ピクシブ百科事典

ネメシス・ラ・アルゴール

ねめしすらあるごーる

ネメシス・ラ・アルゴールとは、アニメ『ふしぎの海のナディア』のキャラクター。
目次[非表示]

CV:清川元夢

概要

ネオアトランティスの首領。本名のネメシス・ラ・アルゴールよりガーゴイルという名称の方が一般的。

かつてアフリカに存在していたタルテソス王国の宰相であり、自らを「アトランティス人の末裔=神」と称し、アトランティス人による世界征服を目論むも、彼の野望を阻止せんとした国王ネモの手により王国は滅亡。
以後、ネモの実子であるネオ皇帝を担ぎ上げ、アトランティス人の遺産である超科学をもって世界征服を目指す秘密組織ネオアトランティスを組織し、ネモ船長率いるノーチラス号の宿敵となる。

キャラクター

尊大にして傲岸不遜であり、野望達成のためには自らの部下さえ平然と殺す非情さと、卑劣な手段も「合理的に事を進めているだけ」と言い切る冷酷さを持つ。
組織の圧倒的な資金・人員と超科学による兵器群を武器に、謀略と奸計を駆使する正統派の悪の首領

久しぶりだね、ネモ君。
ガーゴイル様



ネオアトランティスのシンボルマークである「第三の眼」が意匠された仮面と、派手な赤いダブルの背広がトレードマーク。そういえば似たような人をどこかで見たような……

同じ匂い



実はアトランティス人ではなく、地球人。本人はそのことを知らず、最終回でジャン蘇生の儀式中のブルーウォーターの光に触れて体が塩になっていく渦中、ネモから「ネメシス・ラ・アルゴール、君は人間だ」と本名で呼ばれつつその事実を改めて突きつけられ、そして全てを悟ったように塩となって死亡した。

後年発売されたDVDボックスの描きおろしジャケットにて、仮面の下の素顔が明らかになったが、その顔はエヴァンゲリオン冬月コウゾウと同じ顔だった…。
それもそのはずである。冬月コウゾウ及びネメシス・ラ・アルゴールのキャラクターデザインは中の人である清川元夢氏本人の容姿を基にしているため当然の帰結である。

近々有給休暇を取られる冬月副指令の様子がおかしいんだが




関連タグ

ふしぎの海のナディア ナディア・ラ・アルウォール 冬月コウゾウ

pixivに投稿された作品 pixivで「ネメシス・ラ・アルゴール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 100768

コメント