ピクシブ百科事典

万能戦艦N-ノーチラス号

ばんのうせんかんにゅーのーちらすごう

ふしぎの海のナディアに登場する宇宙戦艦
目次[非表示]

概要

データ

正式名称第四世代型超光速恒星間航行用超弩級万能宇宙戦艦ヱクセリヲン
全長:333.33メートル
重量:3万8千トン
飛行速度:光速の99%
主動力:縮退炉
補助動力:対消滅エンジン
材質:スペースチタニウム


旧タルテソス王国(ブルーノア)内部に埋もれていたアトランティス人の宇宙船を、ネモ船長らノーチラス号のスタッフで修復した万能戦艦。ガーゴイルからは幻の発掘戦艦と呼ばれる。縮退炉と対消滅エンジンの併用による絶大な戦闘力と、300メートルを超える巨体にも関わらず、大気圏内でも現代の戦闘機以上の機動性を持つ。

舞台となる19世紀末の技術では完全修復は不可能であった為、劇中のN-ノーチラス号はバリアーの持続時間が僅か1分、各種兵装の大半が使用不能という、本来のヱクセリヲンの数%の能力しか発揮できない状態で、レッドノアを手中に収めたネオ・アトランティスとの最終決戦に挑むことになった。

最終的にはレッドノア内部で擱座し、大気圏に落下するレッドノアと共に失われた。

『劇場版』ではジャン製作の数千分の一サイズの照明弾として登場した。


余談

機体のデザインは、ゴジラ映画「怪獣総進撃」に登場した「ムーンライトSY-3」と宇宙戦艦ヤマトアンドロメダを合わせたもの。許可を取って、発進シーンはヤマトのオマージュ、主砲の発射音もヤマトのショックカノンと同じにしてある。庵野秀明監督らスタッフの趣味がふんだんに込められた戦艦である。

N-ノーチラス号発進シーンも、庵野監督らの後作品である「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:QAAAヴンダーでオマージュされている。(BGMもN-ノーチラス号のリメイク)

pixivに投稿された作品 pixivで「万能戦艦N-ノーチラス号」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10864

コメント