ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーgdpr.message3改訂履歴
仮面ライダーネガ電王
19

仮面ライダーネガ電王

19

かめんらいだーねがでんおう

仮面ライダーネガ電王とは、仮面ライダー電王劇場版第2作「劇場版 仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事」に登場する仮面ライダーである。

「お前らはただの前座だ。さっさと死んでもらおう」


「変身」


NEGA FORM


野上良太郎「(電王!?)」


モモタロス「こんの野郎…!似たような格好しやがって!!」


「強さは…別格だ」


CV:緑川光

スーツアクター:岡元次郎


変身者

ネガタロス


概要

はぐれイマジンネガタロスが奪った予備のライダーパスを使用して変身した仮面ライダー。

「仮面ライダーネガ電王 ネガフォーム」となっているが、フォームチェンジが可能かは不明。


スペック

身長190cm
体重95kg
パンチ力7t
キック力8t
ジャンプ力38m
走力100mを4.8秒

全ての面で電王ソードフォームを上回る。

キック力以外でロッドフォーム、パンチ力以外でアックスフォームガオウを凌いだ、欠点のないスペックを誇る。

しかし、機動力はそれほどでもなく、ジャンプ力・走力共にソードフォームとは僅差。ライナーフォームウイングフォームは大きく下回る。

パンチ力以外の能力でガンフォームには劣っており、「強さは別格」との弁はネガタロスの戦闘スキルによるものが大きい。

しかし、「強さは別格」の通り、フォームチェンジせずにデンガッシャーを組み替えて電王と互角以上に戦い、デンライナーゼロライナーを追い詰める戦力も保持しているなど、間違いない強さを誇るが、仮面ライダーキバには2度交戦してどちらの戦いでも文字通り全く手も足も出なかった


外見

仮面ライダー電王 ソードフォームとほとんど同じ風貌だがアーマーの色が紫になっており、トライバル模様が走っている。また、腕や足にはアルファベットの「N」をモチーフにした模様が描かれている。


ツール

ライダーパス

ネガタロスがオーナーから盗んだ、予備の電王変身用パス。


デンオウベルト

前述のライダーパスを持つことで出現する変身ベルト。

ベルトの形状故にフォームスイッチはあるが、作中では「ネガフォーム」のみ登場したため、上記の通りフォームチェンジが可能のかは不明。


ネガデンガッシャー

ネガ電王の武器。フォームチェンジ無しで4つ全ての形態に変形・使用できる。

ただし、劇中ではアックスモードは使用しなかった。

ソードモードではオーラソード部にボディと同様の模様が出現する。


必殺技

ネガワイルドショット

ネガデンガッシャーガンモードにフリーエネルギーをチャージし、エネルギー弾を放つ。

ガンフォームのワイルドショットとほぼ同じだが、ドラゴンジェムからエネルギーをチャージしない、エネルギー弾の色が赤紫色という違いがある。


設定上では他のフォームの必殺技(ネガストリームスラッシュ、ネガソリッドアタック、ネガダイナミックチョップ)も使用可能だが、劇中では使われなかった。

ガンバライドでは「ネガストリームスラッシュ」を必殺技として使用する。

ロストヒーローズでは劇中で使用したデンガッシャーのモードの技なら全て使用して来る。ネガストリームスラッシュとネガワイルドショットは全体技でパーティのレベルが低いとあっという間に制圧されてしまう(劇中でアックスモードを使用しなかったためか、ネガダイナミックチョップは使用しない)。


専用マシン

ネガデンライナー

デンライナーゴウカに酷似しているが、色違いで内部にはギガンデスが格納されている。


ネガデンバード

ネガデンライナーの操縦席を兼ねるバイク。ただし、劇中ではネガタロスの姿で操縦した。


ロストヒーローズ

ビギンズ・キューブの最後のボス役をウェザー・ドーパントと共に担われている。

モモタロス一行から奪った予備のライダーパスを使ってネガタロスが変身した姿であり、原作同様な多彩な戦法で応戦をする。最後はモモタロス達に「次元の狭間は塞がれた」ともう帰れない事を言い残し爆散した。(因みに奪われた予備のライダーパスは無事取り返すことに成功した。)

続編でも登場し、ランダムキューブのビギンズ・キューブ代表のボスとして登場する。


備考

登場したのは映画1回のみだが、そのダークライダーらしい演出と渋い緑川ボイスから人気が高く、ガンバライドクライマックスヒーローズ等のゲーム作品ではよく参戦キャラになっている(ガンバライドでは変身前のネガタロスまで参戦するほど)。


スーツは、電王ソードフォームにトライバル柄のシートを張った上でデジタル合成で紫色に変更したため、ネガ電王本体のスーツは存在しない。

そのためか、『仮面ライダーディケイド』の「ネガの世界」では登場しなかった。

その後、新たにスーツが製作されたのか、ヒーローショー等のイベントではネガ電王が敵として登場している。


色もメディアによって微妙に差異があり、劇中や雑誌媒体のスチールなどでは先述の合成により赤っぽい色になっていたり、ガンバライジングなどのゲーム媒体ではより青みがかった紫になっている。

→ガンバライジングには登場していないため、この情報は誤りである。


CSMの電王ベルトでは新たに音声が収録。

特写写真集第2集にも登場。全身の特徴的な模様のシールは新たに作られたものが貼り付けられており、その雄姿をじっくりと眺めることができる。


なお、当初の案としてカイが変身する予定だったが、『クライマックス刑事』に登場するボスとしてネガ電王が選ばれたことで流されたという都市伝説が存在する。


関連タグ

仮面ライダー電王 クライマックス刑事

劇場版限定ライダー ダークライダー ネガライダー 声優ライダー

偽物 偽ライダー

ネガタロス


仮面ライダーガオウ仮面ライダー幽汽ゴルドラ/シルバラ仮面ライダーG電王劇場作品に登場する劇場版限定ダークライダー。


アナザー電王:電王の偽物という意味では共通する。


仮面ライダーリュウガプロデューサーと脚本家が同じ作品のネガライダー、劇場版に登場するダークライダー」「外見と赤い主役ライダーの色違いである」「アイテムの音声が通常よりも低い」「主役ライダーよりもスペックが高い」「怪人を従えている」「変身者が怪人」「主役ライダーのライダーキックを受けて敗北する」「スーツアクターが同じ」など共通点が多い。


劇場版限定ライダー

ガオウネガ電王アーク/レイ

ネガ電王G電王


ネガライダー

仮面ライダーダークカブト仮面ライダーネガ電王仮面ライダーダークキバ

「お前らはただの前座だ。さっさと死んでもらおう」


「変身」


NEGA FORM


野上良太郎「(電王!?)」


モモタロス「こんの野郎…!似たような格好しやがって!!」


「強さは…別格だ」


CV:緑川光

スーツアクター:岡元次郎


変身者

ネガタロス


概要

はぐれイマジンネガタロスが奪った予備のライダーパスを使用して変身した仮面ライダー。

「仮面ライダーネガ電王 ネガフォーム」となっているが、フォームチェンジが可能かは不明。


スペック

身長190cm
体重95kg
パンチ力7t
キック力8t
ジャンプ力38m
走力100mを4.8秒

全ての面で電王ソードフォームを上回る。

キック力以外でロッドフォーム、パンチ力以外でアックスフォームガオウを凌いだ、欠点のないスペックを誇る。

しかし、機動力はそれほどでもなく、ジャンプ力・走力共にソードフォームとは僅差。ライナーフォームウイングフォームは大きく下回る。

パンチ力以外の能力でガンフォームには劣っており、「強さは別格」との弁はネガタロスの戦闘スキルによるものが大きい。

しかし、「強さは別格」の通り、フォームチェンジせずにデンガッシャーを組み替えて電王と互角以上に戦い、デンライナーゼロライナーを追い詰める戦力も保持しているなど、間違いない強さを誇るが、仮面ライダーキバには2度交戦してどちらの戦いでも文字通り全く手も足も出なかった


外見

仮面ライダー電王 ソードフォームとほとんど同じ風貌だがアーマーの色が紫になっており、トライバル模様が走っている。また、腕や足にはアルファベットの「N」をモチーフにした模様が描かれている。


ツール

ライダーパス

ネガタロスがオーナーから盗んだ、予備の電王変身用パス。


デンオウベルト

前述のライダーパスを持つことで出現する変身ベルト。

ベルトの形状故にフォームスイッチはあるが、作中では「ネガフォーム」のみ登場したため、上記の通りフォームチェンジが可能のかは不明。


ネガデンガッシャー

ネガ電王の武器。フォームチェンジ無しで4つ全ての形態に変形・使用できる。

ただし、劇中ではアックスモードは使用しなかった。

ソードモードではオーラソード部にボディと同様の模様が出現する。


必殺技

ネガワイルドショット

ネガデンガッシャーガンモードにフリーエネルギーをチャージし、エネルギー弾を放つ。

ガンフォームのワイルドショットとほぼ同じだが、ドラゴンジェムからエネルギーをチャージしない、エネルギー弾の色が赤紫色という違いがある。


設定上では他のフォームの必殺技(ネガストリームスラッシュ、ネガソリッドアタック、ネガダイナミックチョップ)も使用可能だが、劇中では使われなかった。

ガンバライドでは「ネガストリームスラッシュ」を必殺技として使用する。

ロストヒーローズでは劇中で使用したデンガッシャーのモードの技なら全て使用して来る。ネガストリームスラッシュとネガワイルドショットは全体技でパーティのレベルが低いとあっという間に制圧されてしまう(劇中でアックスモードを使用しなかったためか、ネガダイナミックチョップは使用しない)。


専用マシン

ネガデンバード

ネガデンライナーの操縦席を兼ねるバイク。ただし、劇中ではネガタロスの姿で操縦した。


ロストヒーローズ

ビギンズ・キューブの最後のボス役をウェザー・ドーパントと共に担われている。

モモタロス一行から奪った予備のライダーパスを使ってネガタロスが変身した姿であり、原作同様な多彩な戦法で応戦をする。最後はモモタロス達に「次元の狭間は塞がれた」ともう帰れない事を言い残し爆散した。(因みに奪われた予備のライダーパスは無事取り返すことに成功した。)

続編でも登場し、ランダムキューブのビギンズ・キューブ代表のボスとして登場する。


備考

登場したのは映画1回のみだが、そのダークライダーらしい演出と渋い緑川ボイスから人気が高く、ガンバライドクライマックスヒーローズ等のゲーム作品ではよく参戦キャラになっている(ガンバライドでは変身前のネガタロスまで参戦するほど)。


スーツは、電王ソードフォームにトライバル柄のシートを張った上でデジタル合成で紫色に変更したため、ネガ電王本体のスーツは存在しない。

そのためか、『仮面ライダーディケイド』の「ネガの世界」では登場しなかった。

その後、新たにスーツが製作されたのか、ヒーローショー等のイベントではネガ電王が敵として登場している。


色もメディアによって微妙に差異があり、劇中や雑誌媒体のスチールなどでは先述の合成により赤っぽい色になっていたり、ガンバライジングなどのゲーム媒体ではより青みがかった紫になっている。

→ガンバライジングには登場していないため、この情報は誤りである。


CSMの電王ベルトでは新たに音声が収録。

特写写真集第2集にも登場。全身の特徴的な模様のシールは新たに作られたものが貼り付けられており、その雄姿をじっくりと眺めることができる。


なお、当初の案としてカイが変身する予定だったが、『クライマックス刑事』に登場するボスとしてネガ電王が選ばれたことで流されたという都市伝説が存在する。


関連タグ

仮面ライダー電王 クライマックス刑事

劇場版限定ライダー ダークライダー ネガライダー 声優ライダー

偽物 偽ライダー

ネガタロス


仮面ライダーガオウ仮面ライダー幽汽ゴルドラ/シルバラ仮面ライダーG電王劇場作品に登場する劇場版限定ダークライダー。


アナザー電王:電王の偽物という意味では共通する。


仮面ライダーリュウガプロデューサーと脚本家が同じ作品のネガライダー、劇場版に登場するダークライダー」「外見と赤い主役ライダーの色違いである」「アイテムの音声が通常よりも低い」「主役ライダーよりもスペックが高い」「怪人を従えている」「変身者が怪人」「主役ライダーのライダーキックを受けて敗北する」「スーツアクターが同じ」など共通点が多い。


劇場版限定ライダー

ガオウネガ電王アーク/レイ

ネガ電王G電王


ネガライダー

仮面ライダーダークカブト仮面ライダーネガ電王仮面ライダーダークキバ

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    頼間リヨ

    読む
  2. 2

    ろじ

    読む
  3. 3

    餅田むぅ

    読む

pixivision

カテゴリー