ピクシブ百科事典

翠星のガルガンティア

すいせいのがるがんてぃあ

翠星のガルガンティアとは、Production I.G制作によるオリジナルTVアニメである。
目次[非表示]

概要

プロダクションI.G制作による海洋SF冒険活劇ロボットアニメ。全13話。
村田和也を監督に、シリーズ構成・脚本を虚淵玄キャラクター原案鳴子ハナハル、メカニックデザインを石渡マコトが務めた。

虚淵玄による脚本は陰鬱な展開で知られるが、本作前半の作風はむしろ明るく、生活感に満ち溢れた世界観に親しみを感じるような仕掛けが施されている。しかし、その一方で物語の背景や後半の展開には虚淵脚本によくあるディストピアトラウマ要素が垣間見える。

2013年4月から6月までTOKYOMX読売テレビBS11他にて放送された。
DVD・BD第1巻にはOVA「14話・廃墟船団」、第3巻にはOVA「15話・まれびとの祭壇」が収録されている。
また2013年10月にTOKYOMXを主に再放送された他、TVシリーズのその後を描いた新作OVA「翠星のガルガンティア〜めぐる航路、遥か~」も制作された。

ストーリー

遠い未来、遥か銀河の果て。人類は異形の怪生命体ヒディアーズと種の存続を賭けた戦いを続けていた。
激戦の最中、少年兵レドは乗機の人型機動兵器チェインバーとともに時空のひずみへと呑み込まれる。
人工冬眠から目覚めたレドは、忘れられた辺境の惑星・地球へと漂着したことを知る。表面のほぼ全てを海に覆われた地球で、人々は巨大な船団を組み、旧文明の遺物を海底からサルベージすることで、慎ましくも生き生きと暮らしていた。

ここはそんな船団の一つ、ガルガンティア。言葉も通じない、文化も習慣も異なる未知の環境に戸惑うレド。やむをえず、少女・エイミーらガルガンティアの人々との共生を模索し始めるのだが、それは戦うこと以外の生き方を知らないレドにとって驚きに満ちた日々の始まりだった。
(公式サイトより)

登場人物

主要人物


ガルガンティア船団


ラケージ海賊団


人類銀河同盟


クーゲル船団


旧文明時代


登場メカニック

マシンキャリバー


作中用語

翠星のガルガンティア用語集記事を参照。

各話リスト

話数サブタイトル
第1話漂流者
第2話始まりの惑星
第3話無頼の女帝
第4話追憶の笛
第5話凪の日
第6話謝肉祭
第7話兵士のさだめ
第8話離別
第9話深海の秘密
第10話野望の島
第11話恐怖の覇王
第12話決断のとき
第13話(最終回)翠の星の伝説
第14話(OVA)廃墟船団
第15話(OVA)まれびとの祭壇


小説

公式サイトのイントロダクションには月1回更新で短編ノベルが掲載され、鳴子氏による特別イラストも付けられる。

ニトロプラスから海法紀光による外伝小説『翠星のガルガンティア 少年と巨人』が出される。アニメ本編以前のレドとチェインバーの出会いやレドの仲間達との交流を描いた前日譚である。アニメ本編では語られない人類銀河同盟での戦いや生活などが詳しく書かれている。

ファミ通文庫からは公式ノベライズが著者・谷村大四郎により出される。内容はアニメに忠実に沿って書かれている。

漫画

ニュータイプエース角川書店)にて漫画版が連載されている。作画は三途河ワタル

ファミ通文庫コミッククリアから公式スピンオフ「翠星のガルガンティア 水端のベローズ」が連載される。本編前の、サルベージャーになるベローズが主人公の物語。作画はしゅー氏。


「こみっく・がるがんちあ」BD-BOXの特典として付属する鳴子ハナハルによる描きおろしコミック。

ぷちっとがるがんてぃあ

公式サイト内で配信されているショートムービー。作画はpixivユーザーでもあるくぅ氏
ムービー内でのキャラは本編の等身に比べて70%縮んだ3頭身になっており、週1回の更新で本編の補足情報を紹介したり、あとは適当に遊べばいいじゃんという企画。本編に比べて愛らしさが推定900%以上増大され、かなりはちゃけている。

翠星のガルガンティア ONLINE FLEET

2014年夏頃からDMM.comで展開中のオンラインゲーム。ジャンルは『船団育成シミュレーション』。
プレイヤーは船団長となってガルガンティア船団と同じような船団を自分で作って行く事になる。
ゲームオリジナルキャラクターも登場し、アナザーストーリーも展開されているようだ。

現在は新体制に移行をしている為、ゲームに関しては休止状態になっている。しかし、新規での事前登録も行われている為、サービスその物が終わる訳ではない。

移行期間は2015年2月12日~4月下旬を予定している。


pixiv内公式企画(終了)

ガルガンティア乗組員
ガルガンティア船団の乗組員をイメージしたキャラクターデザインを募集する公式企画
2013年4月26日(金)から5月12日(日)23時59分までの期間に、投稿作品に「ガルガンティア乗組員」「翠星のガルガンティア」タグをつけることを参加方法としている。
この企画で優秀作品に選ばれた原案は、最終回でそのキャラデザに基づいたキャラとして登場する。
6月24日に選考作品が12作が公式ブログにて発表され、作中に登場した。 →選考作一覧

外部リンク


関連タグ

アニメ ロボットアニメ プロダクションI.G 虚淵玄 鳴子ハナハル 2013年春アニメ ガルガンティア
レドミー ガルガンティア100users入り ガルガンティア500users入り ガルガンティア1000users入り

pixivに投稿された作品 pixivで「翠星のガルガンティア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12944361

コメント