ピクシブ百科事典

一杯のかけそば

いっぱいのかけそば

一杯のかけそばとは1988年に発表された栗良平の童話、およびそれを原作とした実写映画。
目次[非表示]

あらすじ

1972年の大晦日、北海道は札幌の時計台横丁にある蕎麦屋「北海亭」に、閉店間際になって貧相な三人の母子が現れ、当時150円のかけそばを一杯だけ注文する所から話は始まる。
三人で一杯を分け合って食べる母子を、最初は訝しんだ店主夫婦であったが、不憫に思いこっそり通常より多めのそばを母子に提供していた。次の年はまた一杯、その次の年は二杯を頼み、美味しそうに食べて帰る姿に、次第に夫婦は母子を愛おしく思うようになっていった。
ある年に母子が訪れた際、店主は三人の会話を耳に挟んだ。
夫を失ってから、母子三人は苦しい生活を送っていたらしく、子供たちは新聞配達や家事の手伝いで母を助け、必死に生きていた。そして、大晦日に食べる一杯のかけそばが年に一回の贅沢だったという。
その話を聞いた次の年から、大晦日に母子は現れなくなっていた。しかし、夫婦は三人を待ち続け、大晦日には初めて彼らが座った席を空け続けた。
十数年後、大晦日の夜にあの母子が現れる。立派に成長した子供たちは、あのあと札幌を離れ母の地元である滋賀に移り、今では兄は医者、弟は銀行員として就職した事を明かした。
店主に感謝を述べた親子は、ようやく三杯のかけそばを注文したのであった。

概要

この話は作者の栗良平が口演で全国各地を行脚していた話が元となっている。1988年に出版された『栗良平作品集2』に収録された。
不遇な親子を想う蕎麦屋の人情話は口コミで広まっていき、1989年に入ってからは共同通信FM東京などで取り上げられ全国的に話題になった。
「泣ける美談」としてブームとなり、数々のテレビ番組や新聞記事、雑誌で取り上げられたほか、1989年2月には衆議院予算委員会で大久保直彦・公明党書記長(当時)の質問に引用されたこともあった。
1992年には西河克己監督で映画化されている。(後述)

懐疑論

…ところが、これは実話を元にした美談の触れ込みがあったにもかかわらず、物語の辻褄が合わない等で創作疑惑が噴出。

  • 閉店間際であれば、その日の売れ残りがあるのではないか、店主が融通をきかせて出すことができたのではないか※
  • 1972年であればインスタント麺や普通の食料品店で買える茹で蕎麦が普及していたはず
  • また、それらは150円のかけそばよりも安く購入できた可能性が高い
  • 冬の札幌で夜遅くに子供を連れて来店するのは流石に不憫ではないか
などの指摘があり、読者・視聴者からも疑問の声が上がるようになった。
この「一杯のかけそば」のブームの終焉のきっかけとなったのはタモリが「1972年当時、150円もあればカップそばが三つ買えたはず」「涙のファシズム」と批判した事である。また、これ以前にも上岡龍太郎によって「閉店間際なら売れ残った麺がある。店主は事情を察したなら、3人分出すべきだった」と指摘されている。

※ただし、作中では「サービスとして三杯分出してあげたら」と提案した妻に対し、店主が「それでは親子が気を遣ってしまうだろうからだめだ」と返すなど、まったく説明されていないというわけではない。また、店主も次の年からはこっそり多めに出したり、値上げをした年にも、親子が来るのに合わせて150円のメニュー札に切り替えるなどの描写がある。

決定的な終焉へ

その後、週刊誌により、作者である栗良平の経歴詐称や私生活で起こしたとされる寸借詐欺疑惑が報じられてから一気にブームは終焉を迎えてしまった。
栗はその後も詐欺まがいの行為を行いながら日本各地を転々とし、1998年には滋賀県のある寺で住職の娘と親しくなり乗っ取りをかけようとした(総本山からの離脱にあたり裁判沙汰になっている)事件が報じられて以降消息不明となっている。

2010年には韓国で「一杯のうどん」として映画化されている。

また、2006年には台湾で似た実話があると報じられた。
母親がガンで入院中の貧しい子供たち(5人兄弟)に、看護婦がワンタン麺を差し入れたところ、子供たちのうち3人が麺だけを食べ「お母さんにワンタンを食べて元気になってほしい」と残した、というエピソードを件の看護師が語ったところ、大きな話題となり、台湾中から寄付が集まった。(なお、母親は闘病の末子供を残し亡くなり、当時の総統であった陳水扁が哀悼のコメントを発表している)

映画版
映画はすでにブームが収束した時期に公開され、原作における辻褄の合わない部分を物語として無理のない形に独自の設定が加えられ、オリジナルストーリーとして製作されている。

関連項目

童話 美談
100日後に死ぬワニ…ブームの発生と収束の経緯に類似する部分が見られる。なお、本作の映画製作には電通が関与しているが、「100ワニ」もブームや企画進行に電通の関与(ステマ)がうたがわれている。

関連記事

親記事

童話 どうわ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「一杯のかけそば」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2530

コメント