ピクシブ百科事典

対消滅エンジン

ついしょうめつえんじん

SF作品に登場する超高性能エンジン

概要

シュウ「この世界には反物質というものが存在します。
プラスの電気を帯びた電子や、マイナスの電気を帯びた陽子など。
そしてそれらによって作られた原子や分子。
これを反物質といいます。
常物質と反物質が接触すると、対消滅と呼ばれる反応を起こして、
莫大なエネルギーを放出して両者共に消滅する。
このエネルギーを使ったエンジン、それが対消滅エンジンです…(微笑)」

なるほど、わからん

関連タグ

スーパーロボット大戦 シュウ・シラカワ グランゾン ネオ・グランゾン ブラックホールクラスター 縮退炉 ブラックホール

コメント