.txt)。

近くに居るだけで人間も妖怪も不幸にするが、悪意はまるで無い。むしろ人間に対しては友好的な方で、厄を溜め込むのも人間に厄が行かないようにする為。この神について余り言及しても不幸になるという。
彼女に対するタブーは「見かけても見てない振りをする事」「同じ道を歩かない事」「自分から話題に出さない事」等多数ある。それを破ると厄が降りかかる。その場合はえんがちょ(人差し指と中指を交差させて「えんがちょ」と叫ぶ)しかない(『東方求聞口授』)。

東方風神録』ではStage 2のボス及び中ボスとして、妖怪の山の麓に広がる樹海に登場。
主人公たちのことは山へ迷い込んだ人間かと思いきや、危険な妖怪の山に単独で向かう無謀な人間だった。彼女らをこれ以上危険な目には合わせまいと思い、無事に帰すために主人公たちの前に立ち塞がる。
テーマ曲は「運命のダークサイド」。

二つ名

秘神流し雛」(風神録
えんがちょマスター」(ダブルスポイラー

種族

厄神様
種族名は「様」が付いている。二つ名は「秘神流し雛」、またのの名を「悲劇の流し雛軍団の長」。ダブルスポイラーでは「忌み嫌われた流し雛」。姫海棠はたては「最近噂になっている呪いの人形」の正体を雛のことだと思い、彼女のことを「呪われた雛人形」として記事を書こうとしている。

容姿

厄っとまわっていっかいてん
雛立ち絵描き直し 表情差分


髪は緑色(エメラルドグリーン)で、後ろからサイドにかけてすべてを胸元で一本にまとめている。
頭部にはフリル付きの暗い赤色のリボンを結んだヘッドドレスを着けており、リボンには何やら文字が書かれている。

ZUN曰く「ゴスロリ風」のドレスのような衣装を纏っている(衣装は真っ赤、フリルは白、髪は緑なので「赤・白・緑」のひし餅の色)。

服はいわゆるワンピース状で、襟は白、それ以外は赤を基調としている。袖はパフスリーブの半袖、襟は三角形で腹部にまで垂れている。スカート部分は真ん中よりやや下あたりで色がわかれており、上部分はほぼ黒に近い赤、下部分は純色の赤である(この部分は繋がっている)。裾には白いフリルが付いている。
スカートの左側には「」の字を崩したような、エメラルドグリーン色の渦巻きのマークがクロスした赤紐で留められている(アップリケ?)。足には、赤紐をクロスして留めた黒いブーツを履いている。左腕には、頭に付けているのと同じフリル付きの赤いリボンを巻いて片端を手首で垂らしている。

性格

 性格はよく判らない。
 でも、タブーに触れて不幸になってしまった人間の話を聞くと、明るくて人懷っこい性格だったという。
 (『東方求聞口授』)

東方風神録のMusic Room内のZUNによるテーマ曲コメントでは(ゴスロリ風ということで)「痛い感じ」(2面のボスなので)「頭が弱そうな方が……」と記されている。

能力

厄をため込む程度の能力

厄は人間を不幸にする思念体、不運の幽霊。不運は幸運の裏返しである。どちらも運が偏るだけでありほぼ同じものであり、不運を溜め込んだ彼女はある意味幸運の持ち主(『東方求聞口授』)。

流し雛と厄

彼女が厄を集める理由は、厄が彼女の力になるため。厄の負のパワー自体が彼女を動かす原動力。人間が雛人形に厄を乗せて川に流すという流し雛の風習を利用し、川下で全ての雛人形を回収して厄を集めている。その為、彼女の元には雛人形だらけになっているが、最近はそれをリサイクルする為にに売りに来ている。みんな無視するので無人販売所を設けている(『東方求聞口授』)。

弾幕を放っている間の雛は回りながら移動したり、雛の周囲を飛ぶ厄のようなものから弾幕が渦状に展開される。

対策

不運に抗う事は出来ない。怪我病気、破産、離別などあらゆる影響が考えられる。もし厄が付いたと思ったら神社お寺に厄払いを頼む必要がある。「おみくじを引いて大凶でも出せば少し話題作りになるのかも知れない」という(『東方求聞口授』)。

人間との関係

警告を聞かない人間を危険なに立ち入らせないため、彼女は霊夢に「私は人間の味方」と明言し、魔理沙には「人間を守るためにも~」という旨の発言をしている。

しかし霊夢には「妖怪は私の敵、あんたは妖怪」と断じられ、魔理沙には「えんがちょ」と言われる。

また現在幻想郷には、神社と呼べる施設は博麗神社守矢神社の2箇所しかないと語られている。

また、昨今では先述の流し雛について人間たちが豪華な雛人形を用いる傾向に対し、本来雛人形とは「厄を溜めて河に流す」いわば厄払いを目的とした使い捨てのものであるとしたうえで、豪華な雛人形は人々に流されることなくその代々にわたって厄をため続けることになることに懸念を示している。
雛曰く、「徐々に人間の里に厄が溜まっている」。
先述のとおり厄が集まらないことは雛にとって力が集まらないことも意味し、そこでなんとか厄を溜めた雛人形を川に流してもらおうと、雛は人間たちにとある商業的なカルチャームーブメントを仕掛けている。
花果子念報、第百二十三季 弥生の二報。『東方求聞口授』)

他キャラとの関係

前述の東方風神録で交戦したプレイヤーキャラクター以外の他、ダブルスポイラーにおいては射命丸文に評されている。彼女曰く「えんがちょマスター」・「忌み嫌われた流し雛」。

スペルカード

東方風神録

スペルカード名ENHLEX
厄符「バッドフォーチュン」
厄符「厄神様のバイオリズム」
疵符「ブロークンアミュレット」
疵痕「壊されたお守り」
悪霊「ミスフォーチュンズホイール」
悲運「大鐘婆の火」
創符「ペインフロー」
創符「流刑人形」


ダブルスポイラー

スペルカード名ステージ
厄野「禊川の堆積」LEVEL2 SCENE4
災禍「呪いの雛人形」LEVEL2 SCENE6


二次創作

「タブーが多くて余り触れたくない」「妖怪の一部」「信仰を求めたりしない」「非常に危険な存在」「見かけても絶対に触れないようにしよう」(以上『東方求聞口授』他)というのが原作での鍵山雛だが、二次創作では立派な厄除けのありがたい様とされる。
また原作設定における「本人は不幸にならないが他者に不幸をもたらす厄を集めるという性質のために人里から離れている」という点から、二次創作では悲劇のヒロインとしてとらえられることもある。

スカート部分は真ん中よりやや下あたりで色がわかれており、上部分はほぼ黒に近い赤、下部分は純色の赤である。この部分は繋がっているが、Pixivではよく上下にわけられて描かれる。

「回転」

いつもいつでもいつまでも、くるくる回っている。
雛には「回る」というイメージがつけられており、原作における雛がその移動や攻撃の際に回転しているように描かれている事に由来する。二次創作ではこの「回る」ということが、雛と回転にまつわるそれぞれの作品に様々な形で生かされている。
もちろん静止している雛の絵も多いし、誰かとコミュニケーションしてる際には回転しないことが多い。また、回転というともすればトラブルメーカーに付されるであろう特性を持ちつつも、それによって他のキャラクターに迷惑をかけるという展開があまり見られないのも、雛の二次創作の特徴と言える。

関連イラスト

風神録の音
緞
厄神様③
厄神様


きらきら
厄神様
魔法の森【入り口】
あなたの厄、引き受けます。



関連タグ

東方Project』 『東方風神録
秘神流し雛 ひなぱい 運命のダークサイド
雛祭り

衣装関連

ゴスロリ リボン ブーツ フリル

二次創作関連

フリル地獄 フリル天国 (この二つは鍵山雛のカリスマタグとしての機能もある)
鍵山ひにゃ クマ雛 ひなぱい ただし厄は胸から出る 厄神様マジ女神様 雛様 厄かわいい バニ山雛 これは厄い 厄袋

カップリング

ヒナレイ 雛マリマリ雛) ルー雛 雛チル 咲雛 ひなぱちゅりー 雛アリ ゆゆひな にと雛 ひなもみ 雛パル 雛メディ いくひな 雛霖 人形組 ゆゆひなは俺のモーストデンジャラスコンビ 雛パルは不幸中の幸い

日付/季節行事、企画

8月9日は厄神様の日 毎月17日は雛の日
東方雛祭り 厄リスマス
東方キャラの日 東方Project季節の行事絵一覧 東方企画目録

コラボレーション

厄神マジシャン 厄ルト

pixivに投稿された作品 pixivで「鍵山雛」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 45650662

コメント