ピクシブ百科事典

ビナシス・ラ・アルウォール

びなしすらあるうぉーる

ビナシス・ラ・アルウォールとは、「ふしぎの海のナディア」に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

CV:塩沢兼人

ネオアトランティスの皇帝である。フルネームは、ネオ・イコン・エピファネス
実は、船長ネモエルシス・ラ・アルウォール)の息子で、ナディアナディア・ラ・アルウォール)の兄である。

タルテソス王国滅亡の際に重傷を負い、ガーゴイルによって身体のほとんどを機械化された上に洗脳され、コンセント付のケーブルで供給される電力で動く傀儡(あやつり人形)となっていた。

最終局面でNノーチラス号の砲撃で自我を取り戻し、洗脳された妹ナディアの額にある洗脳装置を破壊に赴くもガーゴイルに電力を断たれるが、精神力で右手を動かし粉砕。事切れる寸前にナディアの脳裏に改造される前の姿で謝罪と後を託し「私も人と共に生きたかった」と言い残し、爆発して果てた。

関連イラスト

人の意思の力は科学をも超えるというのかッ!!



関連タグ

ふしぎの海のナディア ネオ皇帝 ネオ・イコン・エピファネス ナディア ネモ アンビリカブルケーブル エルシス・ラ・アルウォール

pixivに投稿された作品 pixivで「ビナシス・ラ・アルウォール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15313

コメント