ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ラーメン大好き小泉さん

らーめんだいすきこいずみさん

それは、一人のラーメン戦士がひたすらラーメン店を探し新たなラーメンに挑む、ただそれだけの物語である(誇張)。
目次 [非表示]

そもそも

漫画界での「無類のラーメン好き」と言えば、シャ乱Qにまで歌われた小池さんである。藤子不二雄作品に登場する名脇役、というか名チョイ役であり、アフロヘアに近い天然パーマメガネ、脇に積み重なったドンブリなどが印象的。

その小池さんにヒントを得た、と思しき作品が本作である(要確認)。


概要

作者は鳴見なる。竹書房まんがライフSTORIA』で2013年Vol.3より連載開始。ウェブコミック配信サイト『まんがライフSTORIA'』(現『ストーリアダッシュ』)でも遅れ掲載されていたが、2019年の『STORIA』本誌休刊に伴い『ストーリアダッシュ』へ完全移籍。2024年2月23日更新分を以て同サイトでの連載を終了し、秋田書店月刊少年チャンピオン』へ移籍して同年秋以降に連載再開予定としている。


竹書房から刊行された単行本は11巻までで、他に竹書房オールスターズ(?)による公式アンソロジー本も発売されていた。これまずいんじゃないかってメンツもいるが気にしてはいけない。秋田書店移籍後の過去連載分の単行本上の扱い(新装版の刊行など)に関しては、2024年3月時点では未発表。


登場人物

CV:アニメ版 / 演:ドラマ版

小泉さん

CV:竹達彩奈 / 演:早見あかり(初代)・桜田ひより(二代目)

本作の主役兼ヒロイン。

下の名前は不明。高校1年生で身長152cmの痩せ型、髪は黄色金髪ではなく、かん水で仕上げた中華麺をイメージしているそうである)のロングウェーブ(ただしドラマでは早見あかりに合わせた黒髪ロングでウェーブなし)。

普段は物静かで周囲との交流も消極的・・、だがラーメンのトリビアを語り出すと止まらなくなる。

無類のラーメン好きで、ラーメンが食べたくなると抜群の行動力と執着心でラーメンにありつくまで止まらない(単身ハワイにまで行ってしまうほど。縁日でドイツ人ハーフの女の子に出くわした時にはスムーズにドイツ語で応答しており、語学は堪能な模様)。

物語では、彼女のラーメンの見事な食べっぷり(割り箸を割ってからスープを飲み干すまでノンストップ、食べ終えた後に至福の笑みを浮かべる)が毎回描写される。


大澤悠

CV:佐倉綾音 / 演:美山加恋(初代)・井頭愛海(二代目)

小泉さんのクラスメイト。

可愛い娘が大好きで、普段物静かな小泉さんに興味を持ち仲良くなろうとついて行った結果、小泉さんの素顔を目撃することに。

小泉さんに素っ気ない扱いをされてもめげずについていく彼女の視点で物語は進行していく。

なお、一向に向き合ってもらえず、徐々にストーカーと化している。

料理当番もしていることもあって意外にも料理がうまく、ラーメンが食べられなくて倒れた小泉さんに自作のラーメンをふるまい喜ばれたことがある。


中村美沙

CV:鬼頭明里 / 演:古畑星夏(初代)・田鍋梨々花(二代目)

小泉さんのクラスメイト。身長153cmでツインテールが特徴の美少女。一人称は「美沙」。

容姿端麗の小泉さんに苦手意識と嫉妬心を持っていたが、とあるきっかけで一緒にラーメンを食べて以来、少しずつ彼女と仲良くなっていく。

実は極限クラスの激辛ラーメンを初見で平らげてしまうほどの激辛マニア。小泉さんが激辛系ラーメンを食べに行くときにはよく相伴する。


高橋潤

CV:原由実 / 演:田中美麗(初代)・井本彩花(二代目)

小泉さんのクラスメイトでクラス委員長。

母子家庭で母親は出版社勤務、そのせいか虫レベルの本好き。

心身ともに頑健、というわけではなく緊張で胃痛を発症したりする上に真夏に薄手のカーディガンを持ち歩くなど、かなりの冷え性。

ラーメンは嫌いではないが、「メガネが曇る」という理由で熱々のラーメンはちょっと苦手。

小泉さんとラーメン談義が出来る程の知識の持ち主なので3人の中で一番彼女と仲が良い。


大澤修

CV:中村悠一三宅麻理恵(子供時代)

悠の兄。兄妹の仲は良好。割と良く小泉さんと会うがあまり気付いていない。色恋沙汰より食欲の大学生。


大澤絢音

CV:植田佳奈 / 演:夏菜(2019春SP)

悠たちの従姉妹。身長164cmでグラマラスな体型をした女性。小泉さんが大阪ラーメン巡りをしている時に知り合ったのち東京に引っ越す。悠よりは上手に小泉さんと付き合っており、その様子をSNS経由で悠に自慢してたりする。


小川乃愛

演:木崎ゆりあ(2019春SP)

C組に編入してきた女生徒。乃愛の読みは「のあ」。

北海道のソウルフードであるラーメンサラダを切っ掛けに小泉さんと仲良くなっていく。

絶妙な距離感で接しているためか、連絡先の交換や帰り道の同伴に対して小泉さんから快諾を得ている。


テレビドラマ

2015年6月から7月にかけてフジテレビ系列フルネット26局にてドラマ版が放送されたが、ここでは「小池さん」を「小泉さん」に差し替えた「ラーメン大好き小池さんの唄」のカバーを主題歌に起用している(歌っているのはシャ乱Q…ではないがハロプロこぶしファクトリーで、トリプルA面デビューシングル『ドスコイ!ケンキョにダイタン/ラーメン大好き小泉さんの唄/念には念(念入りVer.)』の収録曲の1つとなっている)。なお、2016年1月4日、12月30日、2019年4月5日にはスペシャル版も放送された。

2020年3月27日放送のスペシャルよりキャスト一新の「二代目」となり、小泉さんを演じた早見あかりは「大泉さん」という役で、他の初代メインキャスト3名はその友人という役柄で出演した。また2022年1月8日のスペシャルの主題歌は同じ「ラーメン大好き小池さんの唄」であるものの、歌唱は解散したこぶしファクトリーに代わりハロプロの新グループOCHA NORMAに引き継がれる。


ドラマ版主題歌


テレビアニメ

2017年3月に放送時期が未定ながらもテレビアニメ化が告知された。アニメーション制作は『勇者であるシリーズ』や『きんいろモザイク』のStudio五組と関連制作会社のAXsiZが担当する。

その後、同年9月に放送時期と主要キャストが発表された。

2018年冬アニメとして、AT-XTOKYO MXBS11MBSで放送された。2019年4月からサンテレビで放送。


TOKYO MXでは木曜深夜25:05~TOKYO MX 2枠での再放送も実施した。こちらの方が時間帯的にも飯テロレベルが高くなったとか。


アニメ版スタッフ

監督セトウケンジ
シリーズ構成髙橋龍也
シナリオ髙橋龍也、浦畑達彦、関根明子
キャラクターデザイン谷拓也
総作画監督谷拓也、桜井正明
美術監督若林里紗(アトリエPlatz)
色彩設計松山愛子
撮影監督浅黄康浩
編集三嶋章紀
音響監督本山哲
音響制作グルーヴ
音楽田中貴&細野しんいち
音楽プロデューサー福田正夫
音楽制作フライングドッグ
キャスティングプロデューサー谷村誠
ビデオ編集IMAGICA
アニメーション制作Studio五組、AXsiZ
製作「ラーメン大好き小泉さん」製作委員会

アニメ版主題歌

  • アニメ版OP:「FEELING AROUND」 - 歌:鈴木みのり
  • アニメ版ED:「LOVE MEN HOLIC」 - 歌:西澤幸奏

登場するラーメン店

※アニメ版基準。一部を除いて許可を取った上で実名を使用している。


関連タグ

ラーメン

実写化 アニメ化 2018年冬アニメ


日清食品カップヌードルが実名で登場した。

セブンイレブン:こちらも実名は出ていないが、店舗が登場。上記のカップヌードルとのコラボで小泉さんのクリアファイルがもらえるキャンペーンをセブンの店舗にて期間限定(なくなり次第終了)で実施された。

ポプテピピック:同シーズンで放送されている同じ竹書房作品。小泉さんではCMが打たれている一方で、こちらはCMが出てこない。しかし、竹書房の全体CMではビルにポスターが貼られていたりする。

セイコーマート:北海道を中心に展開しているコンビニチェーン。販売されているオリジナルブランドの、わさびカップ麺が劇中に実名で登場する。

南陽市:同市のラーメン課とコラボレーション企画「なんようしのラーメンカードラリー」を実施。

山形鉄道:上述の南陽市ラーメン課とのコラボレーション企画「なんようしのラーメンカードラリー2023」の特別企画としてラッピング列車を運行。


関連動画


外部リンク

原作紹介サイト(ストーリアダッシュ内)


アニメ公式サイト

アニメ公式Twitter


ドラマ公式サイト

ドラマ公式Twitter

関連記事

親記事

鳴見なる なるみなる

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1656722

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました