ピクシブ百科事典

鳴子ハナハル

なるこはなはる

鳴子ハナハルは日本の漫画家。
目次[非表示]

概要

2002年デビュー。主に成人誌で活動するが、その高いストーリー性と、写実的かつ艶美的な画風で徐々に人気を獲得していく。2005年、漫画版『かみちゅ!』を執筆。2008年には初の単行本『少女マテリアル』が発売、秋葉原に長蛇の列を作らせるほどの大ヒットとなる。
 そして2013年よりハナハル氏がキャラクター原案を手掛けたアニメ『翠星のガルガンティア』が放映中。サーヤ(または俗称・快楽天ちゃん)のようなむっちりしたキャラが書かれているあたりさすがはハナハル氏である。

ちなみに

デビューから12年あまり経過したハナハル氏であるが、その実力は今やエロ漫画業界ではトップクラスといわれている。
フジテレビが以前マンガ家の金銭事情について「マネースクープ」というバラエティ番組で特集したとき、その中でハナハル氏の年収が例として挙げられた。
それによると、ハナハル氏のこれまでの単行本の発行部数の総計は100万部以上にのぼり、しかも1冊の出版で約1億3000万円の印税が入っているというから、氏の実力と人気のすさまじさがわかるだろう。

関連項目

翠星のガルガンティア

pixivに投稿された作品 pixivで「鳴子ハナハル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 232627

コメント