ピクシブ百科事典

波動実験艦ムサシ

はどうじっけんかんむさし

劇場版『宇宙戦艦ヤマト復活篇』(ディレクターズカット版)に登場したヤマトの準同型艦。ヤマト再建に先立って建造され、波動エネルギーに関する実験を各種行っていた模様。艦名からして戦艦『武蔵』から取ったと考えられる。
目次[非表示]

概要

 劇場映画『宇宙戦艦ヤマト復活篇』のディレクターズカット版において登場した、地球連邦の宇宙艦艇でヤマトの準同型艦である。準同型艦と言うのは、ヤマトの設計を踏襲している一方で、艦橋構造物等は大きく異なるからである。
 ムサシは、ヤマトが再建されるよりも早く建造され、2210年に進宙(進水?)した模様。これはヤマト再建に向けた前進計画であり、波動エネルギーを用いた実験艦として行動していたとされている。
 どの様な実験内容かは明らかにされてはいないが、ブルーノアに搭載されているという、波動エネルギー偏向装置(ホーミング波動砲)の開発や、バリアミサイルの開発に貢献していた可能性がある。
 また、物語最後には、ブラックホールに飲み込まれた地球が銀河中心部に出現したと、との観測結果を報告していることからも、波動エネルギーを転用した観測技術は並みならぬものとなっているのではないか、とも推測される。
 波動実験に際して、波動実験艇と呼ばれる小型船を8隻格納しており、観測や情報収集等に勤しんでいるのではないかとも考えられる。

構造

艦橋部分

 上記したように、船体構造はほぼヤマトと同一である一方、艦橋構造は全くの別ものとなっている。三段構造で、最上階が研究室、中段が操艦室、下段が観測室となっており、最下段は視界が広くとれるよう、ステンドガラス風になっている。
 また、その艦橋の最上部には、後方へ向けて伸びるヘリの着艦スペースの様な、広けているペースがあるのも大きな特徴の一つ。こういった、戦闘艦とは一線を越したデザインからして、あくまで実験行為が目的である事が伺える。第三艦橋部分も、下方へ視界が広く開けるようなガラス張りになっている。
 この艦橋デザインは、かつてシド・ミード氏がデザイン担当した『YAMATO2520』に登場する、第17代ヤマト或いは第18代ヤマトのブリッジデザインに似ていると言っても過言ではない。というよりも、復活篇の艦船の中には、2520のデザイン関連が多用されている為であると考えられる。

竜座銀河へ
500年後の地球艦隊



武装部分

 武装の面でも使用できないものや撤去されたものがある。まず波動砲の射出口が栓で塞がれており、使用は出来ない模様。船体両舷にあった対空パルスレーザー機銃郡も、殆ど装備されていない。
 46㎝三連装砲塔(ショックカノン)3基9門は現存しているものの、艦橋構造物の大型化の関係で副砲塔2基は撤去されている。その他魚雷発射管等は残っているようで、恐らくはこれでバリアミサイル等を開発したのではないか、と考えられる。

スペック

波動実験艦『ムサシ』

  • 全長:推定280m
  • 武装

・46㎝三連装ショックカノン砲塔×3基
・魚雷発射管×12門(艦首6門、艦尾6門)

  • 機関:波動エンジン主機×1基、補助×2基
  • 搭載:波動実験艇×8隻

性能

 実験艦とされているものの、武装の46㎝砲9門は健在。魚雷発射管も12門も残されているが、殆どは実験の為に使用されている模様。ただし実験艦とあって、その性能は高いのではないかと思われ、特に観測技術はずば抜けているのではにかと考えられる。太陽系にあって、銀河中心部に転移した地球を観測できたことからも、その性能の高さが伺える。

経歴

 地球がブラックホールに飲み込まれた後、太陽系に残っている住民を救助するべく行動しつつも、飲み込まれた地球が銀河中心部へと姿を現したことを観測し、報告している。

関連タグ

宇宙戦艦ヤマト復活篇 宇宙戦艦ヤマト 武蔵 宇宙戦艦

pixivに投稿された作品 pixivで「波動実験艦ムサシ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6642

コメント