ピクシブ百科事典

デナン・ゲー

でなんげー

デナン・ゲーとは、「機動戦士ガンダムF91」に登場するモビルスーツ(メイン画像奥)である。
目次[非表示]

概要

型式番号XM-02
頭頂高13.9m
重量19.2t
本体重量7.1t
装甲材質チタン合金ハイセラミック複合材
出力4,020kW


機動戦士ガンダムF91』に登場するクロスボーン・バンガードの主力量産型モビルスーツ「デナン・ゾン」をベース開発された、同軍の汎用型モビルスーツ
見分け方は、の様な左右一対のアンテナが有る方がゲー、無い方がゾン。
クロスボーンの初陣であるフロンティア・サイド制圧戦にて地球連邦軍のジェガン部隊を圧倒した事から、大型モビルスーツから小型モビルスーツへの変遷を端的に表した機体と言える。作戦時はデナン・ゾンを含めて部隊の指揮を執る部隊長機や指揮官機として運用される事も多く、「黒の部隊」仕様の本機もデナン・ゾンを2機随伴させている。

ベースとなったデナン・ゾンスペースコロニー内に於ける白兵戦闘に重きをおいて開発されたのに対し、デナン・ゲーは一撃離脱戦法を前提としつつもモビルスーツとしてはスタンダードな装備を施した汎用機として設計されている。
デナン・ゾンが敵機を誘爆させる可能性がある火器を排除したのとは対照的に、こちらはビーム・ライフルグレネード・ランチャーなどを装備し、既存のMSに近い中距離から遠距離の射撃戦に重きを置いている。ビームシールドのシールドビーム形成形状はベルガ系列に近い変形した方形の形である。

デナン・ゾンからの機体コンセプトの変更のみならず、各部アポジモーターの強化やセンサー・ユニットの増設などの改良も行われており、総合的な性能もデナン・ゾンと比べ上回っている。運動性能も高く、メイン画像のようにジェガンの首を蹴り一発でもぎ取ったシーンはあまりにも有名。
また、機体の操作性も良好で扱い易かった事もあり、戦闘以外にも訓練機としても運用された。

カラー・バリエーションとしてザビーネ・シャル率いる『黒の部隊』仕様(配色は黒と紫基調)や『ダーク・タイガー隊』仕様(赤と紫基調)なども存在し、『黒の部隊』仕様はザビーネの駆るベルガ・ギロスが被弾損傷し使用不能となった際には本機を代替機として使用している。

関連イラスト

デナン・ゲー



関連項目

機動戦士ガンダムF91
クロスボーン・バンガード
デナン・ゾン エビル・S ゾンド・ゲー

関連記事

親記事

デナン・ゾン でなんぞん

pixivに投稿された作品 pixivで「デナン・ゲー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 36008

コメント