ピクシブ百科事典

恋する小惑星

こいするあすてろいど

『恋する小惑星』は、4コマ漫画雑誌「まんがタイムきららCarat」で連載中の漫画作品。
目次[非表示]

みつけたい かなえたい 2人の約束の――

概要

芳文社4コマ漫画雑誌「まんがタイムきららCarat」で連載されている漫画作品。天文・地質などの地球科学を題材とし、主に地学部の部活動を行う主人公たちの姿を描く。
タイトルの「小惑星」はドイツ語または英語訳のAsteroidに由来し「アステロイド」と読む。
天文学や地質学に関する諸々の雑学なども多く、またJAXA筑波宇宙センターなど、実在する天文・地質学に関わる施設が何度か作中に登場している。

作者はQuro。2017年3月号から連載開始。既刊は2巻。

登場人物

星咲高校地学部

  • 木ノ幡みら(このはた みら)
恋する小惑星(アステロイド) 新連載おめでとうございます~☆彡


本作の主人公。天文班の1年生。天真爛漫・直情行動型の性格。
幼い頃、アオと名乗る少年と星空を見る中で、自分と同じ名前の星があること、アオと言う名前の星が無いことを知り、アオという名の星を見つけるべく新しい小惑星の発見という夢を約束し、以後天文学に興味を持った。
元々天文部に入部を希望していたが、入学の年に天文部は地質研究会と合併し「地学部」になっていたため、ショックを受けつつも地学部に入部し、そこで前述の約束を果たしたあおと再開する。

  • 真中あお(まなか あお)

お題系


天文班の1年生。幼い頃みらと小惑星発見を約束した本人。実は少年ではなく少女であった。
かつては「おしゃべり」なイメージを持たれていたが、小6の頃のとある言い間違いが原因で話すことが苦手な性格となってしまう。そのため現在のイメージは「クールビューティー」だが、みらのこととなると思わずにやけてしまうことも。
地学部の代替わりと前後してとある秘密を抱え、それを近くみら達に話さなければならないと思っているが――?

  • 森野真理(もりの まり)
天文班の3年生で地学部の部長(後、引退)。おっとりした性格で、皆のお姉さん役・まとめ役。
あだ名は「モンロー先輩」。名前の他、ホクロとおっぱいから取られた。その通り巨乳であり、お色気担当でもある。昨年の天文部時代最後の文化祭では「セクシープラネタリウム」と称しバニーガールのコスプレで接客を行っていた。
将来は宇宙飛行士となり、祖母が購入したの土地に降り立つのが夢。

  • 桜井美景(さくらい みかげ)
地質班の3年生で地学部の副部長(後、引退)。
あだ名は「桜先輩」。皆のツッコミ役でもある。真面目な性格で、真理たちが昨年行っていたセクシー路線の出し物に怒っていたほど。その真理とはなんだかんだで仲が良い。
同時にツンデレ傾向も強く、素直になったら「天変地異の前触れ」とまで言われた。
地質学の知識も豊富でその愛は本物だが、それ故に空回りすることも多い。また初期はみらやあおを地質班に勧誘するような一面もあった。
地頭も地学部では一番良いようで、大学には推薦で合格している。

  • 猪瀬舞(いのせ まい)
地質班の2年生。後に地学部の次期部長となる。地図が好きで、地図に沿って街の飛び地などを探検するのが趣味。ただそちらに気が散りやすく、目的地に到着する前に迷子になってしまうこともある。あだ名は「イノ(先輩)」。
小柄で小心な性格だが、その分体力は人一倍ある。文化祭で美景に地質図を紹介されたことがきっかけで入部した。美景のことを尊敬している。
撮る写真はブレブレなことが多い。

  • 遠藤幸(えんどう ゆき)
地学部顧問。
みら達を部室に紹介した後空き室で寝ていたり、バーベキューをやりたがるなど不真面目そうな描写も多いが、根は真面目で努力家らしい。教師になり立ての頃は苦労も多かったらしい。
近所のおじいちゃん・おばあちゃんたちには今でも暖かく見守られている。実の祖父も天文好きで、農家ではあるのだが農協の帽子の「JA」のロゴに自分の手書きで「XA」を足して被っている(そのため一瞬みら達にJAXAの職員と思われた)。なお幸の実家は、幸が合宿の宿代を浮かせるために登場している。

その他の人物

  • 鈴矢萌(すずや もえ)

星咲高校1年生でみらの幼馴染。あだ名は「スズ」。パン屋が忙しく地学部には入部していないが、文化祭の時には率先して手伝ってくれる。料理が非常にうまい。
みらに悪い虫がつかないか常時観察しており、近寄ってくる男の子に嫌がらせをするほどであったが、あおのことは「カワイイ女の子」なので許している。他に女の子のアレやコレの色んなデータ(3サイズから髪の香りまで)を採集しており、これが趣味らしい。

  • 木ノ幡みさ(このはた みさ)
星咲高校3年生で生徒会長。みらの実の姉である。
あだ名は特に無いが、萌からは「みさ姉」と呼ばれている。萌にとって憧れの存在。
女騎士か政治家かと感じるような喋り口調で大人物感があり、生徒会長を務めているだけあって才女。妹のみらとは頭の出来が相当違うため、周囲からは本当に姉妹かと疑われたほど。
反面数値化されていないことが苦手なようで、地学部の文化祭の出し物(地学部カフェ)としてパンケーキを出された際は適当な食レポとなってしまっていた。

余談

なお、作者のデビュー作「織姫ナンバー2」(まんがタイムきららcarat 2015年8・9月号掲載2話連続読切)も地学部を題材とした作品であった。

なお、彗星を新発見しても発見者の名前はつくが、それは基本苗字であり、また先行して見つけた三名の名が自動的に刻まれるシステムである。
一方の小惑星は命名権が発見者にあるとされ、10年以内に、一定のルールに従うという条件下で、発見者が名前をつけることが出来る。このことがみらとあおが小惑星発見の夢を約束したきっかけである。

ミラという名の星は、地球から約300光年離れた恒星として実在する。星の活動によって膨張・収縮が繰り返される脈動変光星の一種で、また実は連星(二重星)である。ついでに言えば、この星が属する星座「くじら座」付近を天体観測すると、よく小惑星が通り過ぎる。

TVアニメ

2019年2月28日、アニメ化決定が発表され、公式サイトとTwitterが始動した。
同年7月26日、放送時期が2020年1月放送開始であることが発表され、併せてティザービジュアルとメインスタッフが公開された。
同時にティザー状態だった公式サイトもリニューアルされている。

制作スタッフ

監督平牧大輔
シリーズ構成山田由香
キャラクターデザイン山崎淳
アニメーション制作動画工房


関連タグ

まんがタイムきららCarat
地学 天文学 天文部
科学館
2020年冬アニメ

外部リンク

アニメ公式サイト
アニメ公式Twitter
wikipedia

関連記事

親記事

Quro くろ

pixivに投稿された作品 pixivで「恋する小惑星」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8651

コメント