ピクシブ百科事典

ヘルバイラ

へるばいら

『時空戦士スピルバン』に登場する敵ヒロイン。
目次[非表示]

人物像

スピルバン(地球での偽名:城洋介)の実姉ヘレンが父親であるドクターバイオことベン博士によって改造された少女仮面で第3話より登場。

普段はスピルバン達の影を追うかのように地上を彷徨い続けているが、発信リモコンより送られるバイオパルスによって作動する変身装置によりヘルバイラに変身させられ、スピルバン達と戦わなければならない運命を背負うこととなる。

変身している間は穏やかなヘレンの人格から一転、冷酷な性格となり執拗にスピルバンを狙う。短剣を主武装として装備しており、ここから光線を発射できるほか、体を原子分解して移動することも可能。また、スピルバンのレーザースナイパーも通じない。しかし、強引に変身させているためか制限時間があり、これを超えると苦痛とともにヘレンの姿に戻る。

初登場から長きにわたりスピルバン&ダイアナを苦しめ、第29話では遂にダイアナを戦線離脱に追い込む。しかし、ドクターバイオによってヘルバイラへの変身装置は消去され、ヘレンは弟のスピルバン&幼馴染みのダイアナと再会を果たした。

スペース・スクワッドのヘルバイラ

2017年公開の映画『ガールズ・イン・トラブル スペース・スクワッド EPISODE ZERO』にてリブートという形で30年ぶりに再登場。デザインはより有機的な姿となり、表情も牙を剥いた凶悪なものとなっている。人間態は存在せず、声優の富沢美智恵が声を担当している。恐らく原点のヘルバイラとは別人。
普段は「ネメシスアベンジャーズ」という復讐代行業者を経営している社長らしいが、ウメコから「とても社長が務まるとは思えない」と評されるほど凶暴な性格。
特殊なフェロモンを放出して男性を虜にして発狂させたりマインドコントロールする事が出来る他、怪力から繰り出す爪や口から放つ触手で相手を攻撃する。
実はバード星の月が重なり合う時に理性を取り戻すことができるという周期が存在し、その時には普通に喋ることができる。
しかしその習性があだとなってミラージュディメンジョンを見抜くことが出来ず、デカイエローデカピンクにデリートされた。

補足

  • ヘレン役を演じた森永奈緒美は『宇宙刑事シャイダー』の女宇宙刑事アニー役で人気者になったが、アニーのコンバットスーツスタイルが本編では実現されなかった為、「アニーを焼結させろっ!」とファン達をヤキモキさせた話は有名になっている。


関連イラスト

洋介くんちのお姉ちゃん
一緒に帰ろう・・・、姉さん・・・。



関連タグ

時空戦士スピルバン ダークヒロイン 森永奈緒美

この記事のカテゴリ

特撮

pixivに投稿された作品 pixivで「ヘルバイラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2610

コメント