ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「融合(ユーゴー)!」 『ダァーッ!』

「アイゴー!」 『イヤァッ!』

「ヒアウィーゴー!」


『フュージョンライズ!』

「燃やすぜ! 勇気!!」


「ジィィィィド!」


「ウルトラマンシリーズ」50年記念 VOL.5 セブン生きる厳しさと哀しさを鮮烈に謳う

『ウルトラセブン! ウルトラマンレオ!』

『ウルトラマンジード! ソリッドバーニング!』


データ

身長51m
体重4万5千t
飛行速度マッハ5
走行速度マッハ1.8
ジャンプ力800m
水中潜行速度マッハ1
地中潜行速度マッハ1
腕力15万t
握力8万8千t

概要

ウルトラセブンウルトラマンレオの元祖師弟コンビの力でフュージョンライズしたウルトラマンジードのパワー形態。

ドン

ウルトラマンフュージョンファイト!』での属性は「炎」(黄属性)。これはウルトラマンオーブ・バーンマイトと同じである。


形態名に使われているソリッドの意味は「固体、堅固、硬質、密」、バーニングの意味は「燃えている、燃えるような、非常に熱い」である。


ぐんぐんカットはセブンの変身シーンの火花が出た後、レオの変身シーンの背景が流れ、ハワイ版のウルトラセブンOPのタイトルバックのようなイメージで炎とエメリウム光線のような緑色が渦を巻くという描写となっている。


この形態になると声が若干低くなり金属的なエコーがかかるようになる


容姿

ソリッドバーニング

メインカラーは赤。

全身がアーマー状になっているのが特徴で、さらに変身完了時や必殺技発動時にはアーマー部が複雑に可動したり、全身の噴射口から蒸気やブーストの炎が出る描写もあり、他の形態と比べるとメカニカルな印象を受ける。


頭部にはアイスラッガーと同形状の武器・ジードスラッガーとレオの角(レオップ)がある。

燃やすぜ!勇気!

一見すると二人からかけ離れているようなデザインにも見えるが、これらの要素から合体元の二人の意匠も十分に残っており、二人の身内であるウルトラマンゼロもこの形態を見て、父と師匠のウルトラカプセルが使用されていることを見抜いていた。


セブンのプロテクターやアイスラッガーの要素を極限まで高めたような見た目の形態だが、一部ではロボット怪獣であったにせウルトラセブンが裏モチーフでは?という声もあるがデザイナーの後藤正行氏がTwitterで否定している


能力

剛力であらゆるものを粉砕するパワフルな戦闘を得意とする。

また、全身を覆うアーマーにより耐久性も大幅に向上しており、固い外殻を持つ相手に対しても有利に戦いを進めることができる。

全身の噴射口から炎を噴射しブースターのように扱う事が可能で、それによる加速力の恩恵でスピードも十分に高く、初登場時には敵の攻撃をブースターでアクロバティックに回避している。

当然この加速力は攻撃にも有用で下記の必殺技などにも応用されている。

このブースターの恩恵もあってか、単純なパワーはなんと前作のサンダーブレスターに匹敵する(握力では劣るが腕力は同等)。


ジードスラッガーはアイスラッガーと同様取り外しが可能だが、手持ち武器として使うか投擲する以外にも、*右腕や右脚にあるジョイント部分に装着することでパンチキックの威力を高めることもできる

敵を切り裂く際にはセブンのアイスラッガーのSEがつく。



また、必殺技のレパートリーも豊富であり、肉弾技から光線技まで多様なものが揃っている。

そのほか、ブースト状態で放ったパンチの際にはレオキックのSE、斬撃音などにはマグマ星人の剣戟音が使用されているなど、レオのSEの使用が特に多い。


使用技

名称には“ブースト”という言葉が付くものが多い。


肉弾技

  • ブーストスラッガーキック

ジードスラッガーを取り外して脚部に装着して脚部ブースターを点火、加速を加えたキックで敵を切り裂く。

技を放つ際にはレオキックのSEが流れ、技を決めた後にはレオの宇宙拳法の構えを取る。


  • ブーストスラッガーパンチ

ジードスラッガーを取り外して腕に装着し、ブースターの加速と共にパンチで敵を切り裂く。こちらにも同様にレオキックのSEが付く。


光線技

  • ソーラーブースト

チャージしたエネルギーを胸部アーマーの空いた穴から放つ。

いわゆるタイマーショット系統の技。


  • ストライクブースト

腕部アーマーを展開し、右腕の拳から発射する必殺光線。

レオのシューティングビーム(片手撃ち)と似た技だが、SEはエメリウム光線のものが使われている。


  • エメリウムブーストビーム

額のビームランプから放つ、ジード版エメリウム光線。


その他の技

  • サイキックスラッガー

ウルトラ念力でジードスラッガーを飛ばす技。所謂スラッガー系武器の基本的な使い方


ジードクローを使った技

  • コークスクリュージャミング

詳細はジードクローを参照。


余談

ソリッドバーニングのネタとしてウルトラマンジープと呼ばれている。

お願いします!隊長やめてください!

元ネタはもちろんレオの特訓である。

更に派生してロボトラマンジープとも呼ばれることも。


初期案にはカプセル怪獣ウインダムに似たデザインが存在した。


ちなみに、ジードメイン監督の坂本監督の好きなセブンとレオの融合形態ということもあり、インタビューで「監督の好きなジードのフュージョンライズ形態は?」という質問に対しては「やはりソリッドバーニングですね!」と語っている。

この為か同じく坂本監督が関わった『ウルトラギャラクシーファイト』では、フォームチェンジ系の中では明らかにソリッドバーニングだけ戦闘シーンが長くとられていた(配信版はかなりカットされており、DC版の方が分かりやすい)。しかも他の戦士たちが互角か苦戦気味だったのに対してこちらはジードダークネスに対して優勢気味であり、その後のシーンでも一人だけ相手の攻撃の防御に成功していた。


関連項目

ウルトラマンジード ジード(ウルトラマン)

フュージョンライズ

パワー系ウルトラマン


バーンマイト レオゼロナックル - 前作における師弟コンビでの組み合わせ。バーンマイトとは「第2形態」「メインカラーが赤」など他にも共通点が多い。

ライトニングアタッカー - 前作におけるメカニカルな姿になる組み合わせ。

スラッガーエース - 前作における昭和ウルトラマン同士の組み合わせ。こちらにもセブンの力が使われている。

アルファエッジ:後年登場した、更にゼロを加えた組み合わせ


MAC:セブンとレオが属した防衛チーム

関連記事

親記事

フュージョンライズ ふゅーじょんらいず

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 164056

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました