ピクシブ百科事典

エルシス・ラ・アルウォール

えるしすらあるうぉーる

エルシス・ラ・アルウォールとは、アニメ「ふしぎの海のナディア」の登場する「ネモ船長」の本名。
目次[非表示]

「私を艦長とは呼ぶな。
 この船は軍艦ではない。」

概要

CV:大塚明夫

アニメ「ふしぎの海のナディア」に登場する万能潜水艦ノーチラス号の船長。46歳。
クルーからネモ船長と呼ばれ、海洋生物学者でもある。

偶然にもノーチラス号にナディアが乗船して来たことで、その姿勢に変化を見せる。

実はナディアの父親であり、アトランティス人の末裔。彼もナディアのものと対になる輝石ブルーウォーターを持つ。
かつてアフリカ大陸にあったタルテソス王国の国王であったが、宰相ガーゴイルの世界征服の野望を阻止するため、やむなく自らの手で国を滅ぼした。
その後本名を捨て、ラテン語「誰でもない」という意味のネモを名乗る。

ノーチラス号が失われた後、旧タルテソス王国の地下にあった発掘戦艦・Ν-ノーチラス号でガーゴイルとの最終決戦に臨む。
戦いの最中、自身も重傷を負いながら、自らのブルーウォーターをナディアに差し出し、ガーゴイルに殺されたジャンを蘇生するよう諭した。最後には大気圏突入するレッドノアから自分の命を犠牲に娘の身を案じつつ、Ν-ノーチラス号に残り、その主砲で彼女らの脱出路を切り開いた。

モデルは「ノーチラス号」と同じくヴェルヌ作の小説に登場するネモ船長から。パイプオルガンを演奏する点もこれに由来。
当初は冷静なキャラクターの予定だったが、演者である大塚明夫の雰囲気の影響を受け、勢いでいくタイプになった。『超時空要塞マクロス』のブルーノ・J・グローバル艦長が造形のモデル。

第22話終盤で作品の表舞台から退場し、第36話中盤で再び登場するまでの間に通常ありえないほど髪の毛が伸びている(もっとも上述のように彼は純粋なアトランティス人の末裔で通常の地球人ではないのだが)。その期間は作品内部の時間で1年に満たないが、腰まで届くほどの長髪にまでなっていた。
再登場時の髪型に関しては、当時長髪であった大塚のヘアスタイルを参考にしたものである。

関連イラスト

エルシス・ラ・アルウォール



関連タグ

ふしぎの海のナディア ナディア・ラ・アルウォール ジャン・ロック・ラルティーグ マリー・エン・カールスバーグ サンソン エレクトラ/メディナ・ラ・ルゲンシウス・エレクトラ ガーゴイル/ネメシス・ラ・アルゴール ネオ皇帝

pixivに投稿された作品 pixivで「エルシス・ラ・アルウォール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3391

コメント